「好きな車」から「エンブレム」まで、いくつもの話題で盛り上がった前回に続き、マツダのヒストリックカーの話から始まった今回の対談。「合理と無駄」「技術とフォルム」といったテーマで、大胆かつ緻密に紡がれていきます。

 デザインテーマ「魂動(こどう)」を打ち出し、広島の自動車メーカー、マツダの改革をデザインで牽引してきた人物、前田育男。その中学・高校時代の同級生、仲森智博(日経BP総研フェロー)が聞くホンネの話。第三幕、開演!

前田育男氏 マツダ 常務執行役員 デザイン・ブランドスタイル担当
(撮影:栗原克己)

―― さっき、マツダミュージアム注1)を見学してきたんよ。ええなぁ、昔の車。1970年代より前のやつはどれもカッコいい。朝川とか栗原さん(カメラマン)とか服部くん(ライター)とか、もちろん病的カーマニアの三好(当サイト編集長)を含めてみんなで見たんだけど、誰もが「昔のやつがいい」って言う。そのなかで、あえて1台を選ぶとどれって話になったんだけど、これが驚きで、全員一致だったんだ。

注1)マツダミュージアム:マツダの広島本社敷地内にある見学施設。同社のヒストリックカーやスカイアクティブテクノロジーの展示、車の組み立てラインの見学などができる。

前田 R360クーペじゃない?

―― うわぁ、その通り! よく分かったね。コスモスポーツ注2)なんかの方が名車として知名度が高いんで、それを言う人もいるかなと思ったんだけど、全員がR360クーペなんだよね。

注2)コスモスポーツ=世界で初めてロータリーエンジンを搭載した量産車。1967年販売開始。美しく未来的なプロポーションと優れた走行性能で「伝説のスポーツカー」となった。

マツダ R360クーペ
マツダ初の乗用車として1960年に発売される。新技術の採用などで低価格を実現。大ヒット作となり日本のモータリゼーションの進展に先駆的な役割を果たした。 (撮影:栗原克己)

前田 可愛いよね。今のマツダは「車は家族であり仲間である」というテーマで車をデザインしているけれど、R360クーペって「友達」とか「子供」のイメージ。単なる「移動の手段」とは言えないような、あの車にしかない個性やぬくもりがある。

―― そう。手に入れたら、簡単に廃車になんかできん。どうしてもダメになったら、墓とか作るわ(笑)。

前田 まさに、そこ。人の手で練りこんで作ったデザインの車というのは、思い入れも簡単にはうせない。命あるものとして、愛着が湧いてくるんだね。

―― わしらが若い頃に心を躍らせた車が持っていた、そういった「言葉にしがたい」魅力が、いつしか、ほとんどの車から消えてしまったように思う。個人的には、1980年代に入るあたりが境じゃないかと思うんだけど。

1980年6月にマツダが発売した5代目の「ファミリア」
アウトドア志向が高まっていた若者をターゲットに開発。当時流行していたサーフィンの愛好者を中心に市場で好評を博した。1982年に3回、1983年に5回、国内市場の月間販売でトップの実績を残している。『第1回 日本カー・オブ・ザ・イヤー』(1980年~1981年)を受賞した。(写真提供:マツダ)

前田 そうかも。車業界では、70年代の終わりから80年代にかけて、マーケティングを重視した「マスに向けたものづくり」が本格的に始まった。その時期は、オイルショックの影響もあって、車の社会的責任が飛躍的に重くなって、公害や安全への対策などのレギュレーションが世界的に厳しくなったという、車にとっての一つの節目の時期でもある。こうした結果として、デザイナーが「作品」としてのものづくりをすることができなくなっていったような気がするんだ。

―― 前田がマツダに入社したのはその頃だったよね。

前田 そう。82年入社。当初は企画部門に配属されて、デザインには関わっていなかったんだ。デザイン部に異動したのは5年目。それから「ロードスター」の開発に関わったり、いろいろなコンセプトカーを考えたりしたけれど、まだまだ「こんな車が作りたい」という情熱が尊重されていたと思う。本気で「挑戦したい」という思いがあれば、自ら提案を作って発表して回る。良否いろいろあるけど、それが当時の企画マンだったような気がする。

―― 昔の車をいいという人は多いけど、デザイナーの数ということでいえば、60年代に比べれば相当に増えているよね?

前田 もちろん、圧倒的に増えている。1台の車を作るまでのプロセスが多岐にわたって細分化しているから、関わる人数も多くなっているしね。

―― 逆にそれで、1人のデザイナーが1台の車を最初から最後までデザインすることは難しくなったわけだ。デザインが分業制になったっていうことだね。その弊害ってある?

前田 あるだろうね。いい例かどうか分からないけど、最近こんなことをよく感じるんだ。「作者の顔が見えない」とでも言えばいいのかな。最近のクルマは、どんな意図で作られたのか、その強い意志やコンセプトを感じ取りにくいものが多い。個人的には、これはまずいと思うんだ。「これが自分たちのブランドだ」という強い意志を持ってデザインしなければ、深みのあるものはできないし、トレンドに流されて、簡単に埋没してしまう。

―― 個々の商品だけじゃなくて、その商品群が全体として何を主張し、どんな印象を与えるかということをちゃんとコントロールしなきゃダメっていうことだよね。簡単に言ってしまえばブランド戦略ということなんだろうけど、これって自動車に限らず日本企業が、結構苦手にしてきたところでもある。まず、確立するには時間がかかるし継続性も必要。それができたとしても、維持し高めていくのがさらに難しい。

 例えば、やきものには江戸時代から今日も続く名家とかあるんだけど、そういった家には、初代とかが築き上げた「作風」みたいなものがあって、それを代々踏襲したりする。そこに落とし穴があって、多くの場合、自己模倣に陥るんだ。「うちの作風」みたいなくくりがあって、そこに置きにいく感じ。その結果として、代を重ねるごとに作品が弱くなっていく。

前田 なるほど。今話した、リーダーの顔が見えないデザインこそが、仲森が言う「置きにいった」デザインなのかもしれない。自身の美意識や価値基準で練りこむのではなくて、「うちらしさに今のトレンドを加味したら、まあここらへんじゃない?」という考えで商品をまとめちゃう。それって、ユーザーの感性を「この程度のもの」と見下しているようなデザインだと思う。

―― まあユーザーもいろいろで、「移動手段だからコストパフォーマンスさえよければほぼそれでOK」という人もいるから、それに甘えてしまうのかもしれないね。腕時計は安くて正確なクオーツでいいという人。その一方で、数十万円、数百万円を払って機械式腕時計を求める人が厳然としている。そういう人たちは、メーカーはもちろん、年式とか針の形とか数字の字体とか、実に細かい部分にも強烈なこだわりを示したりするよね。マニア同士の会話とか、普通の人には全く意味不明。

Lange & Sohne社の機械式腕時計
(撮影:Bloomberg)

前田 そうなんだよね。デジタル時計が出てきた時「機械式腕時計は絶滅する」と関係者は観念したらしいけれど、そうはならなかった。コストパフォーマンスでいえば、圧倒的にクオーツ。それは承知のうえで、機械式腕時計以外には目もくれないという人たちがいる。その例でいえば、マツダが目指すのは「機械式腕時計」だね。効率重視でEVや自動運転化が進むなか、あえて内燃機関を研ぎ澄まして、デザインも含めて「乗る楽しみ」を追求していきたい。

―― 機械式腕時計って、意外に不正確だったりするじゃない? 時間を知るための道具としては、こんなに無駄なものない。実際つけていても、時刻はスマートフォンで見ちゃうし(笑)。でもつけているだけで安心する、まあ相棒みたいなものだよね。そういった感覚を車にも求める人がいるというのは、よく分かる。

前田 車だから、中身は最新の「最高性能」であるように努力するよ(笑)。ただ、そういった普遍的な価値をもつものを作り出し続けていれば「いいもの」に敏感なユーザーの方々にも支持していただけるんじゃないかと思う。

―― 具体的にはどんな車を、これから作りたい?

前田 今、個人的に作りたいのは、歴史的にマツダが作ってこなかった領域の車。例えば、数千万円もするような、いわゆるスーパースポーツ。

マツダのコンセプトカー「VISION COUPE」のデザインスケッチ
(画像提供:マツダ)

―― それはすごい。

前田 今は、無駄を徹底して削ぎ落としたものづくりをしてるけれど、そこは通過点。存在自体が無駄だけど、クルマとしての魅力にあふれているような、極端なものを出せるようになって初めてマツダが本当に豊かなブランドになれると思っている。豊かさって、無駄があることだから。

―― そうそう、無駄っていいよね。芸術は「必要無駄」だって、さる高名な彫刻家も言っておられたし。けど、無駄なのに支持されるものを作るのって、かなり難しい挑戦だとは思う。それだけに、やりがいはあるだろうね。前田がどんな答えを出すのか楽しみ。

前田 作ったら仲森、買ってくれよ。

―― え!? でも、何千万円もするんじゃろ。そんなカネないで(笑)。

前田 そうは言わさん、ここまで言わせた責任はとってもらわんと(笑)。

―― 約束させられる前に話をそらすけど、前田みたいにエッジが利いたやつを重用するとか、マツダはいい会社だねぇ。

前田 まあ、自分のことはともかく、マツダは、社員全員がまっすぐに、車作りに向き合っている会社だとは言えると思う。それは本当に幸せなこと。エンジニアは内燃機関の最高効率を求め、デザイナーは車の骨格とは何かを突き詰める。どのパートの担当も「本質」、つまり「いい車を作りたい」という意識を共有しているから、話がかみ合いやすい。

―― 部署が違っても話が通じ合うなんて、奇跡的かもしれない(笑)。こと製造業において、デザイン部門と生産部門は、相いれずにぶつかりあってしまうケースはよく耳にするから。

前田 デザイナーの立場から言わせてもらうと、実は、スカイアクティブエンジンを搭載すると、デザイン上の制約が出てしまう。だからデザイナーとしては「性能だけを優先するのは待ってほしい」と感じることもある(笑)。でも、開発した人見(人見光夫常務執行役員)をはじめとするエンジニアたちに対する尊敬の気持ちがあるんだ。彼らが作り出した最高のエンジンのためなら、デザイン部門は「なんとかしよう」となる。あちらも同じ。互いに敬意を持っていることが、部署間でいいバランスが取れている理由ではないかな。

―― 最初からコミュニケーションは取れていたの?

前田 必ずしもうまくいっていない時期もあった。十数年前くらいまでは、何度工場に呼び出されたことか。「鉄板をこんな曲線に曲げられると思うとるんか!」って怒られるんだ(笑)。

 そういった経験を踏まえて、デザイン部門の責任者になってから意識したのは「丁寧に説明すること」だった。デザインチームから、生産部門の人たちにまで、ひとりずつ。車作りは大規模なチームプレー。データを渡して「図面通りにお願いします」では、ものづくりの感動を共有できない。「理想のプロポーションはこうだ」「ブランドの価値を上げるためにはここまでやらないといけない」といったコンセプトを説明し、関わる人たちと情報を早い段階から共有する。とにかくそれを繰り返した。

―― 根気のいる取り組みだけど、その丁寧さがなければ人は動かせないわけだ。

前田 今の状態になるまで7年くらいかかったかな。幸運にも、手がけた車が、幾つもの賞をいただいたり、売り上げが好調だったりと「成功体験」を重ねることができたこともあって「あいつの言っていることは間違いじゃなかったかも」となった。そこからだんだん信頼関係ができてきて「チームで車を作っている」という意識が浸透していったように思う。

 もちろん今でも、新しいプロジェクトが始まる時には、生産部門の約1500人にデザインコンセプトを説明している。マツダにはもともと垣根を越えて一体となってものづくりに挑む「共創」という企業文化はあったんだけれど、「魂動」デザインは、その伝統を現代によみがえらせるための手段だったのかもしれないね。

―― 伝統といえば、日本の伝統工芸作家とも交流しているよね。

前田 新潟県燕市で無形文化財の鎚起銅器を作ってきた「玉川堂」や、高盛絵と呼ばれる伝統技法を守る漆芸家「七代金城一国斎」といった方々とのコラボレーションなどを進めている。社員たちも工房にお邪魔して、彼らの仕事を体験させてもらったりして、大いに刺激を受けている。

(左)鎚起銅器「魂銅器(こどうき)」(玉川堂作) (右) 卵殻彫漆箱「白糸(しらいと)」(金城一国斎作)
(画像提供:マツダ)

―― 面白い試みだね。でも、工芸といえば、まずは日本刀でしょ。国宝に指定されている工芸品の半分は日本刀なんだし。

前田 そうそう、日本刀。以前からすごく興味があったんだ。

―― なんだそうか、じゃあ行ってみる?

 ということで、インタビューは、会議室を飛び出し、気鋭の刀匠の仕事場で行われることに。「伝統と革新」「才と継承」といったテーマで、刀匠も交えて行われる鼎談は、鍛冶場の火床(ほど)で赤めた鉄のように、熱い思いがほとばしるものになること必至。新章も乞うご期待!

(文:常緑編集室 服部夏生)

(撮影:栗原克己)

前田育男 マツダ 常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当
1959年生まれ。修道中学・高等学校、京都工芸繊維大学卒業。1982年にマツダに入社。横浜デザインスタジオ、北米デザインスタジオで先行デザイン開発、FORDデトロイトスタジオ駐在を経て、本社デザインスタジオで量産デザイン開発に従事。2009年にデザイン本部長に就任。デザインコンセプト「魂動」を軸に、商品開発、展示会や販売店舗のデザインなど総合的に推進するプロジェクトをけん引した。2016年より現職。

仲森智博 日経BP総研 フェロー
1959年生まれ。修道中学・高等学校、早稲田大学理工学部卒業。1984年沖電気工業入社、基盤技術研究所にて結晶成長の研究などに従事。1989年日経BP社入社、日経メカニカル(現日経ものづくり)編集長、日経ビズテック編集長、日経BP未来研究所長などを経て2018年から現職。早稲田大学研究院客員教授なども務めた。『思索の副作用』(電子出版)、『自動運転』(共著)など著書多数。日本文化、伝統工芸の分野での仕事も多く、「技のココロ」(連載、共著)、『日本刀-神が宿る武器』(共著)などの書籍、記事がある。