最新の工作機械や関連機器を一望できる展示会「日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」が2018年11月1日から6日にかけて東京ビッグサイトで開催された。前回の「JIMTOF2016」から2年が経った今回、市場ニーズの変化やテクノロジーの進歩を背景に、工作機械メーカーの取り組みはどう進化しただろうか。広大な展示会場からその一端を紹介する。(取材・文:関行宏)

 世界をリードする日本の工作機械は、日本のものづくりを支えるだけではなく、産業としても日本経済を牽引する重要な存在である。一般社団法人 日本工作機械工業会が2018年4月に発表した統計値によれば、2017年の受注総額は前年度比36.1%増となる過去最高の1兆6455億円を記録するなど、きわめて好調な状況だ。

 日本の産業の鍵を握る最新の工作機械や関連技術が一堂に会する展示会が、同工業会が2年ごとに主催する「JIMTOF(ジムトフ)」だ(図1)。各社のソリューションを一望できるだけではなく、工作機械メーカーが提案するものづくりの近未来の姿が窺えるとして、毎回多くの来場者で賑わう。2018年11月1日から6日にかけて開催された「JIMTOF2018」には前回の約5500人増となる15万3103人が訪れた(速報値)。

図1 東京ビッグサイトの東ホールおよび西ホールを使って開催された「JIMTOF2018」(日本国際工作機械見本市)
(撮影:栗原克己、関行宏)

 2016年に開催された前回の「JIMTOF2016」では、ドイツで提唱されたインダストリー4.0の流れを受けて、IoTや産業用ネットワークなどの展示が注目を集めた。それから2年が経った2018年は、IoT関連の展示は引き続き多く見られた一方で、「省人化」あるいは「省スキル化」を実現するソリューションが各社で目に付いた。少子化と熟練作業員の高齢化を背景に、外国人を含めて誰もが従事できる現場づくりが急がれており、そうした社会ニーズに対して機械工作メーカーそれぞれが様々なアイデアを具現化しはじめていると見ることができる。

 また、IoTのサービス化の動きも盛んになってきた。工場内データの、収集、分析、活用といった一連のサイクルを、工作機械や設備を熟知した機械メーカーが担うことで、顧客の負荷を減らそうという提案である。

スキルを問わず誰もが働ける現場へ

 まず「省人化」や「省スキル化」に関わる展示をいくつか紹介しよう。オークマは次世代ロボットシステム「STANDROID(スタンドロイド)」をJIMTOF2018でお披露目した(図2)。同社のマシニングセンタ「MB-46」に横付けしたデモシステムを展示したが、5軸制御マシニングセンタなどにも取り付けられるという。「革新的ロボット操作系」と名づけたインタフェースによって、マシニングセンタ側からロボットをティーチングレスで制御できるようにしたのが特徴で、ワークの設置や取り出しなどを自動化できる。

図2 オークマが展示したロボットの新製品「STANDROID」
マシニングセンタ「MB-46」の横に組み込まれ、ワークの設置や取り出しなどを自動化する。ロボットアームには安川電機製を用いている(撮影:関行宏)

 ブースには2018年10月に発表したロボットシステム「ARMROID(アームロイド)」の展示もあった。同社のCNC旋盤の内部にロボットアームを内蔵させることで、昼間は人の介在を必要とする少量品の加工を行い、夜間や休日には単純な量産加工をARMROIDに行わせる、などの使い方を想定する。それぞれ外部のシステムインテグレーターに構築を依頼する必要がない点もメリットとして訴求する。

 音声インタフェースやヘルプ機能に力を入れるのは牧野フライス製作所だ。米iTSpeexが提供する音声インタフェース「ATHENA(アテナ)」を国内で初めて(同社調べ)採用した(図3)。クーラントのオン・オフなど、工作機械の付随的な機能を制御するM-codeを音声入力で代行させることで、M-codeを知らない作業者でも操作できるようにした。ATHENAによって認識されたコマンドは、いったん音声合成によって発話され、「はい」または「いいえ」での確認プロセスを設けることで安全性を高めている。

 ヘルプ機能の拡充も進めている。例えば工作機械の診断画面で「ヘルプ」ボタンをタッチすると、該当メッセージに対する説明が表示され、さらにヘルプ画面内のQRコードをスマートフォンあるいはタブレットで読み込むと、機種、号機、使用中の言語、機械の状態などに応じて、より詳細な説明や動画がインターネット経由で表示される(図3)。同社の「Key Technology Professional 6」シリーズ全機種でサポートを予定しており、最終的には20言語に対応していくという。こうした取り組みで、工作機械を活用するハードルを下げるとともに、工作機械の導入から生産立ち上げまでの期間の短縮を図っていく。

図3 牧野フライス製作所が展示したユーザーインタフェース
工作機械の付随コマンドであるM-codeの代わりに自然言語で指示できるシステム(左)と、QRコードを介してスマートフォンやタブレットでも閲覧可能なヘルプ機能(右)。(撮影:関行宏)

 アマダは、「省段取り」をコンセプトにしたベンディングマシン「HG-1003ATC」(図4)やレーザーマシン「ENSIS-3015AJ」を紹介した。HG-1003ATCは型番のとおり自動金型交換装置(ATC)を組み込んだ曲げ加工機である。重量のある金型の交換を人手で行う必要がなく、「力のない女性でも作業に従事できる」(同社)として提案する。共通の金型で多品種の曲げに対応し、ガイダンスのとおりに材料をセットしてペダルを踏めばよい。ENSIS-3015AJはファイバーレーザーによる切断加工機である。板厚や材料に応じてビーム径を制御する同社独自の技術を搭載。アシストガスによる吹き飛ばし効率を高めて断面品質の向上を実現するとともに、レンズユニットの交換作業(段取り)を不要にして扱いやすくした。

図4 自動金型交換装置(ATC)を組み込んだアマダのベンディングマシン「HG-1003ATC」
右側のユニットがATCで、汎用の金型を組み合わせて多品種の曲げに対応する。作業者は材料(鋼材)をセットするのみでよい。(撮影:関行宏)