中小企業(製造業)を元気にしたいとの想いが込められた月額490円(1ライセンス,税別)のグループウェアが登場した。仕掛け人はドラマ「マチ工場のオンナ」で有名となったダイヤ精機の諏訪貴子社長だ。現場目線で開発したグループウェア「Lista(リスタ)」の提供を通じて、IT化や効率化がなかなか進まない中小製造業の力になりたいと考える諏訪社長の想いを聞いた。(文:関行宏)

ダイヤ精機 代表取締役社長 諏訪貴子氏
(撮影:栗原克己)

―― 2017年11月からNHKで放送されたドラマ「マチ工場のオンナ」のモデルとしても知られ、その時の経験をベースに中小企業における事業継承をテーマにした講演も多い諏訪社長ですが、中小製造業向けのグループウェアを開発したと聞きました。

諏訪氏 そうなんです。「Lista(リスタ)」(https://www.lista.cloud)という中小製造業向けコミュニケーションツールを開発して、2018年12月に自社で先行的に導入したのち、2019年1月30日に一般リリースしました。

 うちのような中小製造業は、大手メーカーのように情報活用やIT基盤にお金を掛けることは、なかなかできません。町工場が集まっている大田区でも、公的な補助金制度を使ってようやく生産管理システムを入れました、といったレベルの企業が少なくないと思います。でも、産業の構造が大きく変わってきている今、中小製造業にもITが必要なんです。今や私たちは仕事が降ってくるのを待つのではなくて、経営者自らが外に出てニーズを捉えてトップセールスをやるしかないんですけど、会社の状態を的確に把握する仕組みがないと安心して外に出ていけませんよね。私自身がそういうツールが欲しかったというのもあって、ほかの中小製造業の皆さんの助けにもなると思って、ソフトウェアベンダーのテクノア(本社・岐阜市)さんと共同で開発しました。

(撮影:栗原克己)

―― すでに様々なグループウェアが市販されているなか、精密金属加工を本業とする諏訪社長が、敢えてソフトウェアの開発に踏み切った背景や想いをもう少し具体的に教えてください。

諏訪氏 父(故・諏訪保雄氏)が急逝して私がダイヤ精機を引き継いだ2004年からの状況を見ていると、2008年のリーマンショックのあとぐらいから、お客様である大手メーカー各社の動きが均一化してきたように感じるんです。これまでは業界や企業によって繁忙期と閑散期の波にずれがあったんですけど、最近は各企業の年度が切り替わる4月から6月は受注が減って、7月ぐらいから徐々に増え出して、年末を控えた10月頃から年度末の3月までものすごく忙しくなるパターンが定着してきています。ある時期になるとワーッと仕事が来て、しかもどれも特急納期で、時期が終わるとワーッと波が引いていく状況です。

 もちろん、われわれとしてはお客様の都合に合わせていかないといけないわけですが、あとどのぐらいの案件なら引き受けられます、納期はこれぐらいになりそうです、といった社内の状況が把握できていないとお客様に対応できません。工場側も、いつ頃どんな案件が入りそうか、という情報があった方が作業を進めやすくなります。また、そうした情報が集約されていれば、先ほども言ったように経営者も会社の状況がすぐに分かります。中小製造業ならではの情報共有や情報管理が必要と考えて、自社で活用するのと合わせて、外にも提供しようと考えたのがきっかけですね。

 中小の製造業は機械(設備)を回してナンボのところがあるので、人を集めてミーティングする時間すらもったいないんですよ。口頭だと言った言わないという問題もおきがちですし、そもそも私自身が「そんな話は聞いてませんでした」って社員が言ってくるのがすごく嫌いなんです(笑い)。全員でしっかりと情報が共有できて、経営者も会社の中で何が起きているかが分かるツールが欲しかったんです。

 
(撮影:栗原克己)