慶應義塾大学SFC研究所が、中小製造業のデジタル化をリードする新たな人材「ファクトリー・サイエンティスト」を養成する講座を立ち上げようとしている。監修は同研究所所長を務める環境情報学部 教授の田中浩也氏。「ほぼあらゆるもの("almost anything")」をつくるワークスペース「ファブラボ」を国内に広め、日本におけるデジタル・ファブリケーションのムーブメントに先鞭をつけた人物である。同氏に、いま人材育成に乗り出した理由や、ファクトリー・サイエンティストの将来性などについて聞いた(文:松尾康徳)。

―― ファクトリー・サイエンティストとは、どのような人材でしょうか。

田中氏 ファクトリー・サイエンティストは、ものづくりの現場におけるデジタル化を推進し、工場の統括責任者の「右腕」になる人材です。社歴で言うと入社3年目から9年目ぐらい。現場の仕組みをひと通り理解していますが、その会社の長年の習慣に染まっていない人。つまり現状をそのまま受け入れるのではなく、常に新鮮な目で新しい課題を見出せる人です。

慶應義塾大学 SFC研究所 所長 田中浩也氏
(撮影:栗原克己)

 こうした人材の育成に乗り出したキッカケは、革新的な中小企業の経営者として以前から頻繁にお名前をお聞きしていた由紀精密 代表取締役社長 大坪正人氏との議論でした。二人が共通して懸念していたのは、ものづくりのデジタル化が進むと言われているのに、その関連技術に通じている人材を抱えている中小企業が少ないということでした。日本の場合、製造業にかかわる企業のほとんどが中小規模の企業です。このままでは、多くの企業がデジタル化の動きに追随できなくなる恐れがあります。そこで日本国内にある数多くの工場に、こうした人材が行き渡るようにするために、これから必要な人材を育てなければならないという話になったわけです。それから、さらに育成する人材像や求められるスキルなどについて4~5時間にわたって議論を重ねる中で、浮かび上がってきたのがファクトリー・サイエンティストの人材像です。

ファクトリーサイエンティスト養成講座プロモーション動画

 ネーミングについても議論しました。この職種を目指す人を数多く集めるには、科学的な思考など、求められるスキルを表現するだけでなく、職種の斬新さや将来の可能性を感じさせる名称にすべきです。こうして考えて出てきた名称が、ファクトリー・サイエンティストでした。

 ちょうど、この議論をしたころに経済産業省が「産学連携デジタルものづくり中核人材育成事業」を立ち上げ、提案を募集していました。そこで具体的なカリキュラムを作成し、「ファクトリー・サイエンティスト養成講座」として提案したところ、プログラムの1つに採択されたわけです。こうして同事業の支援を受けて、2018年度に5日間の講座を試験的に実施しました。この成果をもとに、カリキュラムや実施方法を検討したうえで、2019年夏に2回目の講座を開講する予定です。第1回では、私たちの伝手を使って直接声をかける形で参加者を集めましたが、第2回は広く一般の方々から参加者を募集する予定です。

講座の様子
(画像提供:慶應義塾大学 SFC研究所)

3つの能力を伸ばす5回の講座

―― 2018年度に実施した講座のカリキュラムについて説明してください。

田中氏 ファクトリー・サイエンティストに求められる能力は大きく分けて3つあります。1つは、データを取得する「データエンジニアリング力」。もう1つは、データを突き合わせて意義のある情報を組み上げる「データサイエンス力」。3つ目は、それを戦略に生かすために知覚化する「データマネジメント力」です。

 これらのスキルと、現場で実践するための知識や技術を効率よく身に付けることができるようにカリキュラムを編成しました。2018年度は、その内容の検証を主な目的とした「ファクトリー・サイエンティスト育成カリキュラム試験講座」を、2018年12月12日~2019年1月30日の期間に5回に分けて実施しました。

 第1回は「ローカル側システムの基礎」。現場からデータを収集するIoTデバイスに関する技術や実践方法がテーマです。温度センサーを搭載したIoTデバイスを実際に開発。「Arduino IDE」と呼ばれる環境で開発できるマイコンボードを利用して、センサーで取得したデータをクラウド・サーバーにアップロードする仕組みも構築します。この中で、3Dプリンターの扱い方を学べるようにしました。実装に最適な形状のIoTデバイスを実現するために、3Dプリンターを使って筐体などの部品を作成します。

 第2回は、「サーバー側システムの基礎」。IoTデバイスで集めたデータを受け取るシステムをマイクロソフトのクラウド・サービス「Azure」を使って構築します。こうした作業は、プログラミングの専門家でないと難しいと思われるかもしれませんが、あらかじめ用意されたモジュールを組み合わせて様々な機能を実現できる仕組みがAzureに用意されています。これを利用すれば、コーディングなどの専門知識は、ほぼ必要ありません。

 第3回は、「データの加工とビジュアライゼーション」。サーバーから必要なデータを抽出して、BI(Business Intelligence)ツールを使って視覚化する手法を学びます。第4回は、「見える化・見せる化のさらなる追求」。スマートフォンやタブレット端末からIoTシステムにデータを入力するアプリを開発します。現場の作業者が各種端末から様々なデータを入力する仕組みを実現するプロセスを学ぶのが、このプログラムの狙いです。最後の第5回は、「最終プレゼンテーション」。第1回から第4回で構築したIoTシステムを持ち帰って、各参加者が自身の現場に実装したうえで、その成果などを1人ずつ発表します。

―― カリキュラム試験講座には、どのような方々が参加されたのですか。

田中氏 講座は、横浜、浜松、熊本の3つの会場をテレビ会議システムでつないで、同時に進めました。本部となった横浜会場には5人、熊本会場には3人、浜松会場には2人。合計10人が参加しました。この中には会社の正式な研修として参加した方だけでなく、社命と関係なく自発的に参加された方もいます。

(撮影:栗原克己)