ジャンルを問わず、世の中に新しい価値を創出したDisruptive Innovator(破壊的創造者)の生の声をお伝えする新コラム「Disruptive Innovators Talks ~新たな価値の創造者たち~」。第1回は、“世界最高齢のプログラマー”として知られる若宮正子氏が登場します。80歳を過ぎてからプログラミング言語を学び始め、スマホアプリを開発した若宮氏は、「隠居」「リタイア」といった高齢者のイメージを一新させました。まさに人生100年時代のトップランナーといえるでしょう。

若宮正子(わかみや・まさこ)
ITエバンジェリスト/メロウ倶楽部副会長 (ハンドルネーム:マーちゃん)
1935年東京生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)へ勤務。定年をきっかけに、パソコンを独自に習得し、同居する母親の介護をしながらパソコンを使って世界を広げていく。1999年にシニア世代のサイト「メロウ倶楽部」の創設に参画し、現在も副会長を務めているほか、NPO法人ブロードバンドスクール協会の理事として、シニア世代へのデジタル機器普及活動に尽力している。2016年秋からiPhoneアプリの開発をはじめ、2017年6月には米国アップルによる世界開発者会議「WWDC 2017」に特別招待される。安倍政権の看板政策「人づくり革命」の具体策を検討する「人生100年時代構想会議」の最年長有識者メンバーにも選ばれた。(写真:鈴木愛子)
[画像のクリックで拡大表示]

―― 若宮さんは2017年、81歳のときにiPhone向けアプリ「hinadan」(ひなだん:シニアが楽しめるひな壇飾りのパズルゲーム)を開発しました*1。その年の米アップル主催のWWDC(世界開発者会議)に参加、“世界最高齢のプログラマー”として世界から注目を浴びました。やっぱり、WWDC参加前と後では、生活は一変しましたか。

若宮 ものすごく変わりましたね。いろんな刺激がいろんなところから入ってきて、お友達の層も質・量ともにすごく拡大して――*2

 そこからたくさんのものを吸収して、さらにそれで自分もバージョンアップできて。以前より頭も働くようになったような気がします。

 神様のご配慮の中でこうした人生を送れているというのはすごいことだと思うんです。でも、誰でもこういったことは起こり得るとも思っています。私、もし80歳で死んでいたら、普通のおばあさんで一生を終わっていたわけですから(笑)。

―― WWDCには、米アップルCEOのティム・クックさんから「どうしても会いたい」ということで招待されたともお聞きしています*3。どうして彼は、そんなに若宮さんにお会いしたかったのだと思いますか?

若宮 そもそも、おばあさんがアプリを開発したということに、非常に興味を持たれたのではないでしょうか。

  シリコンバレーは「ダイバーシティ教」の総本山みたいなところで、<人種やジェンダーの差別をしちゃいけません>といったことが徹底していますよね。だけど、(ダイバーシティの概念には含まれるとはいえ、実際には)年齢のことについてはあまり言及されていないかったと思うんです。ティム・クックさんから直接お聞きしたわけではありませんが、そういった意味合いもあったのかな、と私は思っています。

  それに今、スマートフォンの市場は世界中みんな満杯で、あとはシェア争い、パイの奪い合いですよね。だけど年寄り、高齢者に関してはどうかというと、プライオリティシート(優先席)はまだ空いているんです。ですから、そこに座ってもらう余地はあって、マーケットとして有望だと思うんですね、もしかすると、そういった意味合いもあったのかもしれませんね。

―― なるほど。確かに若宮さんの存在が広く知られることで、「高齢者だって新しいことができるんだ/やっていいんだ」というイメージが拡散していきました。世の中の高齢者に対する見方が大きく変わったといえます。そうしてシニアの活動が活発化すれば、高齢者の市場も広がっていきますよね。


注)

*1 「hinadan」は、ひな人形をひな壇の正しい位置に配置していくiPhoneの無料ゲームアプリ。2017年2月にリリースし、現在、日本語のほか、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語に対応している。2020年1月にはAndroid版もリリースした。

*2 若宮氏の若い友人、井上美奈氏(当時10歳)とのツーショット。井上氏は、クラウドファンディングでエストニア行きを実現した起業家志望の小学生。写真は、2019年6月にエストニアで開かれたエクセルアート(後述)のワークショップ会場での一コマだ。

*3 2017年のWWWDで、米アップルのティム・クックCEOと対面した若宮氏。和やかな雰囲気の下、「hinadan」の開発や使い勝手などについて具体的な意見交換を行った。
*1
(資料提供:若宮正子)
*2
(写真提供:井上美奈)
[画像のクリックで拡大表示]
*3
[画像のクリックで拡大表示]