Vol.02 川淵三郎氏

日本トップリーグ連携機構 代表理事 会長
1936(昭和11)年大阪府生まれ。早稲田大学在学時にサッカー日本代表に選出。卒業後は古河電気工業に入社。1964年東京五輪に出場。日本代表監督などを経て、1991年Jリーグ初代チェアマン、2002年日本サッカー協会会長(キャプテン)を務めたほか、Bリーグ初代チェアマン、日本バスケットボール協会会長、公立大学法人首都大学東京理事長などを歴任。現在、日本サッカー協会相談役、日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー、東京五輪・パラリンピック大会の評議員で、選手村の村長も務める。(写真:加藤康)