ジャンルを問わず、世の中に新しい価値を創出したDisruptive Innovator(ディスラプティブ・イノベーター:破壊的創造者)の生の声をお伝えするインタビューコラム「Disruptive Innovators Talks ~新たな価値の創造者たち~」。第13回は、2023年度を目標に「空飛ぶクルマ」の事業化を目指すSkyDrive代表取締役CEO、福澤知浩氏が登場します。

有志団体からスタートした空飛ぶクルマの開発は、多くの賛同と投資を集め、2020年8月には公開有人飛行にも成功。いよいよ現実味を帯びてきました。同社は、日本では数少ない“ものづくりスタートアップ”であることも注目を集めています。なぜ「空飛ぶクルマ」をつくるのか。これからどのように普及していくのか。福澤氏に話をお聞きしました。

SkyDrive代表取締役CEO の福澤知浩氏(インタビューはオンラインで実施した)<br><br><b>福澤知浩(ふくざわ・ともひろ)</b><br>東京大学工学部卒業。2010年4月にトヨタ自動車に入社し、自動車部品のグローバル調達に従事。同時に多くの現場でトヨタ生産方式を用いたカイゼンを行い、原価改善賞受賞。トヨタ在籍中の2014年に有志団体CARTIVATOR(現・一般社団法人 Dream-On Management)に参画し、共同代表に。 2017年に独立し、製造業の経営コンサルティング会社、福澤商店を設立。20社以上の経営改善を実施した。2018年にSkyDriveを創業、代表に就任。
SkyDrive代表取締役CEO の福澤知浩氏(インタビューはオンラインで実施した)

福澤知浩(ふくざわ・ともひろ)
東京大学工学部卒業。2010年4月にトヨタ自動車に入社し、自動車部品のグローバル調達に従事。同時に多くの現場でトヨタ生産方式を用いたカイゼンを行い、原価改善賞受賞。トヨタ在籍中の2014年に有志団体CARTIVATOR(現・一般社団法人 Dream-On Management)に参画し、共同代表に。 2017年に独立し、製造業の経営コンサルティング会社、福澤商店を設立。20社以上の経営改善を実施した。2018年にSkyDriveを創業、代表に就任。

――福澤さんが空飛ぶクルマの開発に取り組んだきっかけは何だったのですか。

福澤 もともとは、自動車・航空業界、スタートアップ関係の若手による有志団体CARTIVATOR(現・一般社団法人 Dream-On Management)の活動がきっかけですね。CARTIVATORの発足は2012年ですが、2014年ごろ「自分たちの手で、何かものづくりをやりたいね」ということで活動を本格化させることになって、いくつかアイデアを持ち寄った中から空飛ぶクルマに取り組むことになりました。その中で、みんなが一番ワクワクできる、自分たちでつくりたいと思えたのが、空飛ぶクルマだったんです。

 最初のうちは週末の土日だけ有志が集まって開発を続けていたのですが、あるとき「このままだと(目標の)2020年のデモフライトに間に合わない」ということで、開発のスピードを上げるため2018年にSkyDriveを設立しました。それに、空飛ぶクルマのようなエアモビリティを実用化するには、エンターテインメント的な新しさや楽しさだけでなく、具体的なビジネスモデルや社会的なインパクトも考えていかなければいけません。モビリティの新しい時代をつくるくらいの意気込みが必要だということで、開発の主体を会社組織に移行したわけです。

――土日だけの開発だと、やはり時間的にかなりの制約があったでしょうね。

福澤 そうですね。今の(会社組織による開発の)スピード感に比べると、主観的には100分の1、1000分の1という進み方でした。

――SkyDriveでは、2023年度中に空飛ぶクルマの事業を開始するという目標を立てていますが、ロードマップはどうなっていますか。

福澤 まず2023年までは機体を開発して、当局の認証を受けるための作業を進めていきます。認証については、実際の事業で利用する以上、欧州エアバスや米ボーイングなど大手航空機事業者の旅客機と同じ枠組みの認証を取得して、同等の安全性が担保されなければなりません。2023年度中にビジネスとしてローンチして以降も、そこからさらに機体の改善を続けていくことになります。

――空飛ぶクルマのような短中距離用の有人小型航空機は、世界中で開発の機運が高まっています。その中でSkyDriveがどうやって勝ち残っていくのか、どうやってリードしていくのかを教えてください。

福澤 空飛ぶクルマの開発プロジェクトは、現時点で世界中に400ほどあります。しかし、実際に機体の安全性について当局の認証を受けるところまでたどり着けるプロジェクトは、10もないでしょう。ですから、まずは確実に認証を取得して事業を開始することが、勝ち残りの必要条件となります。そこから先は、日本ならではのものづくりの細やかさを生かして、顧客の要求に応えられるような快適さ、コンパクトさを追求していきます。

2020年8月に公開有人デモフライトを実施。写真の機体は「有人機 SD-03」。飛行時間は約4分間だった(写真:SkyDrive)
2020年8月に公開有人デモフライトを実施。写真の機体は「有人機 SD-03」。飛行時間は約4分間だった(写真:SkyDrive)
[画像のクリックで拡大表示]

――空飛ぶクルマの実用化は、世界にどのようなインパクトをもたらすでしょうか。従来の旅客機やヘリコプターとすみ分けしながら、空のモビリティ(移動手段)のある一部を担うかたちになるのか。それとも、地上を走るクルマを含めて、モビリティ全体の在り方を大きく変えるものになるのでしょうか。

福澤 長期的には、すべての人たちが空飛ぶクルマ、すなわちエアモビリティを使って移動することが当たり前になると期待しています。ただし、「すべての人たち」がそうなるタイミングはもう少し先です。ひょっとしたら、30年後、50年後になるかもしれません。