2018年12月3日から14日までポーランド・カトヴィツェで国連気候変動枠組条約 第24回締約国会議(COP24)が開催された。今回は筆者も参加したこの会議からスタートした、スポーツxSDGsの新たなアクションについて報告する。

UNFCCC事務局が「Sports for Climate Action Framework」を発表

ポーランド・カトヴィツェのCOP24会場(写真:一般財団法人グリーンスポーツアライアンス)
[画像のクリックで拡大表示]
COP24カトヴィツェ会場入り口。長蛇の列ができていた(写真:一般財団法人グリーンスポーツアライアンス)
[画像のクリックで拡大表示]

 気候変動枠組条約締約国会議(COP)は、1992年の地球サミットで採択された国連気候変動枠組条約(UNFCCC)における締約国による会議を指し、1995年に開催されたCOP1以降、毎年開催されている。1997年のCOP3で京都議定書、2015年のCOP21においてパリ協定が締結された。パリ協定は締結国だけで世界の温室効果ガス排出量の86%、159カ国を網羅する「画期的な合意」と言われ、「人類史上最も多国籍間で締結された類稀なる偉業である条約」とも言われている。

 2018年12月、ポーランド・カトヴィツェでCOP24が開催された。日本ではどう伝わっていただろうか。各国間の協議が不調である、ということばかりではなかったか。確かにそうした面もあったが、現地では少し違った捉え方でこのイベントは行われていた。

 COP24は、新しい価値や新規ビジネス創出につながる先駆的な取り組みを発表する情報発信の場として、注目度の高いイベントとして受け止められていたのである。パリ協定を大前提として「気候変動に対する具体的なアクション」を見せるショーケースという位置付けである。

 会場には各国のパビリオン(情報ブース)が設けられ、様々なイベントやワークショップも行われた。そこには、政治関係者だけでなく、各国のNGO・NPOや教育機関、企業が参加し、一般市民や学生や子どもたちの姿もあった。気候変動の問題解決のために具体的につながろうとする人々の間に、国境を超えた連携を模索しようとする機運の盛り上がりを感じることができた。

 そうした中、気候変動問題解決のためのスポーツによる取り組みとして「Sports for Climate Action Framework」が、COP24において発表された。同フレームワークには、背景として気候変動への対策に取り組む政府・企業・市民をつなぐツールとしてスポーツへの注目と期待が高まっていること、パリ協定とSDGsへの取り組みがこれからのビジネスモデル構築の基準になると明確に示し、そして、今後、国連と国際オリンピック委員会(IOC)のリーダーシップのもと、スポーツ界が気候変動問題解決の旗振り役として頭角を現すチャンスを作っていくことなどが盛り込まれている。

「Sports for Climate Action Framework」はUNFCCCのウェブサイトからダウンロードできる