第1回 ヴァンフォーレ甲府GMも参加、COP24「Sports for Climate Action」報告

モナコ大公アルベール2世(左)と栃木県立佐野高校ラグビー部渡来主将。次世代を担う渡来キャプテンにとっては、言語の壁に阻まれ、英語力向上の必要性を痛感したものの、会議後はその壁を軽々と飛び超えて、モナコ大公アルベール2世やカリーナ・ブランク女史とのツーショット写真を撮ることができた。こうした体験は大きな自信となったに違いない(写真:一般財団法人グリーンスポーツアライアンス)