「グリーンスポーツ」と聞いてピンとくる方は少ないのではないだろうか?「エコ」や「環境」との関連を想起されるかもしれないが、それでもエコや環境がスポーツとどうつながるのか、簡単には想像がつきにくいだろう。「グリーンスポーツ」は、エコや環境といった概念を超えて、サスティナビリティ実現へのスポーツからの新しいアプローチである。米国での取り組みが活発化したのは2010年以降のことだが、その始まりは2000年に遡る。そして、そこにはマイクロソフト共同創業者、ポール・アレン氏が深く関わっている。

 2000年にシアトルのキングドーム(米国のプロアメリカンフットボールリーグ、NFLに加盟するシアトル・シーホークスなどの本拠地として使われた多目的スタジアム)が解体され、新しいスタジアム、センチュリーリンク・フィールドが建設されるとき、解体されたキングドームの97%のコンクリートが地域で再利用された。うち35%は新しく建設されたセンチュリーリンク・フィールドへも使われている。

 「われわれのグリーンスポーツは、キングドームのコンクリートをできるだけリサイクルする取り組みから始まった」――。当時、施設管理アシスタントジェネラルマネージャーを勤めたダリル・ベンジ氏は語っている。この時から、センチュリーリンク・フィールド、そしてその地を本拠とするシアトル・シーホークス、シアトル・サウンダーズ(北米のプロサッカーリーグMLS加盟チーム)は、スポーツによるサスティナビリティ実現への取り組みのリーダーシップ的役割を示してきた。

 2011年には、隣接するセンチュリーリンク・イベントセンターの屋根一面に約2.5エーカーに渡るソーラーパネル設置を決めた。これにより、83万kWhの電力を生み出し、スタジアムやイベントセンターなど関連施設における年間21%の電力使用量を削減、1350トン/年のCO2削減効果を得ている。

センチュリーリンク・フィールドに隣接するイベントセンターの屋根の上には、屋上としてはワシントン州最大のソーラーパネルが設置されているPhoto(写真:Seattle Seahawks)

 センチュリーリンク・フィールドと同じタイミングで、新たな取り組みを起こしたチームがオレゴン州ポートランドにも現れた。米国のプロバスケットボールリーグ、NBA加盟のポートランド・トレイルブレイザーズである。チームが本拠とするモーダ・センター(当時ローズガーデン・アリーナ)は2010年の改修時、プロスポーツ施設としては米国で初めて、そして世界で初めて、建築物や都市に関する国際的な環境認証「LEED」のGOLD認証を取得した。

 約6万5000ドルの費用をかけて認証取得に取り組んだ努力は、水・エネルギー使用や廃棄物処理の分野で年間5万ドル以上のコスト削減につながり、これまでに通算400万ドル以上の経済効果を生んでいるほか、2000トン/年のCO2排出削減につながっている。

 また、モーダ・センターのカーボンフットプリント(商品などのライフサイクル全般にわたって排出された温室効果ガスをCO2排出量に換算して表したもの)の約70%を占めるファンや従業員の移動によるCO2排出を抑制する目的で、ポートランド市および交通局と連携して公共交通手段や自転車の利用を促進。10年かけてファンの公共交通手段利用率を12%から60%に向上させている。

モーダ・センター(写真:ジャスティン・ジールナー)

 ここで紹介したNFLのシアトル・シーホークス、MLSのシアトル・サウンダーズ、NBAのポートランド・トレイルブレイザーズは、米マイクロソフト社をビル・ゲイツ氏と共同で創業したポール・アレン氏がオーナーだったチームである。そして、これらのチームが米国における「グリーンスポーツ」の取り組みの進展に大きく貢献したには、アレン氏がオーナーだったからこそ、といえる。