国際的な環境認証システム「LEED」でプラチナ認証を取得し、スポーツ施設で同認証最高スコアを誇るメルセデス・ベンツスタジアム。米国南東部に位置するジョージア州の州都、アトランタに建つこのスタジアムの取り組みは、再生可能エネルギーの使用やリサイクルの推進だけでなく、雨水の有効活用、電気自動車充電ステーション、自転車バレットパーキングなど多岐に渡っている。

メルセデス・ベンツスタジアム外観。環境認証LEEDの最高レベルの認証(プラチナ)を取得している(写真提供:メルセデス・ベンツスタジアム)
[画像のクリックで拡大表示]

 1996年のオリンピック開催都市でもある米国ジョージア州アトランタは大小様々な川が街を流れる、豊かな土地である。2009年9月。一晩に450ミリ以上に達する豪雨が数日間にわたり、ジョージア州の首都であるアトランタを襲った。大規模な洪水が発生し、被害を受けた家屋は2万以上、少なくとも8人の死亡が確認されている。ジョージア州は緊急事態を宣言し、被害総額は5億ドルにものぼった。ここに2017年、NFL(米国のプロフットボールリーグ)のアトランタ・ファルコンズとMLS(北米のプロサッカーリーク)のアトランタ・ユナイテッドFCの本拠地としてメルセデス・ベンツスタジアムが誕生したのである。

ゴールドからプラチナに変更されたターゲット

スコット・ジェンキンス氏(写真提供:米国Green Sports Alliance)

 この2チームのオーナー、アーサー・ブランク氏が新しいスタジアムを建設すると決めたとき、彼はこのアトランタの地で、風土や過去の洪水被害の記憶も含めて、自分たちが大事にする価値を全て反映するようなスタジアムをつくるというビジョンを持っていた。それは、雨水をできるだけ取り込むように屋根を設計した、ユニークで美しいスタジアムのデザインということだけにとどまらない。環境負荷を計測し使用するあらゆる資源に配慮したスタジアムとすることであり、それを示す目標として当初LEED認証のゴールド取得がセットされた。

 それがある日さらに上のプラチナ認証取得に引き上げられてスタッフ一同が驚愕する中、シアトルからアトランタに呼ばれたのが、現在メルセデス・ベンツスタジアム管理のゼネラルマネージャーを勤め、スポーツを通じて健康で持続可能な社会を構築することを使命とする米国の非営利法人、Green Sports Allianceのチェアマンでもあるスコット・ジェンキンス氏である。

 それまでワシントン州でMLB(米国のプロ野球リーグ)のシアトル・マリナーズが本拠を置くセーフコ・フィールドの球場管理ゼネラルマネージャーを務めていた同氏は、アーサー・ブランク氏の果敢なプラチナ認証取得のビジョンに使命感を感じて、2014年アトランタでの新たな挑戦を決めたのである。