マイアミ・ヒートはNBA(米国プロバスケットボール協会)で全米優勝3回を誇る名門チーム。そして、米国Green Sports Allianceには草創期から参加しているなど、サスティナビリティ意識の高いプロスポーツチームである。マイアミ・ヒートが環境配慮型のチーム・施設運営からさらに地域貢献へと意識を広げてきた歩みを振り返ってみよう。

LEED認証取得を掲げるアメリカン・エアラインズ・アリーナ(写真提供:マイアミ・ヒート)
[画像のクリックで拡大表示]

 連日報道されるドラフト1巡目でワシントン・ウィザースから指名を受けた八村 塁選手のニュースによって、米国NBAについて興味を持った人も多いのではないだろうか。また最近ではBリーグの試合も盛り上がってきて、バスケットボールが熱い!と感じないではいられない。

 そのNBAの名門、マイアミ・ヒートとその本拠地であるアメリカン・エアラインズ・アリーナ(American Airlines Arena)は、グリーニング・プロジェクトの面でもリーグの牽引役となっている。グリーニングとは、環境や社会への影響に配慮した建築や運営のことを指す。

 スポーツを通じて健康で持続可能な社会を構築することを使命とする米国の非営利法人、Green Sports Allianceが誕生する前年の2009年4月7日、アメリカン・エアラインズ・アリーナは、建築物や都市に関する国際的な環境認証「LEED」の認証を取得した最初のアリーナ施設となった。同じくNBAのアトランタ・ホークスの 本拠地であるフィリップス・アリーナ(Philips Arena)も、この時にLEED認証を同時に取得している(認証の種類は両者ともO+M〔既存建物の運用・保守〕部門)。

なぜ、サスティナビリティを目指すのか

 マイアミ・ヒートには「サスティナビリティ部門」がある。そのトップであるジャッキー・ベンチュラ氏によると、サスティナビリティの追求とLEED認証取得には、エネルギーコストの節約による経済的な利益に加えて、ブランド強化、スポンサーシップへの貢献、あらゆる競争優位性、そして、地域コミュニティからの注目を集め、企業文化を育てるという利点が数えられるという。

左から3人目がジャッキー・ベンチュラ氏(写真提供:マイアミ・ヒート)

 「ビジネスという観点から見ると、このような努力は、大きなポイントとなります。新しい企業がスポンサーとして参加し、多くの投資を引きつけました。その結果、Home Depot(米国住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーン大手)や、Waste Management(米国廃棄物処理大手)を含む、約100万ドルの新しい企業スポンサーが生まれました。また、このLEEDへの取り組みに、Johnson & Johnson(世界的なヘルスケア製品会社企業)や Georgia Pacific(米国大手木材企業)といった、それまで私たちへの関心がなかった企業が興味を示しました。このように、環境意識を持っているということが私たちのブランド・イメージを大きく向上させたのです」

 アリーナ施設としては世界初のLEED認証を取得した4月7日を、マイアミ市長メニー・ディアス氏はアメリカン・エアラインズ・「グリーン」アリーナ・デーに制定した。この時はLEEDに対して、40ポイントの取得申請を行い、そのうち37ポイントの取得を達成している。