健康長寿社会を目指した予防政策の科学的な基盤づくりを目的としたJAGES(Japan Gerontological Evaluation Study,日本老年学的評価研究)は、全国の市町村と共同で要介護認定を受けていない約25万人の高齢者を対象に調査を実施している。その調査データから見えてきた「長生きでき、健康に暮らせる街」の在り方を考察する。