ワーケーション(Work+Vacation)が地域活性化ツールとしてにわかに脚光を浴びている。関係人口創出の切り札なのか、一時的なブームなのか。有識者インタビューや事例から、ワーケーションの現在地が見えてくる。