PPP/PFI推進アクションプランでは、人口20万人未満の自治体でもPPP/PFIの導入を進める方針を打ち出した。しかし、導入を検討しながらも、各自治体がそれぞれに課題・ハードルを抱えていたり、行政と民間の適切な役割分担などで、頭を悩ませていたりするところも多い。そこで、本コラム「PPP/PFIの現場から」では、PPP/PFIに取り組む自治体などの関係者を訪ね、事業実現に必要なポイントや地方活性化の課題と対応策を考えることにした。第1回は、さいたま市でPFI事業に携わった経験を持ち、現在、岩槻人形博物館の開設を準備している川田泰則氏(スポーツ文化局文化部 岩槻人形博物館開設準備室 室長)に話を聞いた。

さいたま市 スポーツ文化局文化部 岩槻人形博物館開設準備室 川田泰則氏(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

──さいたま市では今、岩槻人形博物館の開設を控えていますね。

川田 2020年2月にオープンの予定です。建物はもう竣工していて、2月25日に引き渡しが完了しました。ただ博物館ですので、展示製作などの開館準備に1年ぐらいかかります。4人の学芸員を配置して、彼女らのコーディネートにより現在、作業を進めています。

──学芸員の方は新たに採用されたのですか。

川田 採用しました。実は今回の準備で特に苦労しているのが、そもそも「人形」という分野が、学問的に確立されていないことです。人形というのは、玩具であり、信仰の対象であり、鑑賞用の美術品にも昇華したと言われています。民俗や服飾、美術などの学問的要素を併せ持っているわけですが、「人形学」という分野は存在しません。

 しかし我々としては、人形を学問としてとらえ、人形文化を発信していくつもりです。「本当は手を出してはいけないところに、さいたま市は手を出してしまったのでは……」などと、関係者の間では冗談交じりに話しています。現在は、人形研究の第一人者で大妻女子大学の是澤博昭教授にもご協力をいただき、試行錯誤しながら準備を続けています。

日本初の公立人形博物館として開設準備が進む岩槻人形博物館。日本画家で人形玩具研究家の西澤笛畝氏が収集したコレクションを中心に、地域の人形や人形づくりの資料などを展示する。(写真:さいたま市)
[画像のクリックで拡大表示]
[施設概要]
名称 岩槻人形博物館
建設地 さいたま市岩槻区本町6-1-1
最寄り駅 東武野田線岩槻駅から徒歩10分
土地面積 9005m2
延べ床面積 2095m2
構造 RC・S造
階数 地上1階
主要室 常設展示室、企画展示室、カフェ、ミュージアムショップ
開館 2020年2月