全国のビジネスパーソン2万2466人を対象に、実際に住んでいる/直近で住んでいた街(全国の市および東京23区)に対する「住みよさ」について8分野・38項目を調査した「シティブランド・ランキング -住みよい街2019-」。各都道府県庁所在地はどのような評価を受けたのだろうか。47都道府県庁所在地都市別ランキングと、地域別の結果を見てみよう(東京都は新宿区を都庁所在地とした)。

都道府県庁所在地1位は福岡市、2位は神戸市

 都道府県庁所在地別ランキング1位は福岡市(福岡県)。8分野のうち「生活の利便性」「街の活力」は偏差値70を超える高評価だ。このほか「自治体の運営」(スコア68.5、都道府県庁所在地1位)、「医療・介護」(スコア65.1、都道府県庁所在地1位)、「生活インフラ」(スコア66.3、都道府県庁所在地5位)も高い評価を受けた。(*)

*スコアとは、341市区を対象とした総合ランキングの偏差値を指す。以下同じ。

 都道府県庁所在地別のランキング2位は神戸市(兵庫県)、3位さいたま市(埼玉県)と続く。両市は0.1ポイントの僅差だった。

 都道府県庁所在地別ランキングを見ると、1位福岡市から5位金沢市(石川県)まではいずれも別のエリア。20位までを見ても関東エリア4市区、中部エリア4市、関西エリア、北海道・東北エリア、中国・四国エリア、九州エリアが各3市と特定のエリアに偏ることなく分散している。

 341市区を対象とした総合ランキングを見てみると、トップ20には関東エリアが14市区と集中しており、対照的な結果となった。

 
都道府県庁所在地別ランキング
都道府県庁
所在地別順位
自治体名(都道府県名) 総合スコア サンプル数
1 福岡市(福岡県) 68.5 777
2 神戸市(兵庫県) 66.1 272
3 さいたま市(埼玉県) 66.0 353
4 札幌市(北海道) 65.4 970
5 金沢市(石川県) 64.8 198
6 那覇市(沖縄県) 63.2 98
6 横浜市(神奈川県) 63.2 1,184
8 新宿区(東京都) 62.8 222
8 仙台市(宮城県) 62.8 505
10 京都市(京都府) 61.1 675
11 名古屋市(愛知県) 60.9 1,215
11 千葉市(千葉県) 60.9 223
13 松山市(愛媛県) 60.5 166
14 山口市(山口県) 60.0 45
15 大阪市(大阪府) 59.9 584
16 広島市(広島県) 59.5 394
17 佐賀市(佐賀県) 59.3 56
17 静岡市(静岡県) 59.3 254
19 岐阜市(岐阜県) 59.1 145
20 盛岡市(岩手県) 58.5 119
21 奈良市(奈良県) 58.0 168
22 富山市(富山県) 57.9 135
23 福井市(福井県) 57.8 95
24 鹿児島市(鹿児島県) 57.7 156
25 高松市(香川県) 57.6 131
26 大分市(大分県) 56.6 138
27 宮崎市(宮崎県) 56.3 84
28 熊本市(熊本県) 56.2 209
29 岡山市(岡山県) 55.8 284
30 甲府市(山梨県) 55.7 56
31 宇都宮市(栃木県) 55.6 205
32 長崎市(長崎県) 55.2 94
33 長野市(長野県) 55.0 130
33 新潟市(新潟県) 55.0 300
35 鳥取市(鳥取県) 54.3 48
35 大津市(滋賀県) 54.3 134
37 前橋市(群馬県) 54.1 93
38 水戸市(茨城県) 53.9 58
39 秋田市(秋田県) 53.4 92
40 高知市(高知県) 52.3 63
41 津市(三重県) 51.9 91
41 山形市(山形県) 51.9 72
43 徳島市(徳島県) 51.7 70
43 福島市(福島県) 51.7 71
45 松江市(島根県) 47.8 50
46 青森市(青森県) 45.8 88
47 和歌山市(和歌山県) 43.0 88

※総合スコアの数値は偏差値(資料:新・公民連携最前線)