ごみ分別を起点に「サーキュラーヴィレッジ」を目指す、大崎町

草木チップと生ごみを1:4の割合で混ぜる一次発酵の混合場。生ごみ・草木等は堆肥として製品化される(写真:志鎌康平)