ごみ分別を起点に「サーキュラーヴィレッジ」を目指す、大崎町

2020年10月、⼤崎町SDGs推進協議会設立時の会見の顔ぶれ。写真左からそらのまち代表取締役 古川理沙氏、南⽇本放送代表取締役社⻑ 中野寿康氏、⼤崎町⻑ 東靖弘氏、⿅児島相互信⽤⾦庫理事⻑ 永倉悦雄氏、⿑藤氏(写真:大崎町)