【北海道・東北】札幌市に続き、エリア2位は仙台市

 北海道・東北エリア(北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島の1道6県)の1位は札幌市(北海道)。札幌市はランキングで3位にランクインしている。

 札幌市に続くエリア2位は都道府県庁所在地ランキングでも全体5位に入った仙台市(宮城県)で総合スコアは61.4。8つの評価項目の分野の中で「街の活力」がスコア66.3と高く、「生活インフラ」分野(62.3)や「生活の利便性」でも61.8と高スコアだった。仙台市の調査結果を詳細に見ると、「街の活力」を高めている要素として、「子供や若者が多い」や「応援できる文化・スポーツ団体がある」といった項目が挙げられる。

 エリア3位は盛岡市で総合スコアは56.0だった。8分野でいずれも50以上のスコアを獲得している。4位には青森市(同53.5)が続く。

札幌市(北海道)
(総合スコア62.7・都道府県庁別ランキング3位)
[画像のクリックで拡大表示]
青森市(青森県)
(総合スコア53.5・都道府県庁別ランキング35位)
[画像のクリックで拡大表示]
盛岡市(岩手県)
(総合スコア56.0・都道府県庁別ランキング28位)
[画像のクリックで拡大表示]
仙台市(宮城県)
(総合スコア61.4・都道府県庁別ランキング5位)
[画像のクリックで拡大表示]
秋田市(秋田県)
(総合スコア53.0・都道府県庁別ランキング37位)
[画像のクリックで拡大表示]
山形市(山形県)
(総合スコア52.7・都道府県庁別ランキング39位)
[画像のクリックで拡大表示]
福島市(福島県)
(総合スコア48.6・都道府県庁別ランキング46位)
[画像のクリックで拡大表示]