【関東】新宿区が1位、さいたま市、横浜市が続く

 関東エリア(東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川の1都6県)の1位は新宿区(東京都)だった。エリア2位はさいたま市(埼玉県)で、この2自治体は都道府県庁所在地の全体ランキングでもトップ10(新宿区7位、さいたま市10位)に入った。エリア3位は横浜市(神奈川県)で全体ランキングでは13位だった。

 新宿区は「生活インフラ」が都道府県庁所在地1位(スコア70.1)、「街の活力」が都道府県庁所在地4位(スコア66.0)と高評価。一方、「快適な暮らし」はスコア35.1と都道府県庁所在地中46位と低調だった。さいたま市、横浜市も「街の活力」、「生活インフラ」がスコア60以上と高い評価を得ている。

 千葉市(千葉県)は総合スコア58.0で都道府県庁所在地18位タイ。宇都宮市(栃木県)と水戸市(茨城県)、前橋市(群馬県)の北関東3県の県庁所在地は総合スコアがともに56.6で都道府県庁所在地の全体ランキングで24位となった。

 3市とも8分野でまんべんなくスコアを得ているが、水戸市では「生活の利便性」(62.4)が、前橋市では「医療・介護」(61.9)の分野が評価されているという特徴がある。

 関東エリア内の総合スコアの差をみると、新宿区が60.9でさいたま市は59.9、横浜が59.2、千葉は58.0となり、続く北関東3県がともに56.6と、全体として差の少ないエリアとなっている。

水戸市(茨城県)
(総合スコア56.6・都道府県庁別ランキング24位)
[画像のクリックで拡大表示]
宇都宮市(栃木県)
(総合スコア56.6・都道府県庁別ランキング24位)
[画像のクリックで拡大表示]
前橋市(群馬県)
(総合スコア56.6・都道府県庁別ランキング24位)
[画像のクリックで拡大表示]
さいたま市(埼玉県)
(総合スコア59.9・都道府県庁別ランキング10位)
[画像のクリックで拡大表示]
千葉市(千葉県)
(総合スコア58.0・都道府県庁別ランキング18位)
[画像のクリックで拡大表示]
新宿区(東京都)
(総合スコア60.9・都道府県庁別ランキング7位)
[画像のクリックで拡大表示]
横浜市(神奈川県)
(総合スコア59.2・都道府県庁別ランキング13位)
[画像のクリックで拡大表示]