先進的な自治体は、どのように公民連携(PPP)を推進しているのか。流山市の職員時代に多くのPPP事業を手掛け、現在は全国各地の自治体でプロジェクト構築支援を行う寺沢弘樹氏(まちみらい代表社員)が、先進自治体のPPPの進め方を探るコラム「自治体PPP担当者と語り合う!」。連載第1回は、トライアル・サウンディングを全国で初めて実施した常総市の総務部資産活用課施設マネジメント係の堀井喜良係長に話を聞いた。

寺沢弘樹(まちみらい代表社員) 常総市では、民間事業者に公共施設を暫定的に活用してもらうことで市場調査を行う「トライアル・サウンディング」を全国で初めて実施しました。実施までの経緯をまずは改めて聞かせてください。

堀井喜良(常総市総務部資産活用課施設マネジメント係 係長) 背景としては、もともと、農業体験型テーマパーク「水海道あすなろの里」という施設の利活用を検討していて、まず通常のサウンディング型市場調査を2018年10月に行いました。その後も継続して民間事業者の方と対話をしていく中で「実際に施設を使ってみたい」という声が上がっていたんですね。「どの地域から集客ができるのか」といった施設のポテンシャルなどを確認したいという意見が寄せられていました。こうした要望を実現しようということで動き出したのが、そもそものスタートです。

(写真:加藤康)
(写真:加藤康)

堀井 喜良(ほりい・きよし・写真左)
常総市総務部資産活用課施設マネジメント係 係長

1998年東京理科大学工学部建築学科卒業。民間企業に8年勤務後,2008年常総市役所入庁。同年から現在まで営繕業務を担当。2017年からは営繕業務に加えてFMやPPPに取り組む。市有地の利活用,民間提案制度,トライアル・サウンディングおよび包括管理業務委託等の公民連携を推進

寺沢 弘樹 (てらさわ・ひろき・写真右)
合同会社まちみらい 代表社員

1975年静岡県清水市(現静岡市)生まれ。2001年 東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。流山市役所でファシリティマネジメント推進室長、特定非営利活動法人日本PFI・PPP協会業務部長などを経て2021年に独立、合同会社まちみらいを設立。著書に『PPP/PFIに取り組むときに最初に読む本』(学陽書房)

――前例がない事業ということで、要項づくりなどでは苦労したのではないですか。

堀井 トライアル・サウンディング自体は、何か新しい仕組みをつくったわけではありません。もともと「行政財産の目的外使用」という仕組みがありましたので、その使用料を免除して民間に自由に提案をしていただいて、暫定利用していただくということですので。そういったことともあり、(私ではなく部下や同僚がつくったのですが)指針や要項づくりはそんなに苦労しませんでした。

 最初は、いわゆる「実証実験」という形での実施をイメージしていたのですが、ちょうどその年に『公共R不動産のプロジェクトスタディ』*1という本が出ていて、その中にトライアル・サウンディングという企画が書かれていたんです。それで、このスキームで事業者を募集した方がより効果的にPRできるし、施設としても可能性が広がるんじゃないかと考えて、公共R不動産に打診して、そのスキームと名前を使うことをご了承いただきました。そして、2019年4月1日、全国初のトライアル・サウンディングとして「あすなろの里」と市営へら釣り場「吉野公園」での公募をスタートさせました。

トライアル・サウンディング実施から本格利用に向けた公募への流れ(資料:常総市)
トライアル・サウンディング実施から本格利用に向けた公募への流れ(資料:常総市)
[画像のクリックで拡大表示]

――つまり、「トライアル・サウンディング」という言葉を使わないでも公募はできたわけですね。そうではなく、「自治体初のトライアル・サウンディング」という形にして話題性を高めようという狙いもあったのでしょうか。

堀井 はい、そういう面もありました。何かをするときに、「どういうふうに進めたら効果的か、うまく進められるか」ということは、いつも意識しています。「実証実験」ではなく「トライアル・サウンディング」として進めたのも、そうした観点からです。

寺沢 その当時、僕も『公共R不動産のプロジェクトスタディ』は読んでいたのですが、トライアル・サウンディングについては「ふーん」と思っていた程度で、これをやってみようという発想はありませんでした。でも、常総市では感度高くトライアル・サウンディングの意義を読み取って、公共R不動産に話を持って行って連携をしていったわけです。この感性は飛び抜けているなと感じました。


*1 公共R不動産:使われなくなった(および、今後使われなくなる予定の)公共空間の情報を全国から集め、官と民をマッチングさせるウェブサイト。事務局運営:オープン・エー、サイト運営元:R不動産。