総務省が8月に公表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」のデータを基に、2016年から2021年の5年間の生産年齢(15歳以上65歳未満)人口増減率ランキングをお届けする。生産年齢人口増減率ランキングの1位は、東京都中央区だった。前年と比較したランキング(生産年齢人口(15歳以上65歳未満)増減率ランキング2021)では、直近の人口の動きが見て取れる一方、突発的な要因で上位に食い込む自治体が出てくる。これに対し、5年間の増減率を見ることで、長期にわたって人口増加の勢いを維持している自治体を浮き彫りにするのが、このランキングの狙いだ。全国TOP50のほか、人口規模別や都道府県のランキングも併せてお伝えする。

 15歳以上65歳未満の生産年齢人口の増減率をランキングした。1位は東京都中央区(増減率19.14%、2021年1月1日現在の総人口17万583人)、2位は東京都千代田区(同15.07%、6万7216人)、3位は北海道赤井川村(同13.74%、1176人)。TOP20のうち人口5万人以上の団体が14を占め、年少人口のランキングに比べると規模の大きい団体が多かった。前回調査の人口増減率ランキング2015-20でトップだった北海道占冠(しむかっぷ)村は15位だった。

 政令指定都市のランキングでは、1位が川崎市、2位がさいたま市、3位が大阪市だった。生産年齢人口が増えたのは、この3団体と福岡市、名古屋市、千葉市の計6団体で、そのほかの14団体は減少した。福岡県北九州市と新潟県新潟市の2団体は、5年間で5%以上、生産年齢人口が減少していた。

 次ページには、「増減数」を基準にしたランキングTOP5を掲載した。1位は東京都世田谷区、2位は東京都品川区、3位は東京都中央区で、TOP10のうち8団体が東京特別区だった。そのほかでは、7位に千葉県流山市、10位に福岡市博多区がランクインした。

 2021年1月1日時点の日本の生産年齢人口は7556万6552人で、2016年に比べて255万6065人(3.27%)減少した。生産年齢人口が増えた自治体は1896団体(政令指定都市は行政区単位で数えた)のうち227団体だった。

生産年齢人口増減率ランキング2016-21 全国TOP50
順位
(総人口増減率全国順位)
市区町村
(都道府県)
生産年齢人口
(2021住基)
増減率
(5年間)
増減数
(5年間)
総人口
(2021住基)
1(1) 中央区(東京都) 121,797 19.14 19,570 170,583
2(2) 千代田区(東京都) 46,738 15.07 6,121 67,216
3(182) 赤井川村(北海道) 679 13.74 82 1,176
4(6) 大阪市北区(大阪府) 95,134 13.58 11,378 133,180
5(5) 大阪市西区(大阪府) 74,435 13.34 8,760 103,118
6(11) 名古屋市中区(愛知県) 65,068 12.25 7,100 88,934
7(4) 流山市(千葉県) 121,857 12.17 13,220 200,309
8(9) 大阪市中央区(大阪府) 78,890 11.91 8,395 105,761
9(12) 大阪市福島区(大阪府) 53,250 10.95 5,254 78,144
10(3) 与那国町(沖縄県) 1,010 10.87 99 1,697
11(68) 朝日町(三重県) 6,886 10.65 663 10,984
12(14) 知夫村(島根県) 281 10.63 27 645
13(17) 大阪市浪速区(大阪府) 52,317 10.54 4,988 70,134
14(13) 久山町(福岡県) 5,186 10.04 473 9,181
15(45) 占冠村(北海道) 894 9.96 81 1,315
16(26) 八潮市(埼玉県) 60,027 8.74 4,826 92,518
17(39) 台東区(東京都) 139,178 8.24 10,601 203,647
18(18) 名古屋市東区(愛知県) 53,169 7.83 3,863 81,353
19(25) 品川区(東京都) 276,016 7.79 19,951 406,404
20(27) 福岡市博多区(福岡県) 167,311 7.76 12,050 235,319
21(8) 福津市(福岡県) 37,520 7.71 2,685 67,257
22(19) 長久手市(愛知県) 39,251 7.47 2,729 60,183
23(40) 舟橋村(富山県) 2,044 7.41 141 3,212
24(24) 文京区(東京都) 154,086 7.31 10,490 226,574
25(15) 滑川町(埼玉県) 12,034 7.25 814 19,562
26(16) さいたま市緑区(埼玉県) 81,317 7.07 5,371 129,440
27(21) 大阪市天王寺区(大阪府) 52,680 6.81 3,357 79,613
28(76) 大阪市東成区(大阪府) 54,706 6.75 3,460 84,619
29(55) 墨田区(東京都) 185,956 6.71 11,690 275,647
30(31) 川崎市中原区(神奈川県) 184,902 6.47 11,234 259,718
31(36) 神戸市中央区(兵庫県) 91,831 6.43 5,545 138,898
32(29) 開成町(神奈川県) 10,998 6.36 658 18,223
33(23) つくば市(茨城県) 157,020 6.35 9,372 241,809
34(49) 横浜市西区(神奈川県) 71,543 6.33 4,262 103,530
35(28) さいたま市西区(埼玉県) 56,299 6.31 3,344 93,412
36(7) 中城村(沖縄県) 13,646 6.23 800 22,046
37(30) 幸田町(愛知県) 26,426 5.92 1,476 42,581
38(38) 川崎市幸区(神奈川県) 111,639 5.87 6,187 171,872
39(61) 高浜市(愛知県) 32,206 5.81 1,768 49,088
40(32) さいたま市浦和区(埼玉県) 108,837 5.69 5,862 166,257
41(51) 粕屋町(福岡県) 31,003 5.59 1,641 48,246
42(34) さいたま市南区(埼玉県) 128,679 5.58 6,798 192,083
43(70) 大治町(愛知県) 21,015 5.42 1,080 33,024
44(20) 新宮町(福岡県) 20,627 5.37 1,051 33,690
45(86) 大阪市淀川区(大阪府) 120,679 5.28 6,047 180,268
46(47) 国分寺市(東京都) 83,391 5.02 3,986 126,862
47(95) 栗東市(滋賀県) 45,561 5.00 2,170 70,369
48(96) 川崎市川崎区(神奈川県) 156,535 5.00 7,448 234,569
49(54) 朝霞市(埼玉県) 95,929 4.99 4,560 143,195
50(41) 港区(東京都) 178,914 4.80 8,194 259,036

表の見方とランキング算出方法

  • ■表の見方
    • 人口(2021住基)
      • 「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(令和3年1月1日現在)」(総務省)より。表データはすべてこのデータに基づく。
    • 年齢区分
      • 年少人口(15歳未満)
      • 生産年齢人口(15歳以上65歳未満)
      • 老年人口(65歳以上)
    • 増減率
      • 上記の2021年1月1日現在の人口を、「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成28年1月1日現在)」(総務省)に基づく2016年1月1日時点の人口と比較した。計算式は、(2021年1月1日時点の人口数-2016年1月1日時点の人口数)÷2016年1月1日時点の人口数×100
    • 増減数
      • 2021年1月1日時点の人口数-2016年1月1日時点の人口数
  • ■ランキング算出方法
    • 上記の「増減率」を「人口増減率」としてランキング化。政令指定都市は行政区単位で集計した。政令指定都市については、別途参考ランキングを掲載。

ランキングINDEX


ランキングINDEXに戻る