日経BP総研が運営するウェブサイト「新・公民連携最前線」は、働く世代を対象に調査を実施し、「シティブランド・ランキング―住みよい街2020―」のTOP200をまとめた。全国の20代以上のビジネスパーソン2万1850人が、実際に自分が住んでいる自治体の「住みよさ」を評価した。その結果、ビジネスパーソンが「住みよい街」(全国の市および東京23区)の総合ランキング第1位は武蔵野市(東京都)で、第2位は千代田区(同)、第3位は文京区(同)だった。

●「シティブランド・ランキング ―住みよい街2020―」総合TOP10
総合順位 自治体名(都道府県名) 総合スコア サンプル数
1 武蔵野市(東京都) 68.5 106
2 千代田区(東京都) 68.4 90
3 文京区(東京都) 67.7 243
4 中央区(東京都) 66.4 188
5 港区(東京都) 66.1 225
6 印西市(千葉県) 65.5 32
7 札幌市(北海道) 65.4 529
8 春日市(福岡県) 65.0 29
9 西宮市(兵庫県) 64.9 194
10 府中市(東京都) 64.7 152

※総合スコアの数値は偏差値(資料:新・公民連携最前線)

 今回の調査では、全国のビジネスパーソン(有職者=働く世代)を対象に、実際に住んでいる/直近で住んでいた街(全国の市および東京23区)に対する「住みよさ」についてインターネット調査を実施。その結果を基に、「シティブランド・ランキング―住みよい街2020―」のランキングを作成した。2万1850人のビジネスパーソン(有職者=働く世代)から有効回答を得た。

 ランキングの作成に際しては、「安心・安全」「快適な暮らし」「生活の利便性」「生活インフラ」「医療・介護」「子育て」「自治体の運営」「街の活力」の8分野、合計38の評価項目について調査・集計。現在の居住者と直近の居住者による回答者の合計が20人以上となる326市区のデータを基にした。

 今回は、その総合ランキングとなる全国TOP200の市区を掲載。併せて、全国を「北海道・東北(1道6県)」「関東(1都6県)」「中部(甲信越・北陸・東海の10県)」「近畿(2府4県)」「中国・四国(9県)」「九州・沖縄(8県)」の6つのエリアに分け、エリア別のランキングを紹介する。

TOP10の半数以上が東京の市区

 総合ランキングの第1位は武蔵野市(東京都)で、第2位が千代田区(同)、第3位が文京区(同)だった。評価対象の8分野で見ると、武蔵野市は「街の活力」でトップだったほか、いずれの分野でも高い評価を得て第1位を獲得した。

 総合ランキングのTOP10を都道府県別に見ると、東京都が6市区と半数以上を占め、北海道と千葉県、兵庫県、福岡県がそれぞれ1市だった。

 「街の活力」を以外の7分野でトップの評価を得たのは、「安心・安全」が印西市(千葉県)、「快適な暮らし」が赤穂市(兵庫県)、「生活の利便性」が宮崎市、「生活インフラ」が中央区(東京都)、「医療・介護」が久留米市(福岡県)、「子育て」がつくば市(茨城県)、「自治体の運営」が港区(東京都)だった。

 次ページから、総合ランキング1位からのTOP200を具体的に見ていく。TOP200に入った203市区(199位が同率5市のため)のうち、関東エリアからは83市区が、近畿エリアからは39市が、中部エリアからは43市がランクインした。ほかのエリアはそれぞれ、九州・沖縄エリア16市、中国・四国エリア11市、北海道・東北エリア11市となった(調査概要とランキングの対象となった326自治体一覧はこちらへ)。