全国のビジネスパーソン2万1850人を対象に、実際に住んでいる/直近で住んでいた街(全国の市および東京23区)に対する「住みよさ」について8分野・38項目を調査した「シティブランド・ランキング -住みよい街2020-」(東京都は新宿区を都庁所在地とした)。

都道府県庁所在地1位は札幌市、2位は福岡市

 都道府県庁所在地ランキング1位は札幌市(北海道)。「医療・介護」分野(スコア*64.9)は都道府県庁所在地1位だった。「生活インフラ」(スコア65.2、都道府県庁所在地2位)、「街の活力」(スコア66.6、都道府県庁所在地3位)など6部門でスコア60以上の高スコアを獲得した。

*スコアとは、326市区を対象とした総合ランキングの偏差値を指す。以下同じ。

 都道府県庁所在地別ランキング2位は福岡市(福岡県)、3位は仙台市(宮城県)、4位松山市(愛媛県)が続いた。トップ3は地方の政令指定都市が占め、関東、近畿エリアの県庁所在地市区は入らなかった。

 都道府県庁所在地別ランキングは1位札幌市から6位新宿区(東京都)までいずれも別のエリアだった。TOP20を見てみると、2位福岡市、8位鹿児島市(鹿児島県)、13位大分市(大分県)、15位佐賀市(佐賀県)、17位宮崎市(宮崎県)、20位熊本市(熊本市)と6市が入り、九州・沖縄エリアが存在感を見せた。北海道・東北、関東、近畿はいずれも3市区がTOP20にランクインした。

 326市区を対象とした総合ランキングでは20位までの22市区のうち(20位タイが3者)関東エリアが13市区と過半を占めたのとは対照的に、地域間格差の比較的小さいランキングとなった。

都道府県庁所在地別ランキング
都道府県庁
所在地別順位
自治体名(都道府県名) 総合スコア サンプル数
1 札幌市(北海道) 65.4 529
2 福岡市(福岡県) 64.4 511
3 仙台市(宮城県) 63.3 276
4 松山市(愛媛県) 61.9 99
5 神戸市(兵庫県) 61.3 401
6 新宿区(東京都) 61.0 331
7 さいたま市(埼玉県) 60.3 499
8 鹿児島市(鹿児島県) 59.7 95
9 横浜市(神奈川県) 58.6 1534
9 金沢市(石川県) 58.6 123
11 名古屋市(愛知県) 58.5 855
11 大阪市(大阪府) 58.5 975
13 大分市(大分県) 58.4 71
14 秋田市(秋田県) 58.3 59
15 広島市(広島県) 58.0 301
15 佐賀市(佐賀県) 58.0 35
17 宮崎市(宮崎県) 57.5 46
18 京都市(京都府) 57.4 480
19 富山市(富山県) 57.2 85
20 熊本市(熊本県) 57.0 137
21 静岡市(静岡県) 56.9 156
22 岡山市(岡山県) 56.5 143
23 岐阜市(岐阜県) 56.4 100
23 那覇市(沖縄県) 56.4 61
25 宇都宮市(栃木県) 56.0 150
25 千葉市(千葉県) 56.0 325
27 盛岡市(岩手県) 55.3 67
27 津市(三重県) 55.3 63
29 青森市(青森県) 54.9 44
30 新潟市(新潟県) 54.7 149
31 高松市(香川県) 54.6 90
32 奈良市(奈良県) 54.5 98
33 前橋市(群馬県) 54.4 43
34 福井市(福井県) 54.3 67
34 甲府市(山梨県) 54.3 39
36 大津市(滋賀県) 53.7 100
36 高知市(高知県) 53.7 70
38 長野市(長野県) 53.6 70
39 福島市(福島県) 52.5 46
40 水戸市(茨城県) 51.7 81
41 山形市(山形県) 51.4 30
42 和歌山市(和歌山県) 50.2 56
43 長崎市(長崎県) 49.4 61
44 山口市(山口県) 49.0 31
45 鳥取市(鳥取県) 48.1 33
46 松江市(島根県) 47.7 36
47 徳島市(徳島県) 43.7 37

※総合スコアの数値は偏差値(資料:新・公民連携最前線)