富山県

富山県
【主な視察の目的】20世紀美術の世界的な名画やポスター、椅子などのコレクションや、アートやデザインをはじめ、デザイン振興の視点を取り入れたアトリエやデザイン性の高い遊具を配置した「オノマトペの屋上」等の館内施設の見学のため。
【主な視察の目的】先進地視察、情報収集。
【主な視察の目的】当センターは全国でも数少ない薬事専門の公的研究機関であり、医薬品産業が盛んな富山県ならではの施設である。 近年は国交付金等を活用し、2015年に「製剤開発・創薬研究支援ラボ(現:製剤開発センター)」、2018年に「創薬研究開発センター」を新たに開所したほか、2019年には「薬用植物指導センター」に新研修棟を整備し、最先端機器も配備している。 これらに加え、本県が進めている医薬品産業の振興や人材育成に向けた地方創生の取り組み(「くすりのシリコンバレーTOYAMA」創造コンソーシアム事業)などの調査を目的に視察されたと考える。
富山市
【主な視察の目的】富山市は地方都市としては比較的恵まれた鉄軌道網を有しており、これらの鉄軌道と運行頻度の高い幹線バス路線で地域の核となる生活拠点を結び、拠点ごとにコンパクトにまとまっていく全市的なまちづくりを推進している。このまちづくりを視察することが目的の1つと考えている。また、ロックフェラー財団が選定する「100のレジリエント・シティ」(100RC)に日本で初めて選定されるなど、富山市のコンパクトシティ施策が日本国内のみではなく国際的にも高く評価いただいていることからも視察のきっかけに繋がっていると考える。
【主な視察の目的】●コンパクトシティ政策の到達点である、暮らしの質を高めるための施策の1つとして、中心市街地の小学校跡地を活用し、PPP手法で「健康・医療・福祉」をテーマとした公民複合の施設を整備 ●地域包括ケアの拠点として、乳幼児から障害者、高齢者までの行政サービスを一元的・包括的に提供 ●全国初の市直営産後ケア施設 ●自治体直営では初めての試みである、保育士、看護師が病児を迎えに行く、お迎え型の病児保育事業 ●24時間365日、在宅医療を提供する市直営の診療所を中心市街地に開設 ●「総曲輪レガートスクエア」内の民間施設と展開する協働事業についての調査と考えられる。
【主な視察の目的】自治体における持続可能な開発目標(SDGs)については、地方創生に資する取り組みでもあることから、本市がSDGs未来都市として1号認定及び先進的な取り組みとしてモデル事業にも選定されたことから、本市の「コンパクトシティ戦略による持続可能な付加価値創造都市の実現」を目指す取り組みが日本国内のみではなく国際的にも高い評価を受けていることが、視察先として選ばれることにつながっていると考えている。
舟橋村
子育て共助のまちづくり
【主な視察の目的】人口が増加している数少ない自治体であることや、CSVの手法による解決を目指している点などを参考にするため。
村立図書館
【主な視察の目的】貸出冊数日本一となる理由を知るため。

ランキングINDEXに戻る