「全国自治体・視察件数ランキング2020」では、2019年度に自治体の職員・議員の視察を受け入れた「公共サービスや施設、行政施策等」について、視察件数が多かった順に3つまで取り組みを挙げてもらった。本記事では、西日本(近畿、中国・四国、九州・沖縄)の各自治体の回答内容(取り組み・主な視察の目的)を一覧形式でまとめた。

  • 主な視察の目的については、敬体(「です・ます」調)を常体(「だ・である」調)に調整、箇条書きの表記の調整、誤字・脱字の修正など、体裁を整えた。記載のない自治体は空欄のまま掲載した。
  • 事業名からのリンクは回答のあったものを設定した。より適切と思われるリンク先に一部修正した。
  • 回答欄を3つに限定したため、各自治体で同じ件数の視察があっても記入されなかった取り組みがある可能性がある。

近畿

滋賀県

大津市
【主な視察の目的】議会ICTについては、タブレット端末を導入した経緯、活用した議会運営、導入費用・維持管理費用、運用ルール、ペーパーレス化の効果、グループウエアの活用内容、今後の課題などを目的とすると考えられる。議会BCPについては、策定経緯、策定にあたり苦慮、留意した点、策定後の防災に対する意識の変化、参集した事例、議会災害対策会議の開催、議員・議会局の役割、BCPの見直し、今後の計画や課題などを目的とすると考えられる。
【主な視察の目的】「大津市子どものいじめ防止に関する条例」が制定されるまでの歩み、「いじめ対策推進室」の役割と教育委員会との連携、いじめ早期発見のために導入したAI、LINEを使用したいじめ相談の概要、スクールロイヤーの設置などを目的とすると考えられる。
自動運転バスの実証実験
【主な視察の目的】近年、高齢者の自動運転による事故が多発しているなか、高齢者の交通手段の確保や、バス業界の運転者不足などの課題があることから、それらの解決策の1つとして自動運転技術や次世代モビリティサービスの調査、研究を目的としていると考える。
彦根市
【主な視察の目的】議会報告会の開催を検討している、または、現在開催しているが、より充実させるため、手法などを学ぶ目的で視察されたと考えられる。
【主な視察の目的】子どもや若者の健やかな成長と自立にかかわる支援を一体的に捉えた「彦根市子ども・若者プラン」や、今を生きる子どもたちが、家族や学校、そして地域に応援される社会、そのことを子どもたちが実感できる地域社会を築くこと、支え合い・助け合いが循環することを目指した「彦根市子どもの貧困対策計画」の内容と、各種の取り組みを参考にするために視察されたと考えられる。
【主な視察の目的】子ども議会の開催を検討している、または、現在開催しているが、より充実させるため、手法などを学ぶ目的で視察されたと考えられる。
草津市
【主な視察の目的】全国に誇れる教育実践をめざす草津市の教育情報化の取り組み「戦略9」に特徴があり、他の地域の参考となる成果を上げている点。視察時の具体的な質問は、教育情報化に関する文部科学大臣賞受賞、草津市教育情報化推進計画、学校教育プログラム草津の「強み」、推進体制と予算、今後の展望や問題点など。
【主な視察の目的】視察時の具体的な質問は、健幸都市づくりの実現に向けた具体的な施策の取り組み、健幸都市宣言の効果と市民・企業などへの影響、健幸都市基本計画の内容と効果・課題など。
【主な視察の目的】視察時の具体的な質問は、開設にあたっての経緯、背景、目的や現状の活動状況、市民の声、評価、成果など。
守山市
【主な視察の目的】サイクルツーリズムの推進や起点のまちとしての拠点整備の参考にするため。
【主な視察の目的】2018年11月に生まれ変わった新しい図書館であり、建物は新国立競技場を手がけた隈研吾建築都市設計事務所による設計であるため、その視察を目的に来館されたと考えられる。
【主な視察の目的】守山市は、電車で京都へ25分、大阪へ55分という立地であり、京阪神のベッドタウンとして位置づけられ、人口が毎年600人程度増え続けている全国でも稀な自治体である。視察の目的は、「人口増とにぎわい創出の関連性について知ること」であると考えられる。
栗東市
栗東100歳大学
【主な視察の目的】高齢者の健康寿命の延伸に寄与する取り組みであるとともに、地域で貢献できる人材育成にもつながる事業と認識されたと考えられる。その費用対効果や課題について情報収集することで、各自治体での取り組みに活かすことができるか検討するためだと推測される。
甲賀市
甲賀市議会 広報特別委員会
【主な視察の目的】議員自ら原稿を書き、編集・校正を行い責任をもって発行されている現状を視察した。一般質問のQRコードを取り入れたり、全ページについてカラーにしたり、高校生モニター会議を実施し、それを特集記事として掲載したりなど、様々な取り組み状況を視察した。 
甲賀市議会 議会改革推進特別委員会
【主な視察の目的】早稲田大学マニフェスト研究所の2018年議会改革度ランキングで全国64位(2017年度 575位)と評価され、その議会改革の取り組みや変遷などを視察した。
野洲市
【主な視察の目的】生活困窮者支援事業については、当市は直営で事業を実施しているところから、相談業務における市役所及び地域関係機関との効果的な連携の仕組みづくり、体制整備の経緯、家計改善支援事業の効果的な運用、学習支援事業、具体的な支援方法などに関すること。消費者行政推進事業については、見守り活動として消費者安全確保地域協議会の設置と運用など、市内で訪問販売を行う場合は市の登録を義務付けた訪問販売登録制度の概要について。くらし支えあい条例については、制定の経緯や目的、運用などについて参考にする目的。
野洲市債権管理条例について
【主な視察の目的】目的の1つとして市民生活の安心の確保を掲げていることが野洲市債権管理条例の特徴であり、債権整理を通して生活困窮者支援につなげる仕組みについての視察と考えられる。
湖南市
【主な視察の目的】市民が参画した市民共同発電所によるエネルギーと経済の域内循環事業、そして自治体地域新電力会社など官民が連携し、先進的かつ具体の事業展開を実施しているため、そのノウハウを学ぶことが視察の目的であると考えられる。
湖南市発達支援システム
【主な視察の目的】発達支援システム構築に至った経緯や発達支援室の役割やシステムの運用実態などと考える。
【主な視察の目的】市民が参画した市民共同発電所によるエネルギーと経済の域内循環事業、そして自治体地域新電力会社など官民が連携し、先進的かつ具体の事業展開を実施しているため、そのノウハウを学ぶことが視察の目的であると考えられる。
高島市
【主な視察の目的】庁舎整備にかかる計画策定・整備内容 庁舎整備にかかるZEB(Zero Energy Building)導入方法を調査するためと考えられる。

ランキングINDEX

ランキングINDEXに戻る