高知県

高知市
【主な視察の目的】高知市が平成23年3月に策定した、土佐山百年構想における3つの柱のうち、「社学一体・小中一貫教育プロジェクト」に基づき、設置して土佐山学舎について、開校までの経緯及び教育内容などが多くの目的。また、土佐山地域で、これまで受け継がれてきた「社学一体」についても目的とされていた場合もある。
【主な視察の目的】県・市が共同した施設整備や運営、また3館の事業などについて今後の参考とするため。
【主な視察の目的】子どもによるまちづくり活動を推進する取り組みは全国でも展開をしているが、高知市の子どもたちのまちづくり活動の提案に対し、子どもたちが助成(応援する)決定を行うという子どもの目線による取り組みは全国の自治体に先駆けた取り組みであり、制度概要、効果などについて、制度発足以降、全国からの視察が多数行われている。
安芸市
【主な視察の目的】安芸市のようなサポートハウスを導入するための手順や実績などを確認するため。令和2年度以降、制度が見直され(農地利用集積円滑化事業の廃止)、市町村が農地を取得できなくなることから、令和元年度中にサポートハウス導入を検討する市町村からの視察が多かった。
香南市
保幼小中連携(一貫)教育
【主な視察の目的】
いの町
【主な視察の目的】事業、取り組みを参考にするため。
森林・林業行政
【主な視察の目的】
中土佐町
津波避難タワー等防災施設
【主な視察の目的】防災対策への積極的な取り組みの視察と考えられる。
黒潮町
「犠牲者ゼロ」を目指す黒潮町の防災の取り組み
【主な視察の目的】主には本取り組みの具体的内容の調査と考えられる。さらには、津波避難タワーが6基整備されており、その中でも日本一の高さと思われるタワー(高さ22m)の視察が目的と考えている。
黒潮町役場本庁舎
【主な視察の目的】新庁舎の建築を予定している団体による先進地事例としての視察と考えられる。

ランキングINDEXに戻る