熊本県

熊本市
【主な視察の目的】平成28年熊本地震によって被災した、熊本城の被災状況および復旧状況把握などのため。
【主な視察の目的】熊本市は、2017年時点で教育用コンピュータ1台あたりの児童生徒数が、政令指定都市ワースト2位であった。2018年以降、ICT環境整備を進め、政令指定都市トップレベルの整備率となり、併せて研修・サポートの拡充や、産官学連携による授業改善の取り組みを実施し、その成果を広く発信している。このような状況から、熊本市の取り組みを参考にする目的で視察されていると考える。
【主な視察の目的】今後、いつどこで発生するか分からない災害に備え、被災自治体の対応や事例などを学び、防災施策に活かすため。
荒尾市
RPA導入事業
【主な視察の目的】以下を把握するため。●RPAをどのような形で導入しているか(職員が構築又は委託など) ●どのような業務にRPAを導入しているか ●RPA導入の費用対効果 
【主な視察の目的】●全国で導入事例がないため ●自治体が出資しない形での地域新電力供給の取り組みに独自性を感じられたため(荒尾市・三井物産・グローバルエンジニアリングの3者でエネルギーを中心とした連携政策協定を締結後、民間2社が荒尾市に出資設立する新会社にて荒尾市公共施設及び商業施設を中心に電力供給+蓄電池によるエネルギーマネジメント事業を検討し、当該事業からの収益の一部を原資として荒尾市の街づくりに寄与する取り組みを展開している) ●国土交通省スマートシティモデル事業に選定されているためと考えられる。  
水道事業包括委託
【主な視察の目的】PFI法に準拠した民間提案制度を活用した点、4条系工事業務を包括委託できた点、包括委託後の効果について などが考えられる。 
玉名市
【主な視察の目的】議会改革や議会BCPの取り組み状況、災害への対応などについての視察が主である。
【主な視察の目的】大河ドラマ「いだてん」放映に伴う観光振興の取り組みやマラソンの父金栗四三ゆかりの地における観光振興施策、大河ドラマの舞台になる自治体や誘致を行なっている自治体からの視察が主である。
【主な視察の目的】庁舎建て替えを検討中、近年立て替えを行なった自治体による、それぞれの段階の現状や課題を把握するための視察が主である。
宇土市
【主な視察の目的】大規模災害発生時の市、議会としての対応についての検証。特に宇土市の場合、庁舎が被災し、テントや体育館での災害対応業務を行っていたため、そのような環境下での対応方法について視察を行われている。
上天草市
窓口業務等の民間委託について
【主な視察の目的】窓口業務の民間委託の検討のため。
天草市
【主な視察の目的】具体的な取り組み内容や、その成果などを調査に来ていると考えられる。
【主な視察の目的】地域創生の最先端として注目されている「地方創生コンサルタント」として、全国で4番目に設置されており、全国でも珍しい事業である。設置から5年が経ち、どのような相談事例や成果実績があるのか、調査に来ていると考えられる。
和水町
江田船山古墳・塚坊主古墳
【主な視察の目的】教育委員会関連組織(文化財や生涯学習)による文化専門視察、歴史公園管理状況視察と考えられる。
大津町
【主な視察の目的】議会だよりの企画・構成について調査するためと考えられる。
嘉島町
嘉島町役場
【主な視察の目的】
益城町
【主な視察の目的】今後発生が予想される首都直下地震や南海トラフ地震などについて、各自治体における対策の参考にするためと考えられる。
氷川町
定住自立圏構想について
【主な視察の目的】他自治体の取り組み状況を視察し、各種施策の参考とするため。

ランキングINDEXに戻る