宮崎県

宮崎県
【主な視察の目的】フード・オープンラボは、①食品製造の営業許可を取得しての製造・販売が可能、②小ロット製造に適した施設規模であり、展示会出展やテストマーケティングなどのための試作が可能、③基礎からの衛生管理、品質管理の体験が可能、④HACCPに準拠した施設であるといった特徴を有している。主に設備や運営方法、企業支援及び商品化事例についての視察と考えられる。おいしさ・リサーチラボについては、食品の官能評価を適切に実施するための施設で、国際基準であるISOに準拠して設計されている点に特徴がある。このため、主に建物の構造や設備、運営方法についての視察と考えられる。
【主な視察の目的】視察の主な目的は以下のようなものであった。 ●県市共同設置した場合の連携のあり方 ●学校教育との連携方法 ●「いのちの教育」の取り組み
【主な視察の目的】視察者は、すべて県外の農業大学校。どの学校も新たな教育内容に、学生出資会社の設立を検討しており、設立までの経緯や課題、学生出資会社の学修上の位置づけ、他企業との連携など情報収集を目的に視察していた。また、会社役員と他校学生とによる情報交換も実施した。令和元年度は、3校が来校。電話やメールによる問い合わせは2校であった。
宮崎市
【主な視察の目的】本事業の概要や、本市が本事業に取り組むに至った経緯などについて視察している。また、中心市街地にある「みやざきSTARTUP HUB」にて、オフィスの様子などについての現地視察している。
【主な視察の目的】スポーツランドみやざきの取り組みや、プロ野球・Jリーグキャンプの状況、スポーツなど合宿の特典などの説明について視察、また今後の戦略や課題などについて調査研究している。
【主な視察の目的】宮崎市が、本事業に取り組むに至った経緯や、事業の内容、今後の方針などについて。
日南市
日南市子育て支援センター「ことこと」
【主な視察の目的】子育て支援センターの施設概要や職員の配置状況などの運営、飫肥杉などの木材使用の関係。さらに、建設にいたる経緯や市民などの関わり方、木育などのセンターでの事業実施の内容についての調査と考えられる。
油津商店街の動きとIT企業誘致の取り組み
【主な視察の目的】●専門人材と地域住民とのつながる手法 ●にぎわいづくりの会社の設立による、自走を目指した若手の人材確保と育成の手法 ●住民意識の変革と意思統一の手法 ●IT企業のオフィスを空き店舗に誘致することによる、新しいカタチの活性化の手法 についての調査と考えられる
飫肥まちなみ再生事業
【主な視察の目的】商店街再生に次ぐ、新たな民間人登用の経緯、目的、手法など ●民間と行政の関わり方、事業推進方法 ●民間からの、投資などを促すスキーム ●歴史的に価値の高い建造物の利活用方法、実績など ●その他いろいろ
五ヶ瀬町
【主な視察の目的】五ヶ瀬教育グランドビジョンについての取り組みを自らの自治体において、その一部を取り入れるため、またそのノウハウを学ぶための視察と考えられる。

ランキングINDEXに戻る