奈良県

奈良県
【主な視察の目的】先進的な取り組みの事例収集として。
【主な視察の目的】人口減少下において公共サービスを維持するため、市町村に対する支援のあり方や広域連携に向けた推進体の整備についてヒアリングするため。
奈良市
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)活用推進について
【主な視察の目的】奈良市が推進しているRPAに係る事業について、進め方やRPAの活用の仕方、進めるにあたっての課題や対策などを確認し、各自治体におけるRPA活用の参考にすることが目的と考える。
【主な視察の目的】小中一貫校設置もしくは、小中一貫教育の充実に向けて、本市における小中一貫教育の取り組み状況や導入に至った経緯の把握が主な目的だった。具体的な質問内容としては、施設一体型と施設分離型におけるメリットやデメリットについて、また、これまでの研究成果と教育効果について。
【主な視察の目的】ポイント制度導入までの流れ、ポイント対象事業の具体的な内容、システムの運営及び管理の仕組み、ポイント運営事務局の業務内容、加盟店の状況を調査するためと考えられる。
橿原市
子ども総合支援センター
【主な視察の目的】保健・福祉・教育などの総合的な視点から、1つの施設において療育・相談・研修を行っているという点を調査するためと考えられる。
八木駅南市有地活用事業
【主な視察の目的】民間ノウハウを活用した、公共施設の設計・建設・維持管理・運営を行う点を調査するためと考えられる。
生駒市
【主な視察の目的】生駒市は平成27年度から総合事業に移行しており、全国的な先進地である。(全国で完全移行は平成30年度から)また、地域ケア会議の仕組みについても生駒市モデルで実施しており、虚弱な高齢者を地域に返す取り組みや、高齢者が高齢者を支える仕組みなどが高い評価を得ていることが視察理由として考えられる。
【主な視察の目的】従来行政がリーチできなかった層の参画を誘発している点が高い評価を得ていると考えられる。また、市民PRチーム「いこまち宣伝部」は行政が地域の情報を発信するものではなく、市民が自発的に地域を発信する事業として6年間継続しており、この仕組みを視察する自治体が多い。
【主な視察の目的】空き家対策が全国的な問題となっていることから、全国初(※)の取り組みで実績も出ている本事業について視察し、地元の空き家対策に生かすためと考えられる。(※「全国初」については、以下の3つの合わせ技である。①市が持つ空き家情報をプラットホームに提供 ②一つ一つの物件についてカルテを作成し、オーダーメイド対応 ③プラットホームが中心となり、専門家が協力して、流通促進に向けた具体的な支援を所有者に実施)
宇陀市
【主な視察の目的】主に設立の経緯や設立までの流れ、具体的な取り組み、現状の問題点、今後の計画などを視察され、保健事業の参考にされたと考える。特に、ポイント事業によるインセンティブ効果について質問があり、今後の無関心層への取り組みに参考にされたと考えられる。
三郷町
【主な視察の目的】視察自治体において、乗合タクシーの導入を検討していたため。
【主な視察の目的】中学校などの建替事業を検討している団体などが、事業の参考に来校した(規模・金額・機能など)。屯所・福祉避難所を併設しており、防災機能面についても視察した。
曽爾村
曽爾村農林業公社の取り組み
【主な視察の目的】視察者には農政などの関係者が多く、曽爾村農林業公社が行っている事業の取り組みや各地域イノベーション団体の取り組みを視察することで、今後、それぞれの地域での農業の発展の参考にすることを目的としていたと考えられる。
野迫川村
きのこの村づくり事業
【主な視察の目的】地方創生、地域活性化などの目的と考えられる。
十津川村
高森のいえ
【主な視察の目的】日本全体では、今後高齢者が増加する中で、介護保険費用が増加することが予測されるため、地域包括ケアシステムの一例として、住民の助け合いの精神を活用した住まい方の参考にされていると考える。

ランキングINDEXに戻る