「全国自治体・視察件数ランキング2019」では、2018年度に自治体の職員・議員の視察を受け入れた「公共サービスや施設、行政施策等」について、視察件数が多かった順に3つまで取り組みを挙げてもらった。本記事では、東日本(北海道・東北、関東、中部)の各自治体の回答内容(取り組み・主な視察の目的)を一覧形式でまとめた。

  • 主な視察の目的については、敬体(「です・ます」調)を常体(「だ・である」調)に調整、箇条書きの表記の調整、誤字・脱字の修正など、体裁を整えた。記載のない自治体は空欄のまま掲載した。
  • 事業名からのリンクは回答のあったものを設定した。より適切と思われるリンク先に一部修正した。
  • 回答欄を3つに限定したため、各自治体で同じ件数の視察があっても記入されなかった取り組みがある可能性がある。

北海道・東北

北海道

北海道
【主な視察の目的】道は、2018年6月に国から「SDGs未来都市」に選定されているほか、SDGs推進に向けた道の取り組みを随時ホームページなどで発信しており、SDGs推進の取り組みを検討している他の地方公共団体から、道の取り組みについて関心を持ってもらったと考えられる。
【主な視察の目的】新たに建設予定(または建設中)のスポーツ施設の基本構想や管理・運営の参考にするため、施設見学と併せて、職員(設備、警備、清掃など含む)の配置をはじめとした日常の管理体制、光熱水費や保守点検費用などの維持管理費に関すること、施設の稼働率を上げるための方策(イベントなど誘致活動など)や各種教室事業の実施、その他管理・運営上の課題などの調査を目的とした視察。
札幌市
【主な視察の目的】●4施設統合時の市民の反応や理解について ●複合施設を建設した際の資金や費用面について ●複合施設の管理運営方法について ●併設している子育て支援総合センターなどと連帯した取り組みついて ●スクールバスの導入について、など
【主な視察の目的】医療をベースに福祉と一元化して子どもの身体や心の問題に対する相談・支援を行う機関は全国的にも珍しい。このため、視察では、当センターの業務概要や運営状況に限らず、医療・福祉が一体となって支援サービスを提供していくうえでの利点、課題、将来性に関する質問が多くなっている。子どもの身体や心の問題に対する相談・支援は、近年増加傾向にあるばかりでなく、高度な専門性が求められる場合も多いため、各自治体では連携体制の強化や支援充実を図るための参考にしたいという目的によるものと思われる。
【主な視察の目的】子どもの図書館利用者に対するサービス向上や、同館と同様の趣旨の図書館設立に向け、乳幼児を対象とした運営方法を参考にすることを目的とした視察が多いと思われる。特に、書架のレイアウトや絵本の配架方法、定期的に開催している各種行事などの事業に関して参考になったとの意見があった。その他、複合庁舎にとっての乳幼児の集客性を参考とするための視察も一定数あると考えられる。
小樽市
【主な視察の目的】事業実施までの経緯、事業の概要、実績と成果、観光客数の動向、課題と今後の方向性などの調査のため。
【主な視察の目的】事業の取り組みにいたる経緯と概要、事業に対する評価、事業実施による効果、今後の課題などの調査のため。
【主な視察の目的】事業概要や運営状況、寄港促進のための取り組み、受入体制充実の取り組み、観光利用者数の動向などの調査のため。
旭川市
【主な視察の目的】行動展示、動物園改革、インバウンドについて。
【主な視察の目的】駅周辺開発、中心市街地活性化、都市景観について。
【主な視察の目的】●適正・終生飼養に関わる飼い主責任の普及啓発 ●譲渡の積極的な推進 ●犬・猫の殺処分を極力低減する施策
室蘭市
【主な視察の目的】施設の複合化に至った背景や計画に市民意見を反映させるためのまちづくり協議会、施設の整備運営にあたっての民間活力活用の検討状況などを調査すること。
【主な視察の目的】構想のコンセプトと当面の目標、風力・太陽光発電の普及拡大や下水処理場消化ガス発電、移動式水素ステーションと燃料電池自動車の導入など目標達成に向けた具体的な取り組みを調査すること。
【主な視察の目的】行政代執行に至った経緯や課題、助成制度の内容および実績などについて調査すること。
釧路市
【主な視察の目的】●生活保護制度における自立支援プログラムの取り組み状況 ●自立支プログラムによる効果、などについて
【主な視察の目的】●移住定住・長期滞在促進事業の取り組み状況 ●長期滞在者の滞在による地域経済への影響 ●移住促進に向けての施策
【主な視察の目的】全国的な問題となっている「公共施設更新問題」について、釧路市における「公有資産マネジメント」観点からの具体的な取り組み内容や公共施設に関する各計画の内容。
帯広市
【主な視察の目的】広域連携や業界を超えた体制づくりの経緯や現況、課題についてのヒアリング。
夕張市
【主な視察の目的】地方公共団体財政健全化法のもとで財政再生計画に基づく夕張市の取り組みを参考にして、それぞれの自治体での取り組みに活かしていくため。
苫小牧市
【主な視察の目的】自治体共通の課題である将来の人口減少・超高齢社会対策のために、苫小牧市が行っている地域ブランド戦略、商店街との連携による商業の活性化、公式キャラクター「とまチョップ」、まちなかの情報発信・にぎわい・交流拠点「ココトマ」の開設、足場付きまちなか交流館(民間施設)との連携、まちなかへの市営住宅の移転、補助制度によるまちなか居住支援など様々な施策を参考にするため、と考えられる。
【主な視察の目的】行政主導の地域通貨であることや大都市に近いことによる市外への買い物流出の抑制を図り、市内経済の活性化と、社会貢献活動や健康増進事業などの市の施策促進。発行の対象となるのは主に福祉分野と健康・スポーツ分野。市のイベントや雪かきなどボランティア活動、公共施設の利用などでも発行している。市内限定の地域完結型の地域通貨の活用として、自治体が積極的に地域通貨を発行する事例としては先駆的であり、この取り組みは全国的にもめずらしいためと考えられる。
【主な視察の目的】高齢化率が年々高くなる中、高齢者や障がい者をはじめ多くの方が観光やイベントに気軽に参加してもらうなど行動範囲拡大に役立つほか、災害時にも活躍する福祉トイレカーを全国で初めて自治体で導入した運用事例などを参考にするためと考えられる。
稚内市
【主な視察の目的】新たなエネルギー産業の創出が議論されている現状で、各自治体において再生可能エネルギーや廃棄物を活用した発電施設の設置の可能性など議論するにあたり、稚内市の取り組みを参考とするため。
【主な視察の目的】議会広報の参考とするため。
【主な視察の目的】タブレット端末の導入を検討している自治体が、導入に係る経費や導入に至るまでの流れなどを参考とするため。
江別市
【主な視察の目的】子育て支援政策の一環として、天候に左右されない子育て世代向けの遊びの場を提供する取り組みの参考とするため。
士別市
【主な視察の目的】施設見学やごみ処理方法などについて。
【主な視察の目的】展示方法や士別市の歴史、文化などについて。
【主な視察の目的】設置目的や施設見学、実施している事業について。
三笠市
【主な視察の目的】三笠市独自の特色ある教育についての調査のため。
千歳市
【主な視察の目的】近年、地震や豪雨などの災害が日本各地において発生していることから、防災・減災の意識が高まっている。住民に対する防災、減災意識の向上や、災害が発生した時の行動を学ぶ場所、災害発生時の拠点としての役割を学ぶためのニーズが高まっていると見られる。
滝川市
【主な視察の目的】●図書館連携事業について ●地域の情報拠点としての図書館
登別市
【主な視察の目的】議会の概要、議会改革、議会フォーラム、議会だより編集について。
【主な視察の目的】廃校利用、観光振興・外国人観光客の勧誘、インバウンド観光、広域観光の推進について。
【主な視察の目的】コミュニティ・スクール、幼保・小・中連携、教育行政執行方針、スポーツ推進基本計画、廃校利用について。
石狩市
【主な視察の目的】24時間トイレや地域の情報発信など従来の道の駅機能のほかに、食や産業、まちの歴史、自然風景などの展示紹介、そして地域のコミュニティ活動を支えて発信する場所とした「複合型道の駅」として建設されたことから、その計画コンセプトや経緯などに関心を持たれたと考えられる。
【主な視察の目的】●施設の機能を研修するため ●指定管理による施設運営について研修するため ●施設で行っている事業の内容と効果、課題について研修するため
【主な視察の目的】一般的なタブレット端末や会議システムなどを使ったペーパーレス化ではなく、主にパソコンのみを使ったペーパーレス化は全国的にも珍しいことから、導入に至った経緯、実際の事務の流れ、費用対効果などについて興味を持つ議会が多いと考えられる。
知内町
【主な視察の目的】CLT(直交集成板)の活用や、担い手センターの活用、しりうち地域産業担い手センターの建築工程について。
ニセコ町
【主な視察の目的】
余市町
【主な視察の目的】6次産業化に関する施策やワイン産業に関する施策(特にワイン特区、ワインツーリズム)の調査を目的とする視察が多い。
南幌町
【主な視察の目的】事業の概要と、実績などのレクチャーを受けるため。
栗山町
【主な視察の目的】栗山町の議会基本条例を通して、視察先自治体の議会改革、議会活性化を図ること。
秩父別町
【主な視察の目的】交流人口および移住人口の増加に大きく寄与している施設であり、秩父別町は平成30年1月1日現在の人口が前年同日に比べ3名増加するなど、地方自治体で問題となっている人口減少に効果があったと思われる施設の現状を知るため。
【主な視察の目的】交流人口および移住人口の増加に大きく寄与している施設であり、秩父別町は平成30年1月1日現在の人口が前年同日に比べ3名増加するなど、地方自治体で問題となっている人口減少に効果があったと思われる施設の現状を知るため。
沼田町
【主な視察の目的】少子高齢化による人口減少にともない、今後のまちづくりを進める上での参考とするため、沼田町の取り組みを視察したものと考えられる。
【主な視察の目的】雪国ならではの「雪」を資源エネルギーとして活用する取り組みは、北海道内でも沼田町と美唄市が先駆的な地域であることから、その活用方法や取り組みについて視察に訪れる人が多いものと考えられる。
東神楽町
【主な視察の目的】人口増加率全道1位となったことでのまちづくりなど。
【主な視察の目的】子供の割合全道1位となったことでの子育て支援業など。
【主な視察の目的】東神楽町では4年前からブランディング協議会を設立し、まちの魅力を新たに発掘・発信し、最大限に引き出すためのブランド「東神楽の種と実セレクト」が誕生した。このプロジェクトは東神楽ならではの特産品や土地で育った農産物など良いものを厳選し、価値を伝えていくプロジェクトで、ロゴマークが活用され、新しい商品の開発やブランドを道内外にPRしている。以上の取り組みに興味を持った市町村からの視察が増えている状況。
音威子府村
【主な視察の目的】特色のある高校の運営や生徒の作品、生徒の学校生活などについて。
天塩町
【主な視察の目的】交通課題を同様に持つ自治体での導入検討にあたって、事業詳細の聞き取りなどのため。
中頓別町
【主な視察の目的】地域交通の仕組みづくりのヒントとして。
大空町
【主な視察の目的】宿泊施設を有する道の駅、都市住民と地域住民の交流を促進する拠点となる施設であること。
更別村
【主な視察の目的】「ひと」づくりから「まち」づくりにつなげる熱中小学校の取り組みは北海道内では唯一であり、地域の持続可能性を引き出す参考とするため。
【主な視察の目的】最先端技術の活用・事例調査インフラ整備状況など。
池田町
【主な視察の目的】自治体によるブドウ栽培やワイン製造に至った経緯や苦難の歴史、またこの事業がまちづくりや民間事業者にどのように関連しているのか、など。
中標津町
【主な視察の目的】総合的な児童健全育成拠点施設と施設建設に至った経緯や機能および役割について視察し、教育福祉事業における多様性を把握することと考えられる。
■ 全国自治体・視察件数ランキング2019
■ 視察の多い事業一覧2019