群馬県

前橋市
【主な視察の目的】自団体における施策の参考とするため。
【主な視察の目的】自治体が実施するフードバンク事業の概要に関することとして、(1)導入の経緯、(2)生活困窮者自立相談支援機関との連携内容、(3)フードドライブ運動への取り組み状況、(4)食品関連企業との協定状況、(5)事業効果と課題、などについての調査を目的としている。
【主な視察の目的】ふるさとバスの導入に至った経緯、事業概要、輸送実績と運用費用など。マイタクの事業概要、実績などについて。
高崎市
【主な視察の目的】●地元産木材を使用した建築物として参考にするため。本施設は木造2階建、1334.71平方メートル(1階843.75平方メートル 2階490.96平方メートル、市内産木材を約8割使用して建築したもの。●過疎地域における学校児童●生徒数の減少対策として●廃校の利活用として(本施設は廃校の敷地を利用して建築)●新たな英語教育の取り組みとして
【主な視察の目的】事業を始めた経緯と実態把握方法、周知の方法などを確認することにより、課題を把握して今後の参考とすること。
【主な視察の目的】構想から事業化までの経緯と議会承認までの手続き、外部との連携など事業に至るまでの課題を検証する。
桐生市
【主な視察の目的】全国の地方議会を中心に「議会改革」という議会独自の取り組みが浸透するなか、桐生市議会ではいままでの取り組みを踏襲し、かつ先進事例の研究や好事例の吸収に尽力した結果、早稲田大学マニフェスト研究所が毎年実施する「議会改革度調査」のランキングにおいて、桐生市議会は2017年および2018年の2年連続第6位という好成績を残すことができ、各自治体の議会から「桐生市議会の議会改革」が注目されることとなった。このため、各自治体議会が議会改革の先進地から学ぶことを目的として、桐生市議会を視察地として選定していると考えている。
【主な視察の目的】国が普及を推進する「グリーンスローモビリティ」に、eCOM-8とeCOM-10が指定されている。平成30年度以降、国土交通省と環境省がグリーンスローモビリティの導入支援事業などを開始し、eCOM-8とeCOM-10に関心を持つ自治体も増えている。また、桐生市では平成23年度から低速電動バスの社会実装へ向けた産学官連携の取り組みを実施しているため、様々な知見を有しており、市内でバスへの試乗も可能なことから、グリーンスローモビリティ導入を検討している自治体からの視察要望が増えている。
【主な視察の目的】若い世代を対象とした情報発信として、SNSの活用の有効性は各市議会も認識しているところであり、その導入に際し、先進事例の研究を目的として、桐生市議会を視察するケースが多い。併せて、桐生市議会が推進している若い世代との意見交換についても、先進的な事例であり情報発信事業の視察内容に組み込んでほしいとの要望も多い。
伊勢崎市
【主な視察の目的】今後、コミュニティ・スクールを導入するにあたり、平成20年度から導入している伊勢崎市の取り組みを参考にし、さらに一歩進んだ取り組みである学府制についても参考にするためと考えられる。視察内容としては、コミュニティ・スクールの導入の経緯、活動内容、成果と課題、学府制の紹介であった。
館林市
【主な視察の目的】つつじが岡公園の魅力を知るために全国的に珍しいつつじの4Dシアターがある、つつじ映像学習館を視察した。
【主な視察の目的】3歳児健康診査における眼科屈折検査を導入した経過および実施方法、実施結果、精密検査の流れなどを聴取し、自らの自治体への導入を検討するため。
渋川市
【主な視察の目的】渋川市における学校給食費の完全無料化に至った経緯、実施に係る事業費やその財源、今後期待される効果などを聞き取り、視察された各自治体における今後の学校給食費の無料化に向けた検討材料とするため。
藤岡市
【主な視察の目的】2018年度の5件は、主に小中一貫教育を手立てとした学力向上を主眼とする視察だった。目指す子ども像を設定・共有し、9年間の学びの連続性と生徒指導の継続をふまえた授業を実践することを手立てとする児童生徒の学力向上の状況を参考とするため。具体的には「つなぎ教材」(前の学年や時間での既習事項を、授業の冒頭で確認したり、新たな単元に入る前に想起させたり、授業の課題解決を図る中心の場面で子どもの自力解決、グループでの話し合いの根拠となる教材のこと)をどのように活用し、児童生徒の主体的な学びを促しているかを参考とするため。
【主な視察の目的】ららん藤岡は、観光案内所や観光物産館のほか、多彩な店舗が軒を連ねるグルメプラザ、花の交流館、買い物客でにぎわう農作物直売所といった施設に加え、子どもたちが遊び交流する「ふれあい広場」がある。また、平成30年度の入込客は約237万人、売り上げは約25億円となっているなど、全国にある道の駅の中でも成功例の一つとして挙げられていることから、他市からの視察が来るものと考えられる。
富岡市
【主な視察の目的】新庁舎建設の参考にするため。
【主な視察の目的】観光資源を活用した持続的な観光振興は、多くの自治体の課題であるためと思われる。
【主な視察の目的】富岡市はまちの中心部にも空き家が多い。人口規模が同じくらいの市の議会の視察が多いので、執行部に対する政策提言の参考にしていると考えられる。
南牧村
【主な視察の目的】自治体での取り組みに生かすため。
中之条町
【主な視察の目的】現地視察による施設の状況や設備の内容研修。また、再生可能エネルギーの取り組みの中で、電力の地産地消の仕組み、発電所運営、発電所建設に関するプロセスなどを学ぶためと考えられる。
【主な視察の目的】●地域芸術祭の運営方法 ●地域芸術祭の集客的な効果 ●地域芸術祭における地域住民との連携方法 ●地位芸術祭が誘引する移住・定住、について
■ 全国自治体・視察件数ランキング2019
■ 視察の多い事業一覧2019