栃木県

栃木県
【主な視察の目的】●グローバルGAP認証取り組みの詳細について、(1)農場管理の実際(現地ほ場)、(2)認証取得に係る書類作成・整備状況、(3)認証取得費用、(4)取り組み体制 ●事業の効果について、(1)取り組み前後の校内における(特に学生に対する)変化、(2)GAP教育への反映状況、(3)本取り組みの外部への波及効果、(4)学校PR・入学生の増などの効果 ●今後の取り組み方向について、(1)校内におけるGAP取り組み改善方向など、(2)対外的PR方策、以上の事項などについて調査。自校などでの取り組み可否(改善)、(3)本取り組みの外部への波及効果、(4)学校PR・入学生の増などの効果、など
【主な視察の目的】自らの自治体の次期処分場の建設手法について検討するため。
【主な視察の目的】先進地事例の研究、職員などの資質向上など。
宇都宮市
【主な視察の目的】●LRT事業の導入経緯 ●LRT事業の進捗状況などの取り組み
【主な視察の目的】●宇都宮ブランド戦略の経緯 ●推進組織である「宇都宮ブランド推進協議会」の運営などについて ●シティプロモーションにかかる具体的な取り組み内容
【主な視察の目的】●ネットワーク型コンパクトシティを支える交通ネットワーク形成の取り組み ●ネットワーク型コンパクトシティに向けた市街化調整区域の取り組み ●ネットワーク型コンパクトシティ形成に向けた立地適正化計画などの取り組みについて
足利市
【主な視察の目的】地域ケア会議の実際を見て、自分の自治体の地域ケア会議の実施にいかすため。
【主な視察の目的】「行政提案型公募方式」による公募の手法や、事業者の収支も含む運営状況に対しての視察と考えられる。
【主な視察の目的】足利市の『映像のまち構想』の取り組みを、まちづくりや観光施策などに活かすためと考えられる。
佐野市
【主な視察の目的】各自治体の新庁舎整備の参考とするため。
鹿沼市
【主な視察の目的】●オープン後も集客と売り上げを維持し、採算性のとれる施設運営 ●単なるハコモノではなく、継続したイベント開催・誘発によるソフト事業の展開 ●地理性・利便性が高く、地域住民が日常的に訪れること
【主な視察の目的】粟野小学校は、周囲を山に囲まれた本市西部に位置する小学校で、スギとヒノキの無垢材を用い、在来工法によって建築。使用木材はほぼ全て地域材。原木伐採から加工、設計、施工まで一貫した工程管理による「地材地建」。北小学校は、築80年を超える大規模な現役木造校舎。鹿沼 Wood INFILLは、鹿沼市の地場産業である木材加工技術し金属加工技術にデザインが融合することで生まれた木質空間構築システム。ビルなどの空間に木質化された“部屋”を自由に作り出すWood INFILLは、「エコプロダクツ2014」で最優秀賞を受賞。地場産材を活用した、これまでにないシステムとして全国から注目を集めている。「まちなか交流プラザ」にモデルルームを設置し、随時見学が可能。公共施設の木造として、木質化。「公共施設木造・木質化基本方針」に基づき、地場産材を活用した公共施設の木造化を進めている。近年では、「南押原コミュニティセンター」「休日急患診療所」「にっこり保育園」が木造で建設され、身近に木のぬくもりを感じることができる。
【主な視察の目的】●全国的に減少傾向にある消防団員の確保対策やPR活動 ●女性消防団員の活動内容や活性化対策 ●消防団員とその家族への処遇向上と、地域活性化を目的とした消防団サポート店事業 ●組織再編計画の策定理由や進捗状況、および再編実施に伴うメリットと課題
益子町
【主な視察の目的】道の駅の運営に取り入れたい。
【主な視察の目的】議員の災害対応の取り組みを自らの町村の施策の参考にするため。
高根沢町
【主な視察の目的】不登校児童生徒やその保護者に対する援助の在り方や学校との連携について、方法の模索・検討のため。
那珂川町
【主な視察の目的】新庁舎の視察のため。
■ 全国自治体・視察件数ランキング2019
■ 視察の多い事業一覧2019