和歌山県

御坊市
【主な視察の目的】総活躍のまちを実現するために、行政主導ではなく、認知症の本人視点に立った地域づくりを進めてきたことへの関心が高く寄せられ、特にホームページでも公開されている映像の取り組みについての視察が多かった。
有田川町
【主な視察の目的】廃園となる保育所がリノベーションで生まれ変わり、民間事業者の手により運営されることになった。それを行政と地域住民、民間事業者などが幾度となく話し合い、共に未来を考えることによって実現した。リノベーションに関する多くの部分は町の交付金事業で賄われたが、「出来るところは自分たちで」という熱意から、まちづくりグループと民間事業者が一緒になって、そのリノベーションにも携わった。この一連事業の町とポートランド市の関係性、住民参加の手法、官民協働の進め方を知りたいこと、と考えられる。
【主な視察の目的】●有田川町地域交流センター建設に係る経緯、カフェと図書の併設について ●読書を通じた人材育成 ●絵本によるまちづくり
【主な視察の目的】和歌山県(治水)と関西電力(発電)が運営する多目的ダムに、町がダムの維持放流水を利用して小水力発電事業として参加する、全国で初めての事例である点が注目を集めたと考えられる。また、年間5000万円以上の収入を得ており、この収入を元に太陽光や太陽熱利用設備、ゴミ減量器械などへの補助金に充てたり、環境教育などにも充てることが出来るようになり、「環境にも町財政にもエコな発電所」として注目を集めている。
■ 全国自治体・視察件数ランキング2019
■ 視察の多い事業一覧2019