中国・四国

鳥取県

鳥取県
【主な視察の目的】全国トップクラスの産肉能力(霜降り肉を作る能力、ロース芯面積が大きくなる能力、肉が多くとれる能力など)を持つ県基幹種雄牛「白鵬85の3」の実物を見て、鳥取県が実施している種雄牛造成について学ぶため。
【主な視察の目的】令和元年6月に一部供用開始される高度衛生管理型市場の内部見学。高度衛生管理型漁港・市場整備事業の概要および進捗状況の把握・調査 漁港・市場の活性化に向けた取り組みの調査のため。
【主な視察の目的】公文書などの管理に関する条例を制定している先進県として、条例の考え方や、条例に基づく実務、課題などの把握のために視察するものと考えられる。主な調査項目は、公文書などの引継ぎまたは廃棄、史公文書などの保存や管理、歴史公文書などの利用提供、県内市町村との連携や支援などについて。
智頭町
【主な視察の目的】日本1/0村おこし運動の取り組みは、町の活力は最小のコミュニティである集落(自治会)が元気になることであり、現在我が国が抱える問題である少子高齢化とそれに伴う地方の衰退、非活性化に対する1つの解決策となりうる施策である。 同様の問題を抱える自治体は多く、大きな課題となる「事業の取り組みの経過」「地区振興協議会(住民)の自立」に向けた行政のサポート体制や支援制度が視察目的であると考えられる。
【主な視察の目的】住民とともに取り組むまちづくり、住民自治による地域活性化の施策の一つとして、日本1/0とセットで視察が申し込まれることが多い。 また、成果として前記した「森のようちえん」や「木の宿場(やど)プロジェクト」などは、智頭町の大きな魅力となっている。そうした成功事例が視察の目的となっていると考えられる。
【主な視察の目的】災害によって困っている人を助けると同時に、滞在や加入者特典によって智頭町の魅力を知ってもらうことで新たな「智頭ファン」の獲得を目指す疎開保険事業は、関係人口創出につながる事業である。 智頭町は、疎開保険事業を全国で初めて企画した自治体であることから、関係人口を創出する取り組みを行う自治体から、参考例として視察を受けていると考えられる。
■ 全国自治体・視察件数ランキング2019
■ 視察の多い事業一覧2019