「全国自治体・視察件数ランキング2019」では、2018年度に自治体の職員・議員の視察を受け入れた「公共サービスや施設、行政施策等」について、視察件数が多かった順に3つまで取り組みを挙げてもらった。本記事では、西日本(近畿、中国・四国、九州・沖縄)の各自治体の回答内容(取り組み・主な視察の目的)を一覧形式でまとめた。

  • 主な視察の目的については、敬体(「です・ます」調)を常体(「だ・である」調)に調整、箇条書きの表記の調整、誤字・脱字の修正など、体裁を整えた。記載のない自治体は空欄のまま掲載した。
  • 事業名からのリンクは回答のあったものを設定した。より適切と思われるリンク先に一部修正した。
  • 回答欄を3つに限定したため、各自治体で同じ件数の視察があっても記入されなかった取り組みがある可能性がある。

近畿

滋賀県

大津市
【主な視察の目的】昨今各地で自然災害が頻発する状況の中、現状における議会の危機管理のあり方が問題視されており、過去の大規模災害の際には、専決処分の乱発など二元代表制の一翼である議会の機能が果たされなかったという問題点があった。そこで、有事の危機管理体制の構築に向けた議会BCPや行動マニュアルを調査・研究することによって、平時だけでなく、有事だからこそより緊密に行政と連携を図り、市民に信頼され、より必要とされる議会運営体制の構築を目的としていると考えられる。
【主な視察の目的】タブレット端末の導入経過について、現在利用しているシステムの選定方法や選定理由、検討した他のシステム、維持管理に係る経費、導入システムの運用開始までの研修など、システム業者のサポート体制や保守など。運用について、本会議や常任委員会などでの活用範囲、活用効果、通信環境、事務局や執行部からの事務連絡などの活用。その他、タブレット端末、システム更新や取り扱い規則などについて。
【主な視察の目的】条例立案から議員提案までにおいて、事務局は(条例立案・条文内容など)どの程度の関わりを持っていたか。大学とのパートナーシップについて、協定の内容、協定締結によって効果があった事例など、が考えられる。
彦根市
【主な視察の目的】議会の広報・広聴に関する取り組みについては、議会によって様々な手法があり、実施に当たって生じる議会特有の課題や問題についても共通する点があるため、新たな手法として取り入れたり、課題の解決方法を調査する目的で視察されたと考えられる。
【主な視察の目的】子どもや若者の健やかな成長と自立にかかわる支援を一体的に捉えた「彦根市子ども・若者プラン」や、今を生きる子どもたちが、家族や学校、そして地域に応援される社会、そのことを子どもたちが実感できる地域社会を築くこと、支え合い・助け合いが循環することを目ざした「彦根市子どもの貧困対策計画」の内容と、各種の取り組みを参考にするため。
守山市
【主な視察の目的】新図書館ができるまでの経緯や運営方法について知ること。昨年の11月に新図書館が開館し、設計が隈研吾建築都市設計事務所であることもあり、建物への関心も高い。
【主な視察の目的】守山市は、電車で京都へ25分、大阪へ55分という立地であり、京阪神のベッドタウンとして位置づけられ、人口が毎年600名程度増え続けている全国でも稀な自治体である。視察の目的は、「人口増とにぎわい創出の関連性について知ること」であると思われる。
【主な視察の目的】琵琶湖大橋の周辺状況、湖岸道路、モニュメントなどの守山市の現地の状況や個々の整備状況の実情・経緯などと、これと連携した守山市の施策展開についての視察が多い。 また、把握できず視察件数には含まれていないが、今後ナショナルサイクルルートが選定されていく中、各サイクルルート間の広域連携が進んできており、そのために担当者レベルが情報収集に来られることも多い。
野洲市
【主な視察の目的】生活困窮者支援事業については、当市は直営で事業を実施しているところから、相談事業における市役所および地域関係機関との効果的な連携の仕組みづくり、体制整備の経緯、家計改善支援事業の効果的な運用、学習支援事業、具体的な支援方法などに関すること。消費者行政推進事業については、見守り活動として消費者安全確保地域協議会の設置と運用など、市内で訪問販売を行う場合は市の登録を義務付けた訪問販売登録制度の概要について。くらし支えあい条例については、制定の経緯や目的、運用などについて参考にする目的。
【主な視察の目的】債権管理条例に生活困窮者の支援の視点を取り入れ、市の債権管理において生活再建を優先した債権整理を行っているところが特徴であり、条例制定の経緯や目的、成果、庁内の連携体制などについての視察調査と見られる。
湖南市
【主な視察の目的】発達支援システム構築に至った経緯や、発達支援室の役割およびシステムの運用実態などが目的と考えられる。
【主な視察の目的】湖南市においては、市民出資による地域商品券配当型のコナン市民共同発電所が4基稼働。また自治体新電力のこなんウルトラパワー株式会社を市内企業など8社で設立し、両者を核とした地域経済循環政策を官民連携で取り組んでいるこれらの取り組みはエネルギーの地産地消、および地域経済循環の一助に貢献していると考えている。 このように、市民が参画した市民共同発電所によるエネルギーと経済の循環事業、そして自治体新電力会社など官民が連携し、具体の事業展開を実施していることが視察の目的と考えられる。
【主な視察の目的】主な質問事項は、意識改革(ワーク・ライフバランス)の促進の具体、モデル校の取り組み、教育委員会としての学校体制の整備、校務支援システムの導入、留守番電話対応、事務共同実施部会との研究4部活動改革について。
高島市
【主な視察の目的】この施設は、全国的にも珍しい「汚水処理施設共同整備事業(MICS)」の採択を受け整備した施設であり、他市町などで同様の施設を建設する際に、当該施設を参考にされている。建設事業費や施設の位置づけ、人員体制や水質管理などの質問を受ける。
東近江市
【主な視察の目的】視察者における市議会で参考になる事例などを調査・研究するため。
【主な視察の目的】先方の市議会でも何か参考になる事例などを調査・研究するため。
【主な視察の目的】先方の市議会でも何か参考になる事例などを調査・研究するため。
竜王町
【主な視察の目的】●『文部科学省や県教育委員会の研究指定など』 ●教育課程特例校(英語特区) ●小中高系統的英語教育推進事業 ●小学校英語パイオニアプロジェクト事業 ●『英語教育推進にかかわる竜王町独自の取り組みや整備』 ●町費によるALT、JTEの配置 ●子ども英語スピーチ大会の開催 ●姉妹都市米国ミシガン州スーセーマリー市との中学生派遣 ●受け入れ事業の実施 ●英語検定補助事業の実施、など
■ 全国自治体・視察件数ランキング2019
■ 視察の多い事業一覧2019

京都府

京都市
【主な視察の目的】各地方自治体の防災体験施設の整備、消防本部・消防学校などにおける訓練施設の整備の参考とするため。
【主な視察の目的】環境保全活動に関する市民への啓発や支援の方法、環境保全に係る人材育成手法の知見を得るため。
【主な視察の目的】京都市の食品ロス削減を推進する取り組みなど、先進的なごみ減量施策について視察し、それぞれの自治体における施策の検討に生かす目的。
綾部市
【主な視察の目的】●事業導入の経緯、実施状況について ●今後の取り組みに向けての課題について
亀岡市
【主な視察の目的】二元代表制の一翼を担う市議会として、平成22年10月に制定した議会基本条例に基づき、議会の「情報公開」「住民参加」「機能強化」を図るための様々な取り組みを、鋭意進める中で、常に市民福祉の増進に努めていること。また、定期的に議会基本条例の検証・見直しを行い、積極的に議会改革・活性化に努めていることなどが評価されていると考えられる。
【主な視察の目的】視察を考えている市町教育委員会は、9年間を見通した小中一貫教育を研究・検討しており、京都府内で初めての義務教育学校である、亀岡川東学園の開設経過や、教育課程などの取り組み、施設見学が主な視察内容。
【主な視察の目的】大河ドラマの世界観を体験できる大河ドラマ館の設置や大河ドラマを活かした商品開発、その他PR・情報発信に関すること。
長岡京市
【主な視察の目的】各地の議会改革や、抱えている課題の解決への参考とするため。先進事例の視察のため。
【主な視察の目的】設置を検討している団体が、設置状況や管理、使用法、工事の方法などを確認したかったと考えられる。
【主な視察の目的】路線バスなどの廃止が相次ぐ中、地域の足を確保するための先進的な事例として視察したと考えられる。
京丹後市
【主な視察の目的】地域鉄道や路線バスの休廃止が相次ぐ中で、地域の移動手段を確保するための事例収集を行うため。
久御山町
【主な視察の目的】各自治体は厳しい財政状況の中で、住民の生活基盤としての移動手段の確保や交通空白地域の解消など、多くの課題を抱えている。その中で近年、日本全国で様々な交通システムの導入事例が見られるが、各自治体の人口規模や地形、年齢構成など諸条件は異なるものの、課題解決につながる交通システムを模索していることが視察の目的であると考えられる。
京丹波町
【主な視察の目的】DBO方式の採用や道の駅や公園などの自動車専用道路との連結の検討、農産物など直売所の運営に係る視察目的が多い。

大阪府

大阪府
【主な視察の目的】●国内最大級の常設展示場の見学 ●MOBIO実施施策の説明への関心
【主な視察の目的】情報収集および意見交換のため。
【主な視察の目的】中核市移行を控えた市教育委員会および教育センター指導主事が、中核市へ移行した後に教職員対象の研修を独自で円滑に実施できるように、大阪府教育センターが実施している研修を視察している。
大阪市
【主な視察の目的】大阪イノベーションハブの設立の経緯や、起業家・ベンチャー企業支援およびイノベーションエコシステムの取り組みについて。
【主な視察の目的】官民連携の先進事例として、事業導入の経過およびその手法、ならびに導入後の効果や課題などをヒアリングすることで、当該自治体における同様の事業の参考とするため。
【主な視察の目的】本事業は、クリエイター同士のネットワークづくりを進め、クリエイター、団体、企業とのイベント連携により新たな価値を情報発信するとともに、ものづくり企業など異業種との協働を促進し、付加価値の高い製品やサービスの創出を目的としており、同様の事業を検討している自治体が参考とするためと考えられる。
岸和田市
【主な視察の目的】岸和田市の文化理解のため。
【主な視察の目的】岸和田市の文化理解のため。
豊中市
【主な視察の目的】地域コミュニティの活性化について。地域自治推進条例を制定した経緯および制定後の変化。地域の取り組みに対する市の支援。地域における課題や今後の展望。
【主な視察の目的】地元ホール建設のための施設内見学や、開設までの経緯・現在の運営状況の聞き取りなど。
【主な視察の目的】ごみ焼却施設の建設を検討・計画されている団体が、比較的新しいクリーンランドのごみ焼却施設を見学し、環境啓発設備を体感するとともに、計画策定の留意点や、具体的に実務レベルでの情報収集などで視察されている。また、ごみ焼却施設と併せて、リサイクルプラザも視察し、各団体の施設運営に活かしている。
吹田市
【主な視察の目的】日本で初めて個人や団体からの寄附で建設されたスタジアムで、ガンバ大阪の長期に渡る指定管理を条件に寄附された経過と現在の管理状況について参考にするため。
【主な視察の目的】それぞれの自治体において健康医療をテーマとしたまちづくりを進めるなか、健都のまちづくりの次のようなポイントを参考にするためと考えられる。土地区画整理事業による開発、健都イノベーションパークの事業概要や、整備予定のオープンイノベーション推進施設、各地権者との連携、健都レールサイド公園。
泉大津市
【主な視察の目的】泉大津市は、人の繋がりや支え合いの意識・連帯感の希薄化といった「地域コミュニティ」や「安全・安心」の問題からセーフコミュニティに取り組んでいるが、他市も同様の問題に直面しており、その方策を探るため視察していると思われる。また、セーフコミュニティは国際認証制度となっており、泉大津市が国際認証を取得したことによるブランディング効果についても関心があると考えられる。
高槻市
【主な視察の目的】中核市議会議長会第12回議会報コンクールにおいて審査員特別賞を受賞した際に評価された、写真の大きさと記事量とのバランスや表紙写真、ピクトグラムや見出しのあしらいの工夫による一気に読める議会だよりを作成するための手法などが目的と思われる。
枚方市
【主な視察の目的】市や関係団体と協力したまちづくり協議会の活動内容について。具体的には、賑わいを取り戻すためのチャレンジショップや五六市を開催し、商業者の創業を支援する仕組みを作ることで、地域経済の活性化と空き家などを解消してきた実績について聞くため。
茨木市
【主な視察の目的】学校給食費の公会計化に向けての取り組みや制度設計、移行後の現状や課題などを把握するため。
八尾市
【主な視察の目的】早稲田大学マニフェスト研究所が実施している議会改革度ランキングや月刊広報を見て視察先として選定したとの声が多い。特に若者の声を聞く取り組みや、高校生と議会のコラボ企画について注目されていると見られる。
【主な視察の目的】産学官連携および条例制定の参考にするため。
【主な視察の目的】各市における中小企業支援策の検討のため。
富田林市
【主な視察の目的】2018年度の国内の地方自治体・地方議員による視察5件に関しては、職員などの研修の一環として、PFI(サービス購入型)による浄化槽視察が組み入れられたものである。視察では、浄化槽の構造・性能、ICTを活用した浄化槽の保守点検、事業者選定における事業進捗のための仕組みなどを説明し、住民の協力を得て実際に使用されている浄化槽を用いた現地説明などを行っている。
【主な視察の目的】●寺内町の町並みと防災文化 ●重要伝統的建造物群保存地区における建築基準法緩和条例 ●旧田中家住宅、寺内町の景観保存、寺内町の景観保存、町並みの見学
【主な視察の目的】広域化に取り組むきっかけとなった状況や、具体的な検討に用いたDMM手法の結果などを説明するとともに、担当職員による実際の検討に参加したケースもある。富田林市と同様に下水道人材の確保が課題となっている自治体が富田林市の動向や課題などを視察に来て、運営方法などを学習した。
寝屋川市
【主な視察の目的】●遊び、一時預かり、相談(子育て世代包括支援センター)を備えた施設であること ●市直営の6万個のボールプールやエアトランポリンなどの大型遊具を備えた室内遊び場があること
【主な視察の目的】昨今、働き方改革、長時間労働是正への取り組みが求められる中、パソコンを強制シャットダウンするシステムは、全国の自治体でも初となる取り組みであり、導入に係る費用、効果、課題など、実際に導入に向けて検討する目的と考えられる。
【主な視察の目的】団塊の世代が後期高齢者になる2025年に向け、地域の実情に応じて介護予防や生活支援体制整備に取り組む必要があるが、保険者ごとの進捗に差があり、効果的な取り組みを展開する先進事例を参考に事業の構築、展開を検討するため。
河内長野市
【主な視察の目的】●観光振興施設の事例調査(売上、来場者数、課題、事業効果、集客手法) ●道の駅整備検討に係る現地視察
【主な視察の目的】各市において、市営斎場の新築、運営手法の変更などを検討している中で、河内長野市営斎場が2016年10月より併用を開始したため、参考にしたいとのこと。
大東市
【主な視察の目的】住民主体の介護予防と生活支援の立ち上げと展開方法を視察することで、自分たちの地域での取り組みの参考にするため。
【主な視察の目的】●家庭教育支援事業に至る経緯など、家庭教育支援事業の背景・目的・組織機構 ●家庭教育支援事業の概要 ●家庭教育支援チームについて、構成メンバー、活動に関する費用・報酬および予算、活動内容、家庭訪問活動の概要および成果・課題、保護者の評価 ●福祉部局など関係機関などとの連携状況
【主な視察の目的】民間事業者が公営住宅を含めたエリア一帯の開発を行うという、全国で類を見ない公民連携事業であるため、事業の成り立ちやスキームの組み立てについてなどの調査、および現地視察が目的であると考えられる。
箕面市
【主な視察の目的】体育館へのエアコン設置を考えている地方自治体・地方議員がエアコン設置の経緯、スケジュール、実施費用などを検討するため、と考えられる。
【主な視察の目的】「子ども成長見守りシステム」の内容や、活用の仕方といった事業の詳細について関心を持ったこと、と考えられる。
【主な視察の目的】カラス被害の問題は全国各地の自治体で大きな悩みとなっている。地元のカラス被害を少しでも軽減する目的で、全国に先駆けて制定した「箕面市カラス条例」の制定に至る経緯や成果・問題点などについて調査するため。
藤井寺市
【主な視察の目的】広域連携の進め方とスケジュール、広域連携を進めるための課題とその解決方法。
東大阪市
【主な視察の目的】東大阪市消防局高機能消防指令センター整備事業の整備計画、組織体制および実施手法などについて。プロポーザル方式による東大阪市消防局高機能消防指令センター整備事業委託先の選定について。東大阪市消防局高機能消防指令センター整備事業の仕様(要求水準書)の内容について。東大阪市消防局高機能消防指令センター整備事業で整備したシステムおよび機器などについて。
【主な視察の目的】障害児・者への支援を同一施設において実施している事例は全国的にも例がないこともあり、施設の設備および運用状況の視察を目的としている。
【主な視察の目的】条例制定にかかるまでの経緯や、成果についての把握。

兵庫県

明石市
【主な視察の目的】養育費の取り決めと実効性確保はひとり親の困窮世帯を少なくし、社会保障費の軽減につながるのか、こどもの貧困対策との関係性や位置づけはどうなっているのか、市民からの評価はどうなのか、などについて調査すること。
【主な視察の目的】条例制定の背景および経緯、制定に向けた検討委員会などの設置状況、関係団体との意見交換などの開催状況、その他特徴的な事項などについて、調査する。
西宮市
【主な視察の目的】屋外広告物条例で民間が掲出する広告物の許可基準はあるが、公共が掲出するサインのルールを作成している事例は、全国的にも珍しい。これから同様の事業を行うにあたり、プロポーザルや予算確保、各所管部署や市民への説明・周知という観点から、視察されたものと思われる。
【主な視察の目的】施設管理運営状況を知りたい利用者数、問い合わせ数の推移を知りたいスヌーズレン室を見学したい、実務上の注意点などについて教えてほしい、自市総合教育センターのより良い環境整備、良い教育に資する行政視察の一環適応指導教室のe-ラーニング活用状況を知りたい、といったこと。
【主な視察の目的】小学校の全児童を対象にした放課後の居場所づくり事業の実施を検討しており、西宮市が実施している子供の居場所づくり事業を視察し、参考とするためと思われる。
豊岡市
【主な視察の目的】アーティスト・イン・レジデンス機能や地方創生の拠点施設としての役割をはじめとする先進事例としての取り組みについて。
【主な視察の目的】コウノトリを中心とした地域資源を活用したまちづくりを学ぶことを目的にしている。特に、市民やNPO、民間企業との協働した様々な取り組みと「コウノトリ育む農法」により栽培されたお米の栽培方法、販売手法、普及方法などの取り組みに対する視察の希望が多い。また、地域ブランディングに対する視察もある。
【主な視察の目的】事業の導入経緯、事業内容の把握〔実際の教育・保育現場(の反応)〕、事業展開方法、事業効果の検証のあり方、などの視察のため。
赤穂市
【主な視察の目的】移住施策による効果、移住の状況、お試し暮らし住宅事業の現状と実績、事業推進上の課題、今後の取り組みなどの把握のため。
西脇市
【主な視察の目的】●施設の概要 ●施設整備事業のスケジュール、経費など ●施設整備に当たっての取り組みや工夫 ●期待される効果、など
【主な視察の目的】都市部など外部から人材を受入れ、産地内で人材育成を行っており、その育成に対して市が補助を行っている制度について、取り組み内容を把握するため。また、平成29年4月にオープンしたコワーキングスペース「CONCENT」について、施設見学を行い、どのようなことを行っている施設であるか確認するため。
【主な視察の目的】●新規就農者の促進 ●農の面からにぎわいづくり ●耕作放棄地対策 ●交流人口の増加など
宝塚市
【主な視察の目的】宝塚市では、全国的に中学校給食を導入していない市区町村がある中で、1957年から小学校で完全給食を実施し、1965年には中学校で完全給食を実施している。また、各学校の給食室で調理する自校調理方式を採用していて、過去には民間委託をした経緯はあるものの、現在は直営で給食調理を運営している。自校調理方式により、児童生徒たちが食べる直前に仕上げ、「温かいものは温かく、冷たいものは冷たく」提供できている。以上が全国的にも数少ない事例なため、視察をされたと考えられる。
【主な視察の目的】各自治体が近い将来経験する超高齢社会への積極的対応を目指した実践について具体の取り組みを聞くため、または、国内2番目に参加したエイジフレンドリーシティ・グローバルネットワークとのつながりなどの話を聞くためと感じる。
川西市
【主な視察の目的】いじめ・差別・体罰・虐待などで苦しんでいる子どもたちを助けるための公的第三者機関の設置を検討するため。
小野市
【主な視察の目的】「行政も経営」と捉え、従来の行政の枠にとらわれない行政運営手法を参考にし、効率的かつ市民満足度の高い行政運営体質の確立を目指すため。
【主な視察の目的】小野市独自の小中一貫教育の在り方などの視察を通して、教育の今日的課題の追求と教育実践の成果や課題を学び、小中一貫教育の推進に資する。児童生徒の学力向上、社会性の育成機能の充実をめざす具体的な取り組みの状況、6年生が中学校舎で学ぶ「5・4」制の具体的な取り組みの状況などについて視察し、施策展開の参考にしている。
【主な視察の目的】脳科学と教育の結び付け、命がおなかに宿った-1歳から義務教育修了までの16か年を見通した教育を展開する16か年教育(なかでも福祉部局と連携した就学前教育)、基礎学力の定着・自学自習・学ぶ意欲の向上を目的とする「ハートフル・チャレンジおの検定」、小中9か年を一貫した教育を展開するとともに情報共有システムを教育に生かす小中一貫教育などの教育施策全般の具体的な取り組みを視察されている。
養父市
【主な視察の目的】事業の現状、問題点、国家戦略特区指定までの経緯、取り組みの概要およびメリット・デメリットを調査すること。
淡路市
【主な視察の目的】●タブレット端末の活用方法 ●学校のICT環境 ●児童生徒がタブレット端末を活用している様子 ●教員の研修方法 ●予算、契約 ●セキュリティ、ネットワーク環境 ●タブレット端末などの管理について
【主な視察の目的】●誘致経緯 ●事業者の選定方法 ●地元調整 ●改修費用 ●自治体の支援
【主な視察の目的】市の防災・減災に対する取り組みについて。
宍粟市
【主な視察の目的】各自治体で、特に人口減少や高齢化が進み、採算性の低い地域における公共交通のあり方について課題を抱えている。採算性の低い路線はバス事業者も撤退し、代わって市町村がコミュニティバスを運行するケースが多いが、利用者数が増加するケースは多くないようである。そういった背景があり、取り組みに至った経緯経過、実施に当たっての課題や行政の関わり、再編後の反響や課題などを聞き取り、各自治体に合った公共交通体系を模索していると考えられる。
【主な視察の目的】空き家の問題や、それに伴う遊休農地の問題が全国的に大きくなってきている中、空き家と農地をセットにしたバンク制度の先進的な取り組みは、他市町がこれから取り組んでいくための参考となるからと考えられる。

奈良県

奈良県
【主な視察の目的】動物愛護センターで行う適正飼育の啓発活動、動物の収容や譲渡などの事業を視察するため。また、うだ・アニマルパークにて実施する動物とのふれあいを通じた「いのちの教育」を視察するため。
【主な視察の目的】人口減少下において公共サービスを維持するため、市町村に対する支援のあり方や広域連携に向けた推進体の整備についてヒアリングするため。
【主な視察の目的】先進的な取り組みの事例収集。
大和郡山市
【主な視察の目的】不登校問題が増加するなか、大和郡山市の取り組みを参考にするため。
橿原市
【主な視察の目的】ひとつの施設において、保健・福祉・教育などの総合的な視点から、療育・相談・研修などを行っているという部分について。
【主な視察の目的】八木駅南市有地活用事業全般について。
桜井市
【主な視察の目的】PFI方式アレルギー対策について。
生駒市
【主な視察の目的】生駒市は平成27年度より従来の介護支援から総合事業に移行しており、全国的な先進地であること(全国で完全移行は平成30年度から)。また、地域ケア会議の仕組みについても生駒市モデルで実施しており、一般介護予防事業や通所型サービスCを活用することで、虚弱な高齢者を地域で生活できるようにする取り組みや、高齢者が高齢者を支える仕組みなどが高い評価を得ていること。
【主な視察の目的】地域新電力会社設立に至った経緯や、立ち上げ時の手続き、実施体制などへの関心が高く、地域新電力事業を実施予定・検討中の自治体による、事業化検討視察と考えられる。
【主な視察の目的】シティプロモーションにおいて効果的に市民参画を図る方法、市民PRチームによる自治体公式フェイスブック運用に関する実務面の課題などの確認など。
香芝市
【主な視察の目的】デマンド交通導入の検討、およびデマンド交通の現状と課題の把握のため。
東吉野村
【主な視察の目的】主に移住政策や地域づくりであると考えられる。

和歌山県

御坊市
【主な視察の目的】総活躍のまちを実現するために、行政主導ではなく、認知症の本人視点に立った地域づくりを進めてきたことへの関心が高く寄せられ、特にホームページでも公開されている映像の取り組みについての視察が多かった。
有田川町
【主な視察の目的】廃園となる保育所がリノベーションで生まれ変わり、民間事業者の手により運営されることになった。それを行政と地域住民、民間事業者などが幾度となく話し合い、共に未来を考えることによって実現した。リノベーションに関する多くの部分は町の交付金事業で賄われたが、「出来るところは自分たちで」という熱意から、まちづくりグループと民間事業者が一緒になって、そのリノベーションにも携わった。この一連事業の町とポートランド市の関係性、住民参加の手法、官民協働の進め方を知りたいこと、と考えられる。
【主な視察の目的】●有田川町地域交流センター建設に係る経緯、カフェと図書の併設について ●読書を通じた人材育成 ●絵本によるまちづくり
【主な視察の目的】和歌山県(治水)と関西電力(発電)が運営する多目的ダムに、町がダムの維持放流水を利用して小水力発電事業として参加する、全国で初めての事例である点が注目を集めたと考えられる。また、年間5000万円以上の収入を得ており、この収入を元に太陽光や太陽熱利用設備、ゴミ減量器械などへの補助金に充てたり、環境教育などにも充てることが出来るようになり、「環境にも町財政にもエコな発電所」として注目を集めている。

中国・四国

鳥取県

鳥取県
【主な視察の目的】全国トップクラスの産肉能力(霜降り肉を作る能力、ロース芯面積が大きくなる能力、肉が多くとれる能力など)を持つ県基幹種雄牛「白鵬85の3」の実物を見て、鳥取県が実施している種雄牛造成について学ぶため。
【主な視察の目的】令和元年6月に一部供用開始される高度衛生管理型市場の内部見学。高度衛生管理型漁港・市場整備事業の概要および進捗状況の把握・調査 漁港・市場の活性化に向けた取り組みの調査のため。
【主な視察の目的】公文書などの管理に関する条例を制定している先進県として、条例の考え方や、条例に基づく実務、課題などの把握のために視察するものと考えられる。主な調査項目は、公文書などの引継ぎまたは廃棄、史公文書などの保存や管理、歴史公文書などの利用提供、県内市町村との連携や支援などについて。
智頭町
【主な視察の目的】日本1/0村おこし運動の取り組みは、町の活力は最小のコミュニティである集落(自治会)が元気になることであり、現在我が国が抱える問題である少子高齢化とそれに伴う地方の衰退、非活性化に対する1つの解決策となりうる施策である。 同様の問題を抱える自治体は多く、大きな課題となる「事業の取り組みの経過」「地区振興協議会(住民)の自立」に向けた行政のサポート体制や支援制度が視察目的であると考えられる。
【主な視察の目的】住民とともに取り組むまちづくり、住民自治による地域活性化の施策の一つとして、日本1/0とセットで視察が申し込まれることが多い。 また、成果として前記した「森のようちえん」や「木の宿場(やど)プロジェクト」などは、智頭町の大きな魅力となっている。そうした成功事例が視察の目的となっていると考えられる。
【主な視察の目的】災害によって困っている人を助けると同時に、滞在や加入者特典によって智頭町の魅力を知ってもらうことで新たな「智頭ファン」の獲得を目指す疎開保険事業は、関係人口創出につながる事業である。 智頭町は、疎開保険事業を全国で初めて企画した自治体であることから、関係人口を創出する取り組みを行う自治体から、参考例として視察を受けていると考えられる。

島根県

松江市
【主な視察の目的】松江市における発達・教育相談支援の取り組みについて。
【主な視察の目的】松江市における学校図書館活用教育の取り組みについて。
【主な視察の目的】●農業委員会体制、農業委員と推進委員の取り組みについて ●最適化活動マニュアルについて
益田市
【主な視察の目的】地域づくりと人口減少対策に向けての取り組みの参考にするため。
【主な視察の目的】ライフキャリア教育、未来の担い手育成などひとづくりの取り組みを参考にするため。
邑南町
【主な視察の目的】「日本一の子育て村構想」導入の経緯と体制、予算措置、具体的な施策と成果、高い出生率と社会動態が増になった定住や移住促進のための施策、定住コーディネーターの役割、町民や議会の理解はどうか。
【主な視察の目的】●A級グルメ構想の考え方と具体的な内容、成果 ●地域おこし協力隊(耕すシェフ、アグリ男子・女子)の活動内容 ●おーなんアグサポ隊の活動内容 ●観光、農業振興、定住にどのような効果をもたらしているか ●起業家支援 ●食と農の人材育成センターの取り組み内容 ●町民や議会の理解はどうか

岡山県

岡山市
【主な視察の目的】岡山地域は、2014年の「ESDに関するユネスコ世界会議」および関連会議の開催を活かして、世界に誇るESDに関する「岡山モデル」や「岡山宣言」を発信するなど世界の先頭に立ってESDを牽引していることから、ESDの推進体制や公民館・学校などでの実践を視察し、ノウハウを持ち帰ること。
【主な視察の目的】総合特区の事業である「デイサービス改善インセンティブ事業」や「最先端介護機器貸与モデル事業」に関する視察。事業立ち上げ時の懸念事項や、事業運営にかかる諸課題など。
【主な視察の目的】介護保険法の地域支援事業(在宅医療介護連携推進事業)についての岡山市の取り組みに関する視察。
倉敷市
【主な視察の目的】倉敷みらい公園や美観地区など、それぞれのエリアが魅力創出を行い、相乗効果を生み、より大きな賑わいと活力を呼び起こす取り組みを行っている状況が見たいため。
高梁市
【主な視察の目的】●指定管理者制度による図書館運営 ●駅直結の複合施設内に図書館を建設した経緯について
新見市
【主な視察の目的】2017年度にリニューアルオープンしたため。
瀬戸内市
【主な視察の目的】多角的に実施している移住・定住に関する取り組みを参考にするため。

広島県

広島県
【主な視察の目的】クルーズ客船入港時に必要となる建物、観光案内などのクルーズ客船受入体制を視察すること。
【主な視察の目的】開発技術に関する情報収集のため。
【主な視察の目的】イノベーション関連施策の取り組み状況や成果に関する調査。
福山市
【主な視察の目的】事業実施の経緯や実態、成果を視察し、同様の取り組みを導入する際の検討材料とするため。
【主な視察の目的】自転車ネットワークの形成がすでに行われている都市として、また、自転車利用促進プランについては国が自転車活用推進法を策定する動向を受けて、自治体としての対応について参考とするため。
府中市
【主な視察の目的】●小中一貫教育を導入する際の優先事項・配慮事項 ●義務教育学校などに移行する際の教育施策観 ●「教育課程の特例」の活用がひらく可能性と未来像 ●コミュニティ・スクールとの関連性 ●人口減対策への教育施策面のアプローチ
【主な視察の目的】●コミュニティ・スクールの機能を活かす教育施策観 ●小中一貫教育、特に「教育課程の特例」との関連 ●教育の機会均などの理念と、地元を知る学びの関連 ●将来の地元の若者づくりへの学校教育の関与 ●「学校づくり」と「地域づくり」双方への関心 ●アントレプレナーシップカリキュラムの展開手法
【主な視察の目的】議会改革の取り組みとしてのタブレット導入の経緯、導入に伴う手続きや経費、導入後の議会運営や運用方法、導入による効果などの調査のため。
三次市
【主な視察の目的】タブレット導入に向けた検討のため。

山口県

山口県
【主な視察の目的】山口県におけるコンクリート構造物品質確保の取り組みの概要把握、土木コンクリート構造物の品質向上の効果確認など。
【主な視察の目的】コミュニティ・スクールを全県導入するに至った経緯。コミュニティ・スクール導入に当たっての県教委の施策。 コミュニティ・スクール導入による成果と課題。
【主な視察の目的】新船の航海計器、機関、無線装置、調査・観測機器などの装備状況と建造後の実際の使用状況(使い勝手)について確認するためと考えられる。
下関市
【主な視察の目的】事業を導入された経緯、事業の概要および特色、教育委員会の取り組み、成果と課題などについて。
【主な視察の目的】次世代育成支援拠点施設や複合施設の導入を検討している都市からの先進地視察のため。導入までの課題、導入および運営経費、設置効果と今後の課題、一時預かりについて、ボランティア運営手法について調べること。
【主な視察の目的】長州出島の整備状況、運営状況および大型クルーズ客船の受け入れ態勢について。
宇部市
【主な視察の目的】宇部市障害者就労ワークステーションの取り組みなど。事業の概要、事業実施による効果、今後の課題について。
【主な視察の目的】●ときわ公園活性化の取り組みについて ●ときわ公園活性化基本計画 ●ときわ公園エコパーク化 ●チームラボ・植物館の管理運営(ときわミュージアムにおいて世界に類を見ないデジタルアート作品で注目を集めるチームラボのアート展を開催) ●TOKIWAファンタジアの管理運営(コンテスト形式のイルミネーションイベント)
【主な視察の目的】●わたくしたちの道づくりサポート事業の取り組みなど ●事業の概要 ●事業導入の経緯、メリット・デメリット ●事業の実績、実施件数 ●事業実施による効果 ●事業に対する今後の課題など
防府市
【主な視察の目的】介護保険制度の枠組みの中で、介護予防教室に加えて移動支援・買い物支援を行っている全国的に珍しい取り組みであるため、それぞれの自治体で参考にする目的で視察したと考えられる。また、地域と介護事業所、社会福祉法人、一般企業、行政が協働して作成した事例という点も視察に来られる理由だと考えられる。(現在各自治体が苦戦している地域づくり・生活支援サービスづくりの好事例であるため)。
岩国市
【主な視察の目的】視察団体は市町市議会、市教育委員会が中心であるが、共通していたのは今後コミュニティ・スクールを導入予定という点である。そのため、導入のメリットやデメリット、留意すべきこと、特徴的な成果などに関する質問が多かった。先行事例を知り、円滑な導入に向けての諸準備を進めることが目的と考えられる。
柳井市
【主な視察の目的】先進地視察のため(詳細は不明)。
周南市
【主な視察の目的】●施設整備の経緯について ●施設の概要や管理運営体制について ●民間活力導入のノウハウとその効果について ●施設整備による周辺市街地への波及効果ついて ●抱える課題と今後の事業展開について
【主な視察の目的】道の駅の新設を検討中、又は既設の道の駅のリニューアルを検討している自治体が、以下のような内容を目的に視察された。●中山間地域の集荷システムを一歩進めたヤマト運輸との三社連携協定について具体的にどのような取り組みを行っているか ●道の駅の運営体制、組織体制、出荷者との連携など、実際の運営状況について具体的に知りたい ●出荷について手数料をどのように設定しているか ●どのようにして商品を集めているか ●指定管理者と行政との連携について
【主な視察の目的】●公共施設の老朽化問題について、公共施設など総合管理計画は策定したが、今後どのように実際の事業を進めていけばいいか(延床面積削減手法、地域住民との協議手法) ●公共施設の老朽化問題について市民への周知方法 ●現在の執行部の施設再編、再配置の進め方はこのままで良いのか、何を重要と考えて進めるべきなのか ●庁内の推進体制(統括部署)について

徳島県

徳島県
【主な視察の目的】通常のアンテナショップとは一線を画したコンセプトにより、多くの方が施設を利用するとともに、都内の飲食店やホテルなどに徳島県の食材調達が広がるなど、目に見えた形で波及効果が見えているため。
【主な視察の目的】東京オリンピック・パラリンピックを控え、日本の地方部が観光地として選択されるよう、全国各地がコンテンツ磨き上げや受入環境整備、プロモーション活動などに注力している。そらの郷は、DMOとして官民連携・複数市町での広域連携により、地域が一体となったプロモーション活動、受入環境の整備、滞在コンテンツの充実強化などの活動を実施し、全国初の「日本版DMO」に登録された。日本版DMOは、国の関係省庁からの支援制度の対象となるため、先進事例として視察された。さらに2018年3月に当地域は「世界農業遺産」に認定され、注目されるようになったことなど。
【主な視察の目的】●政府機関係機関の地方移転に向けた取り組み、進捗状況の把握 ●テレビ会議システムやタブレット端末を利用したテレワークなど働き方改革のモデルとしての視察 ●「若者向け消費者教育」や「エシカル消費」など最新の消費者行政 ●消費者教育施策の把握
徳島市
【主な視察の目的】指定管理者制度を導入していること、駅前商業ビル内に移転したこと、注目度が高まってきた電子書籍を導入しているなど先進的な事例について。
【主な視察の目的】各自治体において、川を生かしたまちづくりが行われている中、徳島市では、目指す将来像「笑顔みちる水都とくしま」を前面に掲げ、県などとともに行ってきた、ひょうたん島周辺の整備、LED景観整備や、ひょうたん周遊船などは、魅力あるものである。加えて、ひょうたん島周遊船を観光目的の他、市民の新たな移動手段として活用しようとする「ひょうたん島川の駅ネットワーク構想」は、全国的にも新しい試みで、そうした施策の先行事例として視察に来ていると考えられる。
鳴門市
【主な視察の目的】当場の地域開放型施設としてのコンセプトや、様々なイベントを開催しているため、レース観戦だけでなく、地域のコミュニティづくりや賑わいづくりに貢献していることなどが評価されている。また、敷地内に整備したウズパークは、東京オリンピック種目に選定されたスケートボードや3×3ができるバスケットボールコートなどが無料で利用できるため、オープン以降、県内外の多くの家族連れが利用し、賑わいづくりやスポーツ振興に大きく貢献していることが総合的に評価され、全国から視察などがあった。
【主な視察の目的】企業の生産活動は大規模企業の影響を強く受けるが、鳴門市にある企業は従業員数が30人未満の中小規模の企業がほとんどであり、それら企業の経済活動の動向は市民生活に直結する。そのため、大企業だけに頼った地域経済から、地元の企業が元気に経済活動を推進していける環境を整えた地域経済を目指して取り組んでいるEG鳴門が、他の市町村の共感を呼んで、その成果や波及効果、事業実施までの経緯や見えてきた課題などの情報を得ようと、視察に訪れるものと考えられる。
【主な視察の目的】●市町村に配偶者暴力相談支援センターを設置した経緯や設置の効果・メリットを知るため ●視察自治体において、将来的に配偶者暴力相談支援センターを設置するためのノウハウを知るため
三好市
【主な視察の目的】●サテライトオフィス誘致に至った経緯 ●三好市内のサテライトオフィス ●三好市の支援策について ●サテライトオフィス誘致セミナー ●現地研修会 ●受け入れ態勢について ●地域を挙げてのバックアップ体制について
【主な視察の目的】●訪日外国人誘客の取り込み ●観光協会の役割 ●ホテル等宿泊施設との連携 ●観光振興における課題について
【主な視察の目的】●施設の活用方針、募集要綱策定までの経緯 ●活用事業所への財政的支援 ●事業の取り組みに対する成果と課題について

香川県

香川県
【主な視察の目的】●国際芸術祭による地域活性化や離島振興の効果など、文化・芸術による地域づくりの在り方について参考にするため ●少子高齢社会における公共施設の活用方法について参考にするため
【主な視察の目的】地方自治体の視察受入れについては、各県の農業試験場の研究員や農業行政担当者の視察が多く、香川県の農業試験研究の取り組み状況について情報収集に訪れている。
【主な視察の目的】構成団体間での合意形成の進め方、広域化に当たっての情報システムの統合内容、入札・契約方法の統一方法、職員の身分移管や勤務条件の決定方法などの参考にするためと考えられる。
高松市
【主な視察の目的】一人暮らし高齢者や高齢者のみの世帯の増加、人口減少、地域での人間関係の希薄化など様々な課題がある。高齢者の介護予防や健康づくりなどを推進し、高齢者の孤立化の防止や健康寿命を延ばすことなどを検討している自治体が、本事業の実施にいたった経緯や背景、取り組み内容、事業効果、今後の課題などを調査している。
【主な視察の目的】多核連携型コンパクト・エコシティ推進計画の概要、計画策定の経緯、計画を実施するにあたって配慮した点について、実施事業について、今後の課題・推進体制など。
【主な視察の目的】子育てを支援する事業を実施するに当たり、整備する施設の内容・運営方法などの調査のため。
丸亀市
【主な視察の目的】自主防災活動の取り組み内容や成果、課題など。
【主な視察の目的】丸亀市の地域活動の特徴であるコミュニティ組織の運営をまちづくりの参考とするため。
【主な視察の目的】舟券売り上げの増加や新たなファン獲得に向けた取り組み。

愛媛県

愛媛県
【主な視察の目的】サイクリングロードの整備およびサポート体制、サイクリングツーリズムの取り組み、自転車新文化の推進、しまなみ海道サイクリングの取り組みなど。
松山市
【主な視察の目的】詳細な視察目的については、把握していない。
【主な視察の目的】詳細な視察目的については、把握していない。
【主な視察の目的】視察団(議員)の詳細な目的については把握していない。
今治市
【主な視察の目的】環境への負荷軽減が叫ばれる中、住民の自動車依存を減らし、健康増進や交通混雑の緩和などの社会的効果が期待できる自転車利用へのシフトを図る自治体は確実に増えている。さらには昨今の自転車ブームも相まって、誘客も期待できるとなれば尚更である。また、2017年5月の自転車活用推進法の施行により、国も省庁の枠を超え、全庁体制で自転車活用を推進すると決定したことから、自転車を活用したまちづくりを推し進め、観光振興などによる地域活性化を図る狙いがあると考えられる。
【主な視察の目的】地元地場産業の振興のため、今治タオルプロジェクトへの取り組み経緯、一定の成果が出るまでの苦労話、人材育成の取り組みなどを調査・研究するため。
【主な視察の目的】わが国の農業、水産業については、後継者不足や国外から安価な産品の導入などにより、将来の安定的な供給が難しくなるおそれがある。そのなかで生産者と消費者それぞれにメリットがある「地産地消」は重要なテーマとなっており、市内全小中学校給食現場での地産地消が実践されている今治市の取り組みを参考とするためであると考えられる。
八幡浜市
【主な視察の目的】グランドオープンから現在までの5年間の全てで年間100万人以上の来場者があることから、その魅力を調査・研究するためと考えられる。
新居浜市
【主な視察の目的】公共施設の維持管理計画策定にあたり参考とするため、また予防保全による施設の長寿命化、施設のライフサイクルコスト低減および更新費用の平準化の手法について参考とするため。
【主な視察の目的】新居浜市と同様にものづくり産業が盛んな自治体において、地元企業の発展およびブランド化の参考とするための視察が多い。
四国中央市
【主な視察の目的】●施設設置までの経緯と目的 ●施設概要と事業概要 ●施設の利用状況の推移 ●運営形態、人員体制および予算 ●利用者の評価 ●他の子育て支援施設との連携状況 ●今後の課題、など
西予市
【主な視察の目的】昨今の働き方改革に対する新たな取り組みを行っている自治体への視察によって、自分のところでもできることがないか模索するためと考えられる。
【主な視察の目的】今後タブレット端末の導入を検討している、または実施予定、そして実施が決定されている自治体が、複数の事例を視察検討し、より良いものと取り入れ、運用していこうとしていると考えられる。

高知県

高知市
【主な視察の目的】県・市が共同した施設整備や運営、また3館の事業などについて今後の参考とするため。
【主な視察の目的】子どもによるまちづくり活動を推進する取り組みは全国でも展開しているが、高知市の子どもたちのまちづくり活動の提案に対し、子どもたちが助成(応援する)決定を行うという子どもの目線による取り組みは全国でも例がなく、制度概要、効果などについて、制度発足以降、全国からの視察が多数ある。
【主な視察の目的】高知市の取り組みの状況についての確認および現地確認のため。
南国市
【主な視察の目的】●巨大地震災害に対する取り組み ●津波避難タワーの見学
【主な視察の目的】子どもの食育、給食内容について。
大川村
【主な視察の目的】地方議会全般の視察。
中土佐町
【主な視察の目的】事例調査、同様施設の整備もしくはリニューアル、地域の課題解決のため。
【主な視察の目的】景観に調和させたデザインで観光面でも活用される避難タワーをはじめとする南海トラフ地震対策全般について。
日高村
【主な視察の目的】主として、施設見学や各自治体の今後の図書館運営に関しての意見や情報交換のため。

九州・沖縄

福岡県

福岡県
【主な視察の目的】国内ついては、主にスポーツ振興事業・タレント発掘事業に関する内容が主である。国外については、オリンピックにおける事前キャンプとして、トレーニング施設、宿泊施設、測定などを目的とした内容が主である。
【主な視察の目的】ウーマンワークカフェ北九州における国・県・市の三者連携事業は、全国初の取り組みとして実施しているためと考えられる。なお視察対応は、北九州市が担っている。
【主な視察の目的】果樹栽培などにおける新技術開発の取り組みについて。
福岡市
【主な視察の目的】福岡市の創業支援の取り組みを調査し、各団体の活動に活かすため。
【主な視察の目的】国内の地方自治体・地方議員に関しては、官民協働事業および類似施設(科学館、博物館など)整備の先進事例としてヒアリングを行うことを目的とした視察が多いと見られる。 また、海外の地方自治体に関しては、福岡市の観光拠点施設の一つとして館内を見学することを目的とした視察が多いと見られる。
【主な視察の目的】●クルーズ船によるインバウンド・アウトバウンドの状況 ●ターミナル施設の概要 ●クルーズ船受入体制 ●岸壁などの整備状況
八女市
【主な視察の目的】事業の導入経過、導入手法、効果、課題などについて。
【主な視察の目的】●保存・修景・町並みの維持に関する視察 ●町並みの活用方法の検討
筑後市
【主な視察の目的】誘致に至る経緯(議会の取り組み・市民を巻き込んだ誘致活動)についての質問や、誘致後の経済的・社会的な波及効果についての質問が多い。あまり知名度のない小さな市が誘致に成功したので、全体的な流れを含め興味を持たれているようだ。
【主な視察の目的】全国的に地方の人口減は大きな課題であり、取り組み内容やその効果に興味を持ち視察先に選ばれていると思われる。
【主な視察の目的】地方自治体の財政運営は年々厳しくなり、市民協働による地域環境保全は手法や費用対効果について興味の持つ分野であると思われる。
筑紫野市
【主な視察の目的】これから新しい庁舎を建てようとする自治体において、どのように進めていったかを知るため、と考えられる。
【主な視察の目的】●コミュニティ先進地として、協議会などの設立、運営ノウハウを学ぶため ●コミュニティ運営協議会事業の内容や組織体制を知るため ●市としての財政支援、人的支援について情報を得るため ●課題の洗い出しや共有をするため ●地域の役員などの生の声を聞くため
春日市
【主な視察の目的】地方教育行政の組織および運営に関する法律が2017年度に一部改正され、コミュニティ・スクールの導入が努力義務化されたことに伴い、先進導入団体として視察を受けることが増加している。コミュニティ・スクールの導入経緯、特徴、苦労した点、成果などについて聞かれたり、アドバイスを求められたりすることが多い。
【主な視察の目的】●連続事業を実施するに当たっての情報収集など ●課題と課題解決方法 ●地元住民に対する情報提供と事業の合意形成 ●施行者(都道府県)と地元市との連携 ●地元市が一体的に実施する事業の必要性 ●地元市負担金と財源確保、など
【主な視察の目的】議会だよりのリニューアルの経緯と効果、市民の反応について、またFacebook、Webサイトの活用方法について、議員から直接話を聞くこと。
大野城市
【主な視察の目的】大野城市の「まどかフロア」の取り組みを自身の自治体に取り入れる、または取り入れるように議会で提案することが目的と考えられる。なお、自治体からの視察は庁舎の建替えを機に、窓口改善に取り組むケースが多いように感じた。
【主な視察の目的】行政評価の手法の参考とするため。フルコスト計算書診断、初期診断、民間活用のあり方診断、業務、システム最適化診断、人財の育成と活用診断といった多角的な行政評価について。
【主な視察の目的】施設新規創設、施設運営など状況調査など。
宗像市
【主な視察の目的】道の駅を中心とした観光施策の策定の参考にするため。
【主な視察の目的】主に世界遺産を保有する自治体が視察に訪れており、資産の適正管理についての情報収集を行うため。
【主な視察の目的】空き家対策のみならず、利活用も含めた部分で民間事業者をかかわらせた事例の参考のため。
古賀市
【主な視察の目的】学校教育において確かな学力と豊かな人間性を育む上で、効果的な教育施策について、(1)具体的取り組み内容、(2)取り組みを推進するための仕組み、(3)取り組みを支える基盤づくり、(4)取り組みの成果について情報収集することを目的としている。
福津市
【主な視察の目的】コミュニティ・スクール導入に向けて。
【主な視察の目的】●ささえ合い協議体の活動内容(生活支援コーディネーターの選定や設置、取り組み内容、住民や事業所との関わりなど) ●居場所づくりの経緯(主に、サンクス)
【主な視察の目的】●古墳群の歴史的価値 ●世界遺産登録活動(宗像市・福岡県との協議会活動を含む) ●今後の整備計画について ●景観計画について
朝倉市
【主な視察の目的】いつどこで災害が起きてもおかしくない中、災害が起きれば自治体の的確な初動対応、国や県、他市町村などからの支援を受けながらの状況に応じた災害対応が求められ、被災者に対しては暮らしの再建のための息の長い支援が必要となる。また、地方議会としても、非常時の体制を日頃から検討し行動マニュアルなどを策定しておくことの重要性が認識されてきており、被災自治体の経験の中から今後に生かせる知見を求めて視察に来ていると思われる。
【主な視察の目的】導入後、一定期間実績のある朝倉市を参考に新庁舎建設における総合窓口サービス(ワンストップ窓口)の新規導入などを検討していると考えられる。
【主な視察の目的】少子・高齢化や車中心の生活などの社会的要因により利用者は年々減少し、公共交通の維持にかなりの行政負担が生じている。そこで、朝倉市のコミュニティバス事業における事業概要、現状および課題、今後の方向性を説明受けたうえで、持続可能な施策の参考にされているものと考えられる。
大刀洗町
【主な視察の目的】人口減少・定住促進施策の検討。

佐賀県

佐賀県
【主な視察の目的】佐賀県の取り組みが日本テレワーク協会から「第16回テレワーク推進賞」会長賞、全国知事会から先進政策のうち「優秀政策」を受賞するなど、自治体としては先駆的かつ継続的な取り組みとして評価されていることから、各自治体でテレワークの推進を実施または検討する際の参考とする自治体・議会が多いように感じられる。
【主な視察の目的】先進地視察(参考:平成30年度の視察自治体)長崎県、山口県、鹿児島県、九経局、大分県産業科学技術センター、香川県産業技術センター。
【主な視察の目的】スポーツ庁が2017年に策定した第2期スポーツ基本計画にも盛り込まれ、国内で相次いで設置が進められている「地域スポーツコミッション」に関し、都道府県レベルで初めて設置されたスポーツコミッションとして、他自治体における組織づくりや取り組みの参考として視察したと考えられる。
唐津市
【主な視察の目的】九州オルレ唐津コースのコース設定の経緯や国内外への広報・PR方法、コース認定による観光面での効果などを調査するため。
【主な視察の目的】「唐津市再生可能エネルギーなどの導入などによる低酸素社会づくりの推進に関する条例」を制定した背景や、市としての取り組み状況、企業誘致の状況などを調査するため。
【主な視察の目的】唐津市ICT機器整備計画の概要や、機器整備状況、成果や課題などを調査するため。
多久市
【主な視察の目的】多久市は、シェアリングシティ宣言を行い、シェアリングエコノミーを活用している自治体として、雇用の拡大と観光資源の開発に取り組んでいる。このため、全国の自治体の中でも、より具体的に動いているため、視察が多かったのではないかと考えている。ITを活用した新たな取り組みとして、シェアリングエコノミーを活用した地域の課題解決に取り組むためのきっかけづくりにしたいのではないかと思われる。
【主な視察の目的】ハード整備や電子黒板およびクラウドなどを活用したICT利活用教育について、多久市における取り組み状況を参考とするため。
【主な視察の目的】小中一貫教育・義務教育学校の検討、導入に向けての課題や効果など、多久市における取り組み状況を参考とするため。
武雄市
【主な視察の目的】図書館施設の見学、運営方法など。
【主な視察の目的】新しい庁舎の特徴として、365日開放している1階ホールや3階テラス、ワンストップサービスを実施している窓口の雰囲気などに興味を持つ人が多い。健康づくりを意識した空間づくりやサイン計画などを参考としている。
【主な視察の目的】これからのICTを活用した教育環境推進の参考とする目的で、全国に先駆けていち早くICT利活用教育を取り入れた武雄市の状況を視察すること。
基山町
【主な視察の目的】約20年で2000人の人口減少を受け、定住促進の部署を新設し、さまざまな定住促進施策を実施した結果、人口減少に歯止めをかけた。各種事業には地方創生交付金などを活用し、庁内の部署が連携して人口増対策に取り組んでいる事例などを質問されるケースが多い。また、定住促進課では、常に新しい施策に取り組み、この3年間で10本を超える新規事業を企画・実施しているところも評価された。
みやき町
【主な視察の目的】PFI手法を活用した集合住宅(地域優良賃貸住宅)や戸建て住宅の整備手法と、民間企業が行う宅地造成支援などの官民連携による住宅対策の視察。PFI手法を活用することによって、町の実質的な財政負担が無く、住宅整備ができるとともに、地域活性化の効果も期待できる。また官民連携による住宅対策の実施により、平成25年度から6年連続の転入超過を実現し、平成30年度には人口増加へと転じている。
【主な視察の目的】返礼品の充実や、寄附項目を明確化したことにより多額の寄附が集まり、マスコミなどでも取り上げられ注目された。 その手法や、取り組みについての研修目的での視察が多かったと考えられる。
【主な視察の目的】みやき町で行っている定住総合対策事業の一環として、PFI方式などによる住宅開発施策などを行っているとともに、子育て世帯の転入などの増加に伴い、地域子育て支援拠点事業や出生祝金の支給などの「子ども・子育て支援事業」の内容などを確認するため。

長崎県

長崎市
【主な視察の目的】主に事業概要やこれまでの実績についての視察が多いが、視察に合わせて実際にまちなかへ出て、現地視察を希望する人が多い。
【主な視察の目的】「国際観光客誘致プロジェクト」の取り組みやまち歩き観光「長崎さるく」事業の取り組み、クルーズ船の受入などを目的とした視察が多い。
【主な視察の目的】「長崎市版地域包括ケアシステムの構築」の説明や「長崎市包括ケアまちんなかラウンジ」の現地視察を目的としている。
大村市
【主な視察の目的】核家族化が進み、以前よりも親が子育てで抱えるストレスが増えている現在、親子が安心して遊び、親子同士が交流できる場を提供することが、子育て支援の重要施策と認識したと考えられる。
【主な視察の目的】コストをかけずにアイデアを出し、既存の資源を活用して中小企業や個人事業者をサポートするという、新たな産業支援施策を調査・研究するため、と考えられる。
五島市
【主な視察の目的】浮体式洋上風力発電「はえんかぜ」の視察。
【主な視察の目的】他市町におけるICT機器を活用した鳥獣害対策の現状把握。
南島原市
【主な視察の目的】事業に取り組んだ経緯からこれまでの流れ。受入環境の整備。施設改修補助。誘客方法。実施主体である一般社団法人 南島原ひまわり観光協会との関わりについて。
時津町
【主な視察の目的】時津町と同時期にファイリングシステムを導入し、外部指導から自主管理に移行した市から、同様の環境である時津町を視察したいとの依頼があった。他には、文書管理の適正化に向けた調査および検討を行っており、文書管理における先進的な取り組みが行われているとして、時津町の状況を調査したいとの依頼があった。

熊本県

熊本市
【主な視察の目的】平成28年熊本地震によって被災した熊本城の被災状況および復旧状況把握のための視察。
【主な視察の目的】各自治体などで今後、可燃性一般廃棄物処理施設を整備することに際して、その準備のために、DBO方式による施設の整備、運営を行っている西部環境工場について視察される事例が多い。その際に質問される事項としては、契約発注時の各種手続きや実際の運営上における注意点、疑問点についてが大部分であり、熊本地震の発災時の状況やその後の対応などへの質問も多い。また、ごみの焼却熱を最大限発電に利用でき、最新の燃焼技術を基に建設されているごみ焼却施設や、余熱利用施設への温水電力供給状況についての視察を目的とされている場合もある。
【主な視察の目的】今後、いつどこで発生するか分からない災害に備え、被災自治体の対応や事例などを学び、防災施策に生かすため。
八代市
【主な視察の目的】平成29年度に熊本県内で初めての地域公共交通再編実施計画を策定し、路線バス運賃上限200円制の導入や、路線バスの乗合タクシーへの転換などを実施したこと。また、市街地と山間部それぞれに市街地循環バス(いわゆるコミュニティバスにあたる事業)や乗合タクシーを導入していることが要因であると考えられる。
【主な視察の目的】●フードバレーやつしろ事業開始の経緯、背景、事業内容など ●事業の効果、事業の推進体制 ●農林漁業者の要望などへの対応(市の役割、支援、PRなど) ●現在の課題、今後の事業展開について
【主な視察の目的】八代市では、教育におけるICT活用を推進し、市内の各小中学校にタブレット型パソコンの導入を進めており、2016年から2カ年にわたって八代小学校および千丁中学校を研究指定校として、「教育におけるICT活用の研究」を推進してきた。 八代小学校は、研究指定を終えた2018年度も、学校独自で研究を継続し、学力向上の面などで大きな成果を残している。八代小学校の取り組みは教育関係の諸メディア(雑誌など)で紹介されたこともあり、各方面で注目されたものと考えられる。
荒尾市
【主な視察の目的】PFI法に準拠した民間提案制度を活用した点、4条系工事業務を包括委託できた点、包括委託後の効果について、などが考えられる。
玉名市
【主な視察の目的】庁舎建て替えを検討中、近年建て替えを行った自治体による、それぞれの段階の現状や課題を把握するために視察が主である。
【主な視察の目的】玉名市の、取り組み体制や生産者への補助金交付、支援体制について。
【主な視察の目的】今後、大河ドラマの舞台になる自治体や誘致を行なっている自治体から、PR事業やドラマ館の運営などについての視察が主である。
宇土市
【主な視察の目的】地震が発生した場合の対応や、防災、復興への取り組みについて学ぶため。
上天草市
【主な視察の目的】窓口民間委託導入経過、民間委託の内容、民間委託の効果、プロボーザルの内容、委託後の問題点や課題など、偽装請負問題への対応、市民の反応や評価について。
【主な視察の目的】農林水産物を取り巻く環境や6次産業について、各市町規模感は異なるが、上天草市と同じような課題をもつ自治体が多い印象がある。上天草市は、平成22年12月3日公布の六次産業化・地産地消法に基づき、同年から6次産業化の取り組みをはじめていることから、これまでの6次産業化事業のトライエラーに関する情報収集が主な目的と考えられる。
宇城市
【主な視察の目的】●導入に至った経緯 ●経費と削減効果 ●職員への周知や意識付け ●導入業務の選定方法、などの取り組みを実際にRPAの動作を確認するなかでより理解を深めるため
【主な視察の目的】初動対応、避難所運営、被災者支援など、どのように行ったか学ぶため。
【主な視察の目的】施設統廃合での活用や財務会計システムでの自動仕訳など公会計推進の取り組みを学ぶため。
南阿蘇村
【主な視察の目的】熊本地震からの復旧状況、取り組みの研修視察について。
水上村
【主な視察の目的】施設の充実度やスポーツ振興、合宿誘致について学ぶため。

大分県

大分市
【主な視察の目的】文化施設の建設を検討している地方自治体やその議会議員が多く視察に訪れた。主な視察ポイントは「基本構想の策定から完成までの過程」「施設管理、運営状況」「稼働状況」「現状の課題・問題点」など。
【主な視察の目的】大分駅周辺総合整備事業の事業内容と効果について。
中津市
【主な視察の目的】中津市議会の特色ある取り組みで、「議会改革マニフェスト」の創る議会として、議会本会議において議員間討議を行う「自由討議」を議事日程に入れ、インターネット中継などを行っていることから、この「自由討議」を視察目的としている場合が多いと考えられる。
臼杵市
【主な視察の目的】臼杵市の移住・定住施策を参考にして、自治体の施策を充実させるため。
【主な視察の目的】●高い参加率につながった取り組み方法を知るため ●運営方法を知るため ●現場(病院、調剤薬局、消防署など)での活用方法を知るため ●効果を知るため
【主な視察の目的】「土づくりセンター」が、有機農業の「核」施設であるため、市としてどのような活用をしているのか、「ほんまもん農産物」の生産と併せ、先進地としての取り組みを視察研修していことが考えられる。
豊後高田市
【主な視察の目的】商業と観光の一体的振興と昭和30年代をテーマとした特色ある商店街づくりが成功事例として国などに評価されており、その手法や取り組みについて視察に訪れる人たちが多いと見られる。
【主な視察の目的】豊後高田市では早くから定住人口の促進に目を向け市を挙げてさまざまな分野で移住定住支援の事業に取り組んでいる。平成26年度~平成30年度の5年連続の社会増を達成しており、取り組みの成果が現れていると考えているが、そういった取り組み状況について視察に訪れていると考えられる。
【主な視察の目的】地方でも都市部以上の充実した学習環境を整えようということで始まった取り組みだが、低迷していた子どもたちの学力は、開始から数年で小中学生の全国学力テストなどでは、県内でもトップレベルとなるまでになった。このような実績もあり、その手法や取り組みについて視察に訪れていると考えられる。

宮崎県

宮崎県
【主な視察の目的】フード・オープンラボは、食品製造の営業許可を取得しての製造・販売が可能、小ロット製造に適した施設規模であり、展示会出展やテストマーケティングなどのための試作が可能、基礎からの衛生管理・品質管理の体験が可能、HACCPに準拠した施設であるといった特徴を有している。主に設備や運営方法、企業支援および商品化事例についての視察。おいしさ・リサーチラボは、食品の官能評価を適切に実施するための施設で、国際基準であるISOに準拠して設計されている点に特徴がある。主に建物の構造設備や運営方法についての視察。
宮崎市
【主な視察の目的】公共施設マネジメントを推進していく中で、取り組みの概要や現状、課題などを参考とする目的で視察したと考えられる。
【主な視察の目的】市街地再開発事業により整備された施設であり、整備の経緯、施設概要、各種展示・イベントなどの取り組み、施設見学を目的として視察したと考えられる。
日南市
【主な視察の目的】子育て支援センターの施設概要や職員の配置状況などの運営、飫肥杉などの木材使用の関係。さらに、建設にいたる経緯や市民などの関わり方、木育などのセンターでの事業実施の内容。
【主な視察の目的】専門人材と地域住民とのつながる手法、にぎわいづくりの会社の設立による自走を目指した若手の人材確保と育成の手法、住民意識の変革と意思統一の手法、IT企業のオフィスを空き店舗に誘致することによる新しいカタチの活性化の手法、などを学ぶこと。
【主な視察の目的】商店街再生に次ぐ、新たな民間人登用の経緯、目的、手法など。民間と行政の関わり方、事業推進方法。民間からの投資などを促すスキーム。歴史的に価値の高い建造物の利活用方法、実績など。
川南町
【主な視察の目的】耕作放棄地の解消の活動事例として、視察を受けている。解消の活動と合わせて、子どもたちの食育・芋焼酎製造の農業6次化モデルとして、研修されている。
日之影町
【主な視察の目的】事業の概要、取り組み内容など。

鹿児島県

鹿児島県
【主な視察の目的】クルーズ船が寄港する港湾を管理する自治体が、クルーズ船寄港時の入国などの手続きの迅速化や円滑化を図る観点で、ターミナルの設置に向けた参考にするため。
【主な視察の目的】ブリ、カンパチ種苗生産施設の情報収集について。
【主な視察の目的】開放施設や試験研究などに係る先進事例調査のため。
鹿児島市
【主な視察の目的】類似施設の導入検討や、支援や連携の方法などについての調査。
【主な視察の目的】当施設の概要や開園の経緯、事業に要する費用、利用者の状況などについての調査。
【主な視察の目的】全国に先駆けて取り組んできた明治維新150年カウントダウン事業および大河ドラマ「西郷どん」と連動した観光客誘致に関する取り組みなどを視察し、今後の誘致活動などに活かすため。
垂水市
【主な視察の目的】「観光振興と地域活性化」に資する道の駅の施設整備や事業展開について認識するため。
【主な視察の目的】指定管理について。
日置市
【主な視察の目的】事業開始の経緯、償却費用の削減効果、事業の普及方法、自治会のかかわり方、モニターの反応など。
【主な視察の目的】新規作物としての導入経緯、市民への普及方法、商品化への取り組み、民間企業との連携について。
志布志市
【主な視察の目的】ゴミ分別の取り組みや使用済み紙おむつを洗浄・分離し、衛生的で安全な上質パルプとして再資源化する取り組みについて、先進地であることから研修を目的に視察されていると考えられる。
【主な視察の目的】志布志市の主な取り組みとして、ホームページなどの各メディアからの情報発信、東京駐在所を中心とした首都圏での周知活動を実施し、その結果、寄付額が年々増加しており、それに伴い、特産品や「志布志ブランド」の認知度を高めることとなり、地場産業の育成にもつながっていることから視察されていると考えられる。
湧水町
【主な視察の目的】川内川汚染に関する状況の確認と対応の協議について。

沖縄県

那覇市
【主な視察の目的】議会基本条例制定やタブレット端末の導入、議会報告会の開催、議会運営、円形議場について。
【主な視察の目的】若狭公民館の指定管理者による運営について(直営公民館と若狭公民館との違い、自治会加入率、連携している機関、好評な講座や企画、指定管理運営費、館長としてのやりがい、キャリア教育の取り組みについて、パーラー公民館の事業について)。
【主な視察の目的】当該事業の内容、実施の成果と今後の課題など。
名護市
【主な視察の目的】6次産業化の取り組みや施設の運営などについて。
【主な視察の目的】特区を活用した企業誘致・雇用創出の取り組み状況把握のため。
【主な視察の目的】自転車のまちづくりの取り組み状況について。
宮古島市
【主な視察の目的】離島における環境エネルギー関連の取り組みを視察するためと考えられる。閉じた環境であり、課題や効果が分かりやすいとの指摘が多くあることから、離島ならではの取り組みに関心が寄せられていると考えている。
【主な視察の目的】近年観光産業が好調であるため、視察されたと考えられる(沖縄県全体でも好調であるが、その中でも伸び率が特に大きい)。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/100400019/100700003/