「運営重視型PPP」のススメの第4回目となる今回は、築100年近いれんが倉庫の改修による美術館「弘前れんが倉庫美術館」や周辺緑地をPFI-ROで整備する事業「吉野町緑地周辺整備等PFI事業(青森県弘前市)」を紹介します。美術館では、学芸部門を含む運営全体を事業範囲に含めて、民間事業者が運営に取り組んでいるところです。

事業概要の紹介:PFIで築100年近いれんが倉庫を改装して美術館に

 人口約16.9万人(2021年1月1日時点)の青森県弘前市は、かつて津軽藩城下町として栄えた北東北の中心的都市です。JR弘前駅から弘前公園、市役所等までのエリアが面的な中心市街地として広がり、れんが造りや石造りなどの近代建築が多く現存する趣のある街並みを形成しています。

 その中心市街地の中に、日本で初めて大々的にリンゴ酒「シードル」を醸造したれんが倉庫「吉野町煉瓦倉庫」(旧吉井酒造煉瓦倉庫、既存部分建設時期:1923年ごろ)が保存されていました。弘南鉄道大鰐線の「中央弘前駅」南側にある土淵川吉野町緑地に隣接し、風雨にさらされながらも、アート作品の個展やコンサートなどの会場としても市民に利活用されていました。また、弘前市出身で人気の現代美術家・奈良美智氏が展覧会を開催するなど、このれんが倉庫は、市外でも知られる存在でした。

 弘前市は、市民の文化・芸術・交流の拠点としての活用を考え、民間所有であった同れんが倉庫を買い取り、2016年6月には「(仮称)吉野町文化交流拠点基本計画書」を策定し、次世代のアーティスト・クリエイターが育つ文化芸術の創造・交流の拠点(クリエイティブ・ハブ)として位置付けました。施設の目的は、これにより、れんが倉庫が「市民の豊かな生活・新たな賑わい・市内外の集客と交流を創出し、持続可能な都市への発展に寄与する」拠点となることです。このような事業を整備・運営するにあたって、市では、民間事業者のリソースやノウハウが不可欠であるとの判断。PFI事業による事業推進を図ることとしました。

(仮称)吉野町文化交流拠点基本計画書の「コンセプト・基本方針」(出所:弘前市「(仮称)吉野町文化交流拠点基本計画書概要版」2016年6月)
[画像のクリックで拡大表示]

 吉野町緑地周辺整備等PFI事業の事業概要や、整備された弘前れんが倉庫美術館の内外観の様子については、新・公民連携最前線のコンテンツ「フォトリポート 築100年のレンガ倉庫を美術館に再生、弘前市」(2020年12月21日)を参照いただくとして、今回は「運営重視型」の事業スキームを中心に解説したいと思います。

[画像のクリックで拡大表示]
歴史を感じさせる弘前れんが倉庫美術館の外観(写真:2点とも村上昭浩)
[画像のクリックで拡大表示]

 吉野町緑地周辺整備等PFI事業は、築100年近いれんが倉庫をリノベーションして美術館にし、隣接する土淵川吉野町緑地と併せてRO方式で整備。その運営と維持管理を15年間の長期にわたって行うPFI事業です。

 市側は、サービス購入料として、施設整備費(上限25億2900万円)と運営・維持管理費(16億8100万円)を、事業者に支払います。美術館の入館料は、後述のように条件に応じて事業者の収入になる仕組みを取り入れました。隣接するカフェ・ショップ棟は独立採算性の付帯事業で、事業者が自己資金で建物を建設・運営し、その売り上げによって利益を得ます。土地は市有地で、期間約20年の定期借地権を設定しています。

事業スキームの概要(資料:弘前市)
[画像のクリックで拡大表示]

 この事業では、二つの注目すべき手法を取り入れています。まず、歴史的なれんが倉庫をリノベーションするという改修事業をPFIで行ったということです。もう一つは、学芸機能も含めて、民間事業者(アート関連の事業者)に委ねる運営事業スキームとしたことです。いずれも、わが国のPFI事業として初めての取り組みです。

 このような事業を実現するには、事業者には高い能力が求められます。まず、歴史的建造物の耐震補強などについて、技術的課題をクリアすることかできる設計・施工能力が必要です。また、建築全体のデザイン性だけでなく、内部空間における美術館としての利便性、快適性、計画されている展示方針との整合性を備えた空間設計能力を持つ建築設計者の参画も求められます。運営面では、アート分野の運営ノウハウが必要です。

 そして何より、貴重な地域資源であるれんが倉庫を弘前市とともに「クリエイティブ・ハブ」に転用・運営していくことができる、高い見識と公共心を持つ事業者(コンソーシアム)の参画が不可欠でした。