「運営重視型PPP」のススメの第5回目となる今回は、事業廃止後、野ざらしとなっていた旧競輪場を、民間のノウハウにより、「ブランチ大津京」と「近江神宮外苑公園」として再生した「大津びわこ競輪場跡地公募提案型貸付事業(滋賀県大津市)」を紹介します。商業施設と公園の融合をP-PFIの制度化に先駆け実現したことに加え、旧競輪場の解体撤去、公園整備等において、市が財政負担を行わずに実現した事業です。

事業概要:旧大津びわこ競輪場の解体・解体後の敷地利活用を民間活力で

 人口約34万人(2021年3月1日時点)の大津市は、琵琶湖の南西部を囲う形で位置しています。古くは667 年の天智天皇が近江大津宮に都を遷した歴史を持ち、世界遺産の比叡山延暦寺や紫式部ゆかりの石山寺が存し、江戸時代以降は東海道の宿場町として栄えるなど、歴史・文化に富むまちです。

 近江神宮から約1kmの東のびわ湖湖畔に、かつての大津びわこ競輪場が位置していました。

旧競輪場跡地の位置と当時の写真(出所:日本総合研究所)
旧競輪場跡地の位置と当時の写真(出所:日本総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年2月に、旧大津びわこ競輪場を解体するとともに、解体後の敷地を利活用する民間事業者を募集するため、「大津びわこ競輪場跡地公募提案型貸付事業 募集要項」を公表し、公募を開始しました。同年3月に参加表明を受け付けたところ、5者から参加表明がありました。その後、提案内容に関する対話を経て、同年5月に3者から企画提案書の提出がありました。

 同年7月のプレゼンテーションおよび選定委員会による企画提案書の審査を実施。地域の交流促進や活性化にあたり多様なプレーヤーを巻き込んだ先進的な方策が提案されており、当該地域ひいては大津市に新たな人材や産業が創出される可能性が期待される点などが優れるとして、大和リースを優先交渉権者として選定しました。事業規模は総工費約53億円(2017年8月の優先交渉権者決定時の記者会見で公表された計画段階の推定値)、市に支払う賃料は年間約8400万円。2017年11月に基本協定などを締結後、念願の旧競輪場施設の解体に着手することができました。約1年の解体撤去工事の後に、商業施設および公園の工事に着手し、2019年11月にスーパーマーケット、ファストファッション、飲食店舗などが入居する商業施設「ブランチ大津京」がオープンしました。

事業コンセプト
事業コンセプト
[画像のクリックで拡大表示]
事業コンセプト
[画像のクリックで拡大表示]
(出所:大津市、令和元年9月20日生活産業常任委員会資料)
事業スケジュール
2017年2月 募集要項等の公表
2017年3月 事務局による審査の対象となる応募書類(参加表明)の受付締切り
2017年5月 選定委員会による審査の対象となる応募書類(企画提案書)の受付締切り
2017年7月 優先交渉権者の選定
2017年9月 基本協定等の締結
2017年11月 旧競輪場施設の解体着手
2018年10月 旧競輪場施設の解体撤去の完了
2018年11月 事業用定期借地契約の締結及び工事の着工
2019年11月 提供ゾーン(都市公園「近江神宮外苑公園」部分)の大津市への寄付および商業施設「ブランチ大津京」のオープン
2050年4月30日 事業用定期借地契約の終了(予定)