「運営重視型PPP」のススメでは、第7回目となる今回から計4回にわたって「運営重視型PPP」の導入に向けた考え方を施設タイプ別に解説していきます。今回は、公共施設の中でも集客施設としての要素が極めて強く、地域のまちづくりへの貢献が大いに期待され、地域の拠点施設としての役割が求められる観光施設について解説します。

観光施設におけるPPP/PFIの現状

■公立温泉の例(別府市の竹瓦温泉)
別府市の竹瓦温泉は、指定管理者としてケービックスが管理運営を実施している(写真:別府市)
[画像のクリックで拡大表示]

 公共施設としての観光施設といえば、代表的な例として道の駅(または地域の物産館)が挙げられます。都心部にある地域のアンテナショップもこの部類に含まれます。そのほか、全国的に広く設置されている施設として、国民宿舎/公立宿舎、公営キャンプ場、公営海水浴場などがあります。温泉地における公立温泉(温浴施設)もそうですし、公立遊園地を設置している地域もあります。

 こうした公共施設としての観光施設の状況を見てみると、PFI手法の導入事例は少ないですが指定管理者制度の導入事例は多いことが分かります。近年、PFI事業の実施件数は右肩上がりに増加しています。ただし、これまでに実施されたPFIの818事業のうち、観光施設での実施例は数えるほどしかありません。一方で、指定管理者制度の導入状況を見ると、他の施設と比べてもかなり高い導入率(制度導入施設数÷公の施設数×100)となっています。

■PFI事業数の推移
(資料:内閣府)
[画像のクリックで拡大表示]
■過去10年間における観光施設へのPFI手法の導入状況
事業名称 発注者 事業方式 事業年度
米原市観光・レクリエーション関連2施設に係る公共施設等運営事業 米原市
(滋賀県)
コンセッション 2021年
(入札公告)
勝連城跡周辺整備事業 うるま市
(沖縄県)
BTO 2021年
(入札公告)
猪名川町道の駅整備事業 猪名川町
(兵庫県)
BTO 2021年
(入札公告)
旧コンポストセンター跡地利活用事業 所沢市
(埼玉県)
BTM 2018年
南の拠点整備事業(B棟) 垂水市
(鹿児島県)
BTO 2017年
(仮称)お茶と宇治のまち歴史公園整備運営事業 宇治市
(京都府)
BTO 2018年
函南「道の駅・川の駅」PFI事業 函南町
(静岡県)
BTO 2015年
(出典:公表情報を基に日本総研作成)
■指定管理者制度の導入状況(制度導入団体の比率)
出典:総務省「地方行政サービス改革の取組状況等に関する調査等(令和3年3月31日公表)/指定管理者制度の導入状況(制度導入団体の比率)」
[画像のクリックで拡大表示]

 公共施設としての観光施設は、戦後から全国的に一定数が整備されたこともあるため、近年において新たに整備される件数は決して多くはありません。施設の新設か改修事業に導入されることが多いPFI手法が用いられるケースは、さらに少ないと言えます。一方で、既存公共施設に関しては積極的にPPP手法(主に指定管理者制度)が導入されており、多くの公共施設は民間事業者や地域団体などによって運営されています。この状況は、公共施設としての観光施設も同じです。