自治体が出資し、地域の再生可能エネルギーなどを電源として電気販売を行う「自治体新電力」の設立が全国で相次いでいる。民間主導で自治体をまたぐ連携を進める例も出てきている。