地域活性化につながる事業を民間企業が企画し、そこに自治体も協力していく――。そんな取り組みが増えている。行政主導の発想ではない、新しいスタイルの公民連携といえそうだ。