「まずはやってみよう!」の精神が、未来の風景をつくる第一歩となる。

解説:未来の風景をつくる第一歩、社会実験

日本における「社会実験」は、1999年に国土交通省道路局の推進により始まったといわれている。新たな施策を場所と期間を限定して試行することを指す。例えば、この枠組みを利用して道路や歩道などをオープンカフェにすることも可能だ。

公共空間の利活用には、さまざまな可能性がある一方で、制約やハードルが山積みで実現が困難なことの方が多い。そうした制約を一時的に取り払う社会実験は、新しい日常の風景を創り出すための最初の一歩となるはずだ。「特区」のような大きな枠組みでなくてもよい。「社会実験」という小さな一歩が、地域社会にとって偉大な一歩になるかもしれないのだ。

■関連リンク
・公共R不動産「公園のトリセツ:社会実験」
・新・公民連携最前線「社会実験」関連記事