これまで60年以上、人口が増え続けている石川県野々市(ののいち)市。金沢のベッドタウンとして発展してきた街であり、2つの大学を抱える学生の街でもある。土地区画整理事業を通した基盤整備によって市街地を広げていく一方、歴史的な街並みの残る北国街道を軸とする中央地区では公民連携で賑わい創出を図る。まちづくりへの思いを、市長の粟貴章氏に聞いた。

(写真:山岸政仁)
[画像のクリックで拡大表示]

――市長は市の将来像について「野々市版コンパクトシティ」という表現で語っていました。これはどのようなものでしょうか。

 野々市市は、面積13.56m2、人口は約5万1600人です。石川県全体と比べると、面積は300分の1程度ですが、人口は20分の1程度に達しています。つまり、人口密度が高く、既にコンパクトシティと同じように拠点施設が集約された状態にあるわけです。これを「野々市版コンパクトシティ」として明確に打ち出し、その良さを市民が日ごろから実感できるようにしたいと考えています。

――その核となるべく、現在PFIで整備を進めているのが野々市中央地区ですね。

「野々市中央地区整備事業」の位置(資料:野々市市)
[画像のクリックで拡大表示]
「野々市中央地区整備事業」の「文化交流拠点」と「地域中心交流拠点」のイメージ(資料:野々市市 ※ 事業者〔野々市中央まちづくり株式会社、SPC総括代理人:大和リース〕から市に提案のあった計画段階のものであり、変更の可能性がある)
[画像のクリックで拡大表示]

 野々市の人口は確かに増え続けていますが、旧庁舎の残る中心市街地は空洞化が心配され始めています。そこで、旧庁舎を中心とする一帯と石川県立養護学校の統廃合によって生じた跡地をそれぞれ拠点として位置付け、かつての賑わいを取り戻そうという計画です。

 この2つの拠点を結ぶ北国街道を軸とする一帯を中央地区と位置付けています。地区の東には学術研究拠点と位置付けられる金沢工業大学が控えていることから、大学との関係性も意識しています。

 野々市中央地区整備事業では、旧庁舎を中心とする一帯は「地域中心交流拠点」として、新しい中央公民館と市民連携拠点、そして民間商業施設の複合施設を整備し、賑わいを創出していきます。県立養護学校の跡地は芸術・文化に親しむ「文化交流拠点」として、新しい図書館と生涯学習施設の複合施設を整備します。既にPFI事業者との契約を終えて、目下、基本設計を進めている段階です。2017年度に「文化交流拠点」の、19年度に「地域中心交流拠点」の供用開始を目指しています。

――石川県の自治体が手がけたPFIはこれまでに4件(内閣府調べ)。そのうち3件を野々市市が実施しています。民間資金の活用は、いつごろから意識していましたか。

 市制に移行する前、2007年6月に町長に就任した時から意識していました。行政が上級官庁に相談して、補助金をもらいながら、思い描くようなまちづくりを実現しようという時代ではありません。通常のやり方では、素早く整備を進めるのは難しい。そこで、これまでも野々市小学校や小学校給食センターの整備にPFIを取り入れてきました。

 交付金の活用という面もあります。例えば、図書館を新しく整備して欲しいという市民からの要望はずっとありました。しかし、図書館を建てるための交付金や補助金はなく、自主財源で整備せざるを得ないため、財政上の理由から手を付けることができませんでした。今回、拠点整備の事業として進めることで、社会資本整備総合交付金が活用できます。

――中央地区の整備で、市長として特にこだわった部分はありますか。

 「市(いち)」にこだわっています。「市」というのは、物や人が集まり、賑わいの生まれる場所です。そういう賑わいを象徴する地区として整備していきたい。北国街道沿いでは2011年から、「北国街道野々市の市」という地域活性化イベントを市民協働の取り組みとして続けています。ハードの整備以前から、こうしたソフトの仕掛けが動き出しています。

 野々市は2011年11月に町から市になりました。町から市になったという“証(あかし)”を、中央地区に賑わいを取り戻すことによって立てられればと考えています。

まだ元気なうちにやるべきことをやっておく

――中央地区の整備に先立ち、まちづくりのベースとして、土地区画整理事業をずっと積極的に進めてきました。これは、これまで増え続けてきた人口の受け皿づくりとしても重要な役割を果たしてきたように思います。

(写真:山岸政仁)
[画像のクリックで拡大表示]

 土地区画整理事業は、これまで29地区と非常に多くの地区で取り組んできました。振り返ってみると、土地区画整理事業ばかりやってきたように感じます(笑)。金沢市の隣接市ですから、市内に住宅を求めるニーズはやはり強い。そうした中で、土地区画整理事業を通してまず基盤整備を進めてきました。来年度にはまた新しく、西部中央地区と中林地区という2つの地区で土地区画整理事業が動き出す見通しです。

――この2地区はどのような位置付けのエリアにしていくお考えですか。

 西部中央地区は野々市中央公園に隣接する地区です。公園の拡張が計画されていることもあって、健康や環境に配慮したまちづくりが想定されています。一方、中林地区は、石川県立大学のキャンパスに近い。そうした立地条件から、大学と連携したまちづくり、例えば知的産業などの誘致も視野に入れたまちづくりが想定されています。これら2地区で事業が完了すれば、まちなかの基盤整備をおおむね終えることができます。

 野々市でも人口は将来、ピークに達し、以降は減少に転じるはずです。したがって、社会資本の整備には今のうちに一定の目途を付けておかなければなりません。人口が減少に転じてからでは、そこに力を振り向けられないからです。まだ元気なうちにやるべきことをやっておく。それが重要です。中央地区の拠点整備も、新しく2地区で施行される見通しの土地区画整理事業も、そうした将来を見据えた取り組みなのです。

まちづくりで問われるのは「思いの強さ」

――まちづくりのソフト面については、2012年4月に策定した第一次総合計画で「市民協働のまちづくり」を掲げています。

石川県野々市市は、石川県中部に位置し、金沢市、白山市と隣接する。人口5万1643人、世帯数2万2705(いずれも2015年12月末時点)。面積13.56km2は県内の市で一番小さい。2015年には大型量販店「コストコ」が北陸初進出したことでも話題になった
[画像のクリックで拡大表示]
コミュニティカフェを特集した市の広報誌(資料:野々市市)
[画像のクリックで拡大表示]

 野々市はよく、金沢のベッドタウンと言われます。しかし、この言葉は「家に寝に帰るだけ」というイメージで好きではありません。よい街をつくるために市民の参加意識をもっと高めていきたいと思っています。

 行政は市民が活躍できる舞台づくりをします。しかし、舞台をつくっても演じる人がいなければ何も始まりません。行政はどちらかというと公平性などの観点から規制をかけるという一面もあります。それはそれとして必要ですが、その枠を飛び越える元気さを主導できるのが民の力です。

 こうした民の力を引き出すために、町内会・市民団体や学生グループからまちづくりの事業提案を募って、審査を通過した事業に最大20万円を助成する「提案型協働事業」も実施しています。

 また、町内会で運営する「コミュニティカフェ」も、市内10カ所ほどの地区で運営されています。

 うれしいことに、地域の実情に合わせて、必要なことをみんなで協力してやっていくという姿勢が定着し始めています。実際、「コミュニティカフェ」ではコーヒーを提供するだけでなく、独居の高齢者に食事も提供するなど、それぞれが独自に設定した地域の重点課題にも取り組んでいます。これは、自慢できます。

 ただ、私がいつも言っているのは、「無理はしないでほしい」ということです。必要以上にがんばると続かない。コミュニティカフェも、毎日開いているわけではありません。でもそれでいいんです。

――こうした「舞台づくり」の場面では、民間企業に何を求めますか。

 一つは、例えば公共施設を整備しようとするとき、「なぜ、その施設をつくるのか」という思いを市民と共有していただきたい。もう一つ、民間企業としてそれまでの経験を通じて築いてきた信念とも言えるこだわりが感じられることも求められます。そうした思いやこだわりをしっかり持っている相手とは、安心して連携を図れます。

 まちづくりで目指す方向性は、どこもそう変わりません。違いがあるとすれば、まちづくりに取り組む行政や市民、そして民間企業、それぞれの思いの強さです。どれだけ強い思いを持ってまちづくりに臨むのか、そこが問われると思います。

粟 貴章(あわ・たかあき)氏
野々市市長
1960年、石川県野々市町(現・野々市市)生まれ。日本大学法学部卒。石川県議会議員などを経て、2007年6月に野々市町長就任。町長2期目の2011年11月に野々市市に移行し、初代市長に就任。現在、町長時代から通算3期目。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/15/433746/020800017/