パブリックゾーンとムーミンゾーンのゾーニングイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
パブリックゾーンのイメージパース
[画像のクリックで拡大表示]
ムーミンゾーンのイメージパース
[画像のクリックで拡大表示]

 フィンテック グローバル(本社:港区)は、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに、フィンランドの作家、トーベ・ヤンソンによる小説や絵本の作品で日本でも人気が高い「ムーミン」の世界を体験できる施設を開設する。「ムーミン」をテーマにした施設がフィンランド以外の国に進出するのは世界初。2017年にオープン予定だ。施設の開設にあたり、同社と飯能市は6月30日、同施設のほか、市の観光振興などの面でも協力していくことを定めた「地方創生に関する基本協定」を締結した。

 建設予定地は西武鉄道が所有する宮沢湖(飯能市宮沢)周辺にある約18万7000m2の土地で、東京ドーム約4個分に当たる。フィンテック グローバルは6月30日、この土地を6億円で取得する契約を締結した。建設する施設は、都市型のテーマパークとは異なり、広さと自然を生かした「『ムーミン』の世界を体験できる施設」とする。具体的には、宮沢湖をはさんで、無料で利用できる公園として整備するパブリックゾーンと、「ムーミン」の世界を楽しむことができる施設やショップ、レストランからなるムーミンゾーンの2つのゾーンを設定する予定だ。施設名称はフィンランド語で森をあらわす「メッツァ」とする。

 フィンテック グローバルでは、用地選定に際してはいくつかの自治体から誘致活動を受けたが、宮沢湖や湖畔の自然環境がムーミン谷の世界を体現するのにふさわしいと判断、同地への開設を決めたという。飯能市とは誘致活動の過程で、観光振興などの地域活性化についても意見を交わし、地域課題の解決を図るために「地方創生に関する基本協定」を締結することとなった。内容は、「ムーミン」施設の開設に加え、飯能市の観光振興と地方創生に関する事柄について連携、協力していくというものだ。今後も引き続き、施設周辺の開発など様々なプロジェクトを検討していく考えだ。

 また、今回の土地の取得先である西武鉄道からも、沿線の観光振興の観点からこのプロジェクトへの賛同を得ており、今後も、西武沿線内外からの誘客や交通アクセスの向上などの面で協力を得ていく。さらに同社が周辺に所有する用地についても、フィンテック グローバルが取得、または賃借していく予定だ。

 なお、フィンテック グローバルは投資銀行業務を手掛ける企業で、主に中堅、成長企業を財務、経営面で支援している。今回のプロジェクトも投資案件の一環で、既に2013年11月に、「ムーミン」施設の事業を日本で推進するため、株式会社ムーミン物語をフィンランドの企業と折半出資で設立。同社は日本における「ムーミン」を主題とした施設に関する独占的なライセンスも取得している。