総務省は、9月30日、「公共施設オープン・リノベーション マッチングコンペティション」の採択8団体と作品を発表した(下表)。採択8作品は総務省の実証調査事業という位置付けで、同省が提案自治体と委託契約を結び事業化を進めていく。

 同コンペは、総務省が運営するウェブサイト「公共施設再生ナビ」に自治体が登録した公共施設を対象に、リノベーションの提案を民間から募集したもの(関連記事)。最終的に11作品の応募があった。採択作品の提案内容など詳細は、近く「公共施設再生ナビ」で公表される。

公共施設オープン・リノベーション マッチングコンペティション 採択団体一覧
提案団体提案事業者施設名施設分類作品名採択額(千円)
秋田県横手市See Vision増田庁舎庁舎ますだちょうしゃ図書館(仮)34600
茨城県境町WakanaDesign一級建築士事務所境町文化村社会教育施設スポーツを核とした人と地域を育むコミュニティスペース25000
千葉県市原市Creative Lab SPICA旧月出小学校学校月出創生計画「月出工舎」32399
千葉県鋸南町首都圏大学研究室鋸南プロジェクト鋸南町老人福祉センター 笑楽の湯社会福祉施設湯上がりの長縁-鋸南町グリーンツーリズムにおける新たな観光交流拠点計画22200
東京都葛飾区R.project旧柴又職員寮職員寮柴又BASE13787
富山市博報堂富山国際会議場会議場(ホール)COMPACT DELI TOYAMA25000
神戸市ナビバード/GREENBLUEデザインクリエイティブセンター神戸(KIITO)会議場(ホール)DEPART COCOON25000
愛媛県西予市齊藤正 轂工房宇和米博物館博物館LOCA21196
計:199182千円  (資料:総務省)

[画像のクリックで拡大表示]
採択作品より「ますだちょうしゃ図書館(仮)」(秋田県横手市)。市の分庁舎(旧増田町役場)の1階を図書館、カフェ、フリースペースなどを設置。世代を超えた地域コミュニティ拠点を目指す(資料:総務省)
[画像のクリックで拡大表示]
採択作品より「湯上がりの長縁」(千葉県鋸南町)。温泉を備えた地域の老人福祉施設を湯上がりに人が集う空間にリノベーション。2015年12月にオープン予定の道の駅からのバス送迎など一体的な観光開発を目指す(資料:総務省

 総務省は同コンペについて、クリエーティブなアイデアとそれを求める自治体との「縁結び」事業と位置付けている。若手クリエーターの登竜門としても期待する。また、内閣府「経済財政諮問会議」において積極推進すべきと指摘があった「自治体インフラの民間開放」を行い、新たなビジネス拠点を生み出すことを目指している。

 「公共施設オープン・リノベーション マッチングコンペティション」は、2016年度も開催予定だ。総務省は16年度予算の概算要求で、「自治体インフラ開放による公共サービス産業化プロジェクト(公共施設オープン・リノベーション)」として5億円を要求している。