日本の農業就業人口の減少が続いている。農家の高齢化が進み、若者の就農もまだまだ伸び悩む。そうしたなか、農業の活性化に向けて様々な形で就農を支援する動きが出ている。農業経営・技術の専門学校の開設、“農福連携”やシルバー活用による農業人口の回復を目指す動きなど、多様な取り組みを追う。