山口県萩市の日本海沖に浮かぶ大島(萩大島)。坪内知佳さんは、この島で、漁獲高の低迷で将来に不安を抱く漁師たちとタッグを組んで「萩大島船団丸」を結成、代表として漁業の新しいビジネスモデルづくりに挑戦してきた。獲った魚の付加価値を高めるため、漁師自身が加工・流通販売まで行う6次産業化を実現したその取り組みは、全国から注目を集めている。地元出身者でもなく、漁業の経験もなかった坪内さんが、なぜ萩の漁業を守りたいと立ち上がり、日本の漁業の変革にまで挑んでいるのか。

坪内知佳(つぼうち・ちか)
1986年福井県生まれ。萩大島船団丸代表、株式会社GHIBLI(ギブリ)代表取締役。大学中退後、翻訳事務所を立ち上げ、企業を対象にした翻訳とコンサルティング業務に従事。結婚を機に山口県萩市に移住し、2011年に3船団からなる合同任意会社「萩大島船団丸」の代表に就任。魚の販売先を開拓する営業、商品管理と配送業務をまとめあげ、萩大島から6次産業化事業を牽引している。2014年に株式会社GHIBLIを設立。同年「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」キャリアクリエイト部門を受賞。萩大島のビジネスモデルを全国に水平展開することを目指す。1児の母。著書に『荒くれ漁師をたばねる力』(朝日新聞出版)。(写真:大槻純一)
[画像のクリックで拡大表示]

漁師たちとの出会いから漁業の未来を拓くことを決意

――なぜ、漁業の経験のない坪内さんがこの仕事に携わることになったのでしょう。

坪内代表(以下、坪内) 私は福井県出身なんですが、名古屋の大学を中退して、萩に住んでいた人と結婚することになり、この地に来ました。息子を出産した後、しばらくして離婚。英語が得意だったので、翻訳や企画の仕事で暮らしを立てようと奮闘していたとき、のちに萩大島船団丸の船団長となる長岡秀洋と出会ったんです。

 長岡たちから「海で魚が獲れなくなってきている、このままじゃ先が見えないから、何かやろうと思っているけど、どうしていいかわからない。パソコンとかモノを考えるのが得意そうだから、手伝ってよ」と言われたのがきっかけです。

 漁師は気性が荒いと思われがちですけど、彼らには純粋で無垢なエネルギーがありました。本気で島の漁業を変えようという気持ちが伝わってきて、私はお金も知識もなかったけど、一緒にやってみようと思ったわけです。24歳のときでした。

萩大島船団丸の団長の長岡秀洋さんと。長岡さんから手伝ってほしいと声をかけられたことが、坪内さんのキャリアの転機となった(写真提供:坪内知佳)

――萩大島とはどんなところですか。

坪内 萩市の沖に浮かぶ島で、面積は約3km2、人口は700人くらい。漁業を中心に人々が助け合いながら暮らしてきた静かな島です。信号機もないし、コンビニもないし、交番もない。どこか郷愁を呼び起こすような、懐かしい感じがするところです。私は50年先、100年先もこの島が変わらず存在して、この島で生まれてきたというプライドを大事にできる場所であってほしい、そうしなければと思ったんです。

――萩大島船団丸のビジネスが始まるまで、漁業はどんなふうに行われていたんですか。

坪内 萩大島の漁業の中心は、魚を大量に捕獲する巻き網漁です。1年のうち3カ月間の禁漁期間があるので、漁ができるのは9カ月間だけ。波が荒い日、風が強い日など海に出られない日もあるから、平均すると週に1~2回、年間70~80日しか漁ができない。魚がたくさん獲れていた時代は、それでも十分暮らしていけたんですが、今はとにかく魚が獲れない。山口県の漁業生産量はピーク時で25万トンもあったのに、30年で3万トンにまで減っています。漁に出る回数が限られている上、1回の漁獲量が減っているので収入が安定しない。漁師は副業を行わなければならなくなり、結果的に本業である漁業から離れざるを得なくなる人も増えていました。

 資源の減少は萩だけではなく、世界的な現象です。造船や漁法などのテクノロジーが進んだこともあって、天然資源を獲り過ぎていることなどが原因です。養殖技術の進化などで海の環境破壊も進んでいる。日本の場合は法整備も遅れていて、海が魚だらけでいくらでも穫れる時代に決めた法律がいまだに使われている。地球温暖化や地形や海流の変化で魚が泳ぐ場所が変わっているのに、対応しきれていない。我々の漁獲するサバを例にとって言えば、からっぽの海で釣りをしているようなものです。