高齢者が支え合い、社会とつながる仕組みのある「まちづくり」

1949年新潟県生まれ。北里大学衛生学部卒業。臨床検査技師として元国立東京第二病院に勤務する。母親の介護をきっかけに、1990年任意団体「生活科学研究所」(現・株式会社コミュニティネット)に入社。1999年一般社団法人コミュニティネットワーク協会(袖井孝子会長)を設立。現在、副会長に就任。これまで「友だち村」や「ゆいま~る」シリーズなど数々の高齢者住宅を現在、プロデュースしている。2018年那須まちづくり株式会社代表就任。著書に『こんにちは‟ともだち家族“』(風土社)、『自分で選ぶ老後の住まい方・暮らし方』『どこで、誰と、どう暮らす?』(ともに共著:彩流社)など。(写真:大槻純一)