伊勢志摩国立公園でもある三重県鳥羽市は、海の恵みを生かしながら栄えてきた漁業と観光のまちである。江崎貴久さんは家業の旅館の再建に力を注ぐ中、「鳥羽ならではの魅力を伝えたい」との思いから、観光客に釣りや磯体験を楽しんでもらうエコツアーをスタート。伊勢志摩の自然、グルメ、地元の人々との交流が満喫できるさまざまな企画を実施している。自然環境や歴史文化といった地域資源の魅力を活用しながら、環境保全と地域振興を実現するエコツーリズムを行うことで、新しい観光のかたちをつくっている。

江崎貴久(えざき・きく)
1974年三重県鳥羽市生まれ。京都外国語大学卒業後、エトワール海渡入社。1997年実家の老舗旅館「海月(かいげつ)」を再建するために帰郷し、5代目女将となる。2000年同級生4人で有限会社オズを設立し、「海島遊民(かいとうゆうみん)くらぶ」としてエコツアーの企画・運営をスタート。10年より鳥羽市エコツーリズム推進協議会会長、18年より伊勢志摩国立公園エコツーリズム協議会会長。環境省中央環境審議会自然公園部会、国立公園満喫プロジェクトなどの行政委員も務める。17年総務大臣表彰受賞。三重大学大学院生物資源学研究科在籍。(写真:大槻純一)
[画像のクリックで拡大表示]

老舗旅館の再建をきっかけに鳥羽の魅力を伝える観光に着手

――「海島遊民くらぶ」が企画するエコツアーは観光客の人気が高く、2009年に環境省の「エコツーリズム大賞」も受賞しています。どんなツアーを行っているのですか。

江崎 伊勢志摩は美しい海、伊勢海老やアワビをはじめとする豊富な海の幸、4つの有人離島と多くの無人島など、自然豊かな地域です。漁師や海女さんが多く、自然の恵みを大切にしながら暮らしてきた歴史があります。「海島遊民くらぶ」では、こうしたさまざまな魅力を楽しめる体験型のエコツアーを行っています。

 例えば、鳥羽湾の無人島に行ってシュノーケリングをしたり、漁師さんと釣りをしたりする「無人島たんけんツアー」、カヤックで無人島に向かう「無人島カヤックツアー」があります。最近、特に人気が高いのは、「鳥羽の台所 つまみ食いウォーキング」。これは鳥羽市内の寿司店や海産物店などを巡って、おいしいものをつまみ食いしながら、店や町の人々と交流するツアーです。海女小屋で海女さんとお話しながら魚介を食べる「海女の国スピリチュアルツアー」、森と海で生物を見学する「ほたる&海ほたる鑑賞とワインを楽しむツアー」も大好評です。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
海島遊民くらぶの人気のエコツアー。(上)(中)無人島カヤックツアーや無人島たんけんツアー。(下)鳥羽の台所 つまみ食いウォーキング(写真提供/海島遊民くらぶ)