第11回 静岡県熱海市──財政危機宣言から驚異のV字回復

JR熱海駅から徒歩15分の中心市街地にある200mほどの老舗商店街「熱海銀座」。2011年には30店舗のうち10店舗が空いていた“シャッター商店街”だったが、市来氏らのリノベーションまちづくりの取り組みにより、空きは2店舗(2019年3月22日現在)を残すのみにまで再生した(写真:佐保 圭)